au、Always Connected PCにいち早く対応 プリペイドプランを用意

文●二子/ASCII編集部

2018年06月05日 16時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、eSIMを搭載するWindows 10 PCにおいて、プリペイド式のデータプラン「LTEデータプリペイド」が対応したことを発表した。これはWindows 10 April 2018 Updateにおける新サービス「モバイル通信プラン」に対応したことにより、SIMを発行することなく、OS上から契約が可能になったというもの。

Surface Pro LTE Advanced

 実際に利用できる端末としては、マイクロソフトの「Surface Pro LTE Advanced」のほか、今日5日に発表された「HP ENVY 12 x2」などのAlways Connected PC。

 「LTEデータプリペイド」の料金は、契約事務手数料や月額基本使用量は不要で、チャージ料金は1GBあたり税抜1500円。また、auスマートフォンなどの利用者については「データシェア」も利用可能。これはauのスマートフォン1台と、最大5台までのLTE対応のタブレットやPCなどと通信量をシェアできるというものだ(PCやタブレットのみ最大5台まででも可)。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク