国内発売決定のZenFone 5を早速レビュー! 写真がキレイすぎる

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年05月15日 14時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今度のZenFoneは3モデル!
カメラ機能はAIで大幅強化!

 MWC 2018で発表されたASUS「ZenFone 5」シリーズ。原点回帰というコンセプトで、あえてASUSの初期スマホ「ZenFone 5」と同じ名前を冠している。

 そんなZenFone 5がいよいよ日本に上陸する。販売モデルは3機種。スタンダードな「ZenFone 5」、ハイエンドの「ZenFone 5Z」、ミドルハイの「ZenFone 5Q」だ。ZenFone 5/5Zの違いはSoCや内蔵ストレージ。ZenFone 5ZがSnapdragon 845、内蔵ストレージ128GBに対して、ZenFone 5はSnapdragon 636に内蔵ストレージは64GBだ。発売日は無印ZenFone 5とZenFone 5Qが5月18日。ZenFone 5Zが6月下旬以降を予定している。

 そのほか、マイクが3つか否か、キャリアアグリゲーションが3CAか否か、そして消費電力の違いだ。

 ハイスペックとカメラ性能にこだわり続けたZenFoneシリーズだが、今回から2眼カメラを採用し、アスペクト比19:9の6.2型Super IPS+液晶、そしてディスプレー上部のノッチと、スマホの最新トレンドがすべて入っている。また、3キャリアのVoLTEに対応したDSDV対応機としては日本初という特徴もある。

全体的なデザインは従来のZenFoneを踏襲しているが、ディスプレーのノッチは衝撃的だ

 今回はZenFone 5をいち早く借用できたので、元ZenFone 2ユーザーとしてレビューしたい。まずはパッケージと本体から紹介しよう。

これがパッケージ。「We Love Photo」のキャッチフレーズは継承
フタを空けるとスマホ以外にアクセサリー類が
これがすべての付属品。イヤホン、クリアケース、充電器、USBケーブルと、シンプルな構成
最初からソフトのクリアケースがついているので、使う前にケース難民になることはなく、安心だ
カラバリはスペースシルバー(左)とシャイニーブラック(右)の2種類
上部には何も端子はなく、下部にはUSB Type-Cとイヤホンジャックがある。イヤホンジャックの有無は賛否両論だ
両サイドはとてもシンプル。ラウンドしているので、握りやすい
気になるノッチ部分だが、のちのアップデートで隠せる設定が追加されるとか

3Dゲームは厳しいが
基本的にはオールラウンダー

 まずはベンチマークを計測してみた。SoCはミドルハイのSnapdragon 636なので、3Dグラフィックをグリグリ使うゲームは正直厳しい。だが、2Dのゲームは普通に遊べるし(ソシャゲ系)、クルマゲームも不満は出ないレベル。SNSや動画鑑賞も快適だ。

一時的にクロックを上げるAIブースト機能をオフにした測った結果「125231」だった
AIブーストを効かせた状態だと「138031」。1万以上の差になった

AIによるシーン判別が可能になった
デュアルカメラ

 ZenFone 5になってカメラのレンズは2つになり、さらにAIによるシーン判別でより効果的な撮影が可能になった。このあたりも、スマホの最新トレンドを取り入れている。AIが認識する撮影モードは16種類。犬や猫はもちろん、草や花、夜間やステージなどを分析してくれる。

 カメラのスペックはリアが1200万画素(F1.8)+800万画素(120度広角)、フロントが800万画素という構成。いろいろと作例を撮影してきたので、参考にしてほしい(すべてオートで撮影)。

 作例はリサイズせずに掲載しているので1枚あたり3~7MBほどのサイズになっている。データ通信量に注意してほしい。

地面をいれつつ空を撮影したのだが、AIは「スカイ」と判別したようだ。空の青がとにかくキレイ
夕暮れには早いけど、昼間でもない時間帯だったが「サンセット」になった
当然ながら「フィールド」という判定。ちなみに、右の写真は広角モードで撮影したもの。やや色味が変わっている
「グリーン」の判定。緑がパッキリと出ていてキモチイイ。
こちらは「フラワー」。手前がボケており、中心にピンがきている
カフェラテは「フード」で。ややピンが迷子になった感がある
みんな大好き焼き牛丼はもちろん「フード」。油のギトギト感がすごい
AIはクルマをどう判定するのかと思ったら、「スカイ」だった。空が映っているから当然か。なお、「クルマ」というシーンはないので、アップデートで実装してほしい!
フィギュアはどうなるのかと思ったのだが、とくにシーン分析はされず。デフォルメフィギュアだからかもしれない。ただ、フィギュアのディテールはハッキリと映っている。ゆいちゃん……
ビューティーレベル全開(10)にしてみた。白すぎてゾンビみたいになってしまった……
オッサンの自撮りでは参考にならないかもしれないので、グラドルの夏本あさみ(@natsumotoasami)さんに試し撮りをしてもらった
同じスマホ、同じ設定で撮影してこの差! こんなに美しく映るとはさすがグラドル。ちなみに「美人スマホ」の連載に登場するのでお楽しみに!

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ