au、Always Connected PCにいち早く対応 プリペイドプランを用意

文●二子/ASCII編集部

2018年06月05日 16時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、eSIMを搭載するWindows 10 PCにおいて、プリペイド式のデータプラン「LTEデータプリペイド」が対応したことを発表した。これはWindows 10 April 2018 Updateにおける新サービス「モバイル通信プラン」に対応したことにより、SIMを発行することなく、OS上から契約が可能になったというもの。

Surface Pro LTE Advanced

 実際に利用できる端末としては、マイクロソフトの「Surface Pro LTE Advanced」のほか、今日5日に発表された「HP ENVY 12 x2」などのAlways Connected PC。

 「LTEデータプリペイド」の料金は、契約事務手数料や月額基本使用量は不要で、チャージ料金は1GBあたり税抜1500円。また、auスマートフォンなどの利用者については「データシェア」も利用可能。これはauのスマートフォン1台と、最大5台までのLTE対応のタブレットやPCなどと通信量をシェアできるというものだ(PCやタブレットのみ最大5台まででも可)。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ