ファーウェイ、ASUSに、シャープのおサイフ対応機も! 人気SIMフリースマホ全紹介【3~4万円台編】

文●ドロイドさん(アスキースマホ総研

2018年06月16日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2眼カメラやノッチ付きと最新トレンドを採用した製品から
おサイフケータイ搭載機まで特長はそれぞれ

AQUOS sense plus

 5~10万円と高価ではあるが、文句なしの性能を備えたSIMフリースマホを紹介した【ハイエンド編】に続いて掲載するのは【3~4万円台編】だ。

 スペックだけなら、ハイエンド機との差はハッキリしているものの、デュアルカメラやノッチ付き液晶といったハイエンド機と同じ最新トレンドを採用した機種も多く、3Dを活用するゲーム以外での普段の使い勝手では大きな差はない。それでいて価格は半額程度となると、お買い得度は高いという製品が多い。

 また、シャープやHTCのようにキャリアスマホの開発が長いメーカーでは、防水・防塵やおサイフケータイに対応した端末を提供している例もある。つまり製品の特長がバラエティー豊かなのだ。

3万円台前半の価格ながら、ノッチ付きの縦長液晶を搭載した「HUAWEI P20 lite」

 そんな3~4万円台の人気モデルについて、スペックや機能をまとめて紹介していく。

人気SIMフリースマホ
【最新トレンドの採用やFeliCa対応スマホも 3~4万円台編】

●シャープ「AQUOS sense plus
●ファーウェイ「HUAWEI P20 lite
●ASUS「ZenFone 5Q
●モトローラ「moto g6 plus
●ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 lite
●ASUS「ZenFone Max Plus(M1)
●ASUYS「ZenFone 4 Selfie Pro
●HTC「HTC U11 life
●モトローラ「Moto G5S Plus

  AQUOS sense plus HUAWEI P20 lite ZenFone 5Q
メーカー シャープ ファーウェイ ASUS
価格 約4万円 約3万2000円 約4万1000円
ディスプレー 5.5型液晶
(18:9)
5.84型液晶
(19:9)
6型液晶
(18:9)
画面解像度 1080×2160ドット 1080×2280ドット 1080×2160ドット
サイズ 71×151
×8.9mm
71.2×148.6
×7.4mm
76×160.5
×7.7mm
重量 157g 145g 168g
CPU Snapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz
(オクタコア)
HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz
(オクタコア)
Snapdragon 630
2.2GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB 4GB 4GB
内蔵ストレージ 32GB 32GB 64GB
外部メモリー microSDXC
(最大400GB)
microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大2TB)
OS Android 8.0 Android 8.0 Android 7.1
LTE対応バンド 1/2/3/4/5/8
/19/26/28/41
1/3/5/7/8/18
/19/26/28/41
1/2/3/5/7/8
/18/19/28/38/39/41
(うちドコモ) 1/3/19 1/3/19 1/3/19
3G対応バンド 1/2/4/5/6/8/19 1/2/5/6/8/19 1/2/3/5/6/8/19
DSDS 4G+3G × ×
CA対応 ○(2CC)
VoLTE ○(au) ○(ドコモ、au、Y!mobile)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:16.4メガ
/イン:8メガ
リア:16メガ
+2メガ(距離測定)
/イン:16メガ
リア:16メガ(標準)
+8メガ(広角)
/イン:20メガ(標準)
+8メガ(広角)
バッテリー容量 3100mAh 3000mAh 3300mAh
防水/防塵 ○/○ ×/× ×/×
指紋センサー
SIM形状 nanoSIM nanoSIM×2 nanoSIM×2
USB端子 Type-C Type-C microUSB
カラバリ ホワイト、ベージュ、ブラック クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック ミッドナイトブラック、ルージュレッド、ムーンライトホワイト
発売時期 2018年6月 2018年6月 2018年5月
  moto g6 plus HUAWEI Mate 10 lite ZenFone Max Plus(M1)
メーカー Motorola Mobility ファーウェイ ASUS
価格 4万1904円 約3万8000円 約3万2000円
ディスプレー 5.93型液晶
(18:9)
5.9型液晶
(18:9)
5.7型液晶
(18:9)
画面解像度 1080×2160ドット 1080×2160ドット 1080×2160ドット
サイズ 75.5×159.9
×8.1mm
75.2×156.2
×7.5mm
73×152.6
×8.8mm
重量 165g 164g 160g
CPU Snapdragon 630
2.2GHz
(オクタコア)
HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz
(オクタコア)
MediaTeK MT6750T
1.5GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB 4GB 4GB
内蔵ストレージ 64GB 64GB 32GB
外部メモリー microSDXC
(最大128GB)
microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大256GB)
OS Android 8.0 Android 7.0
→8.0(予定)
Android 7.0
LTE対応バンド 1/2/3/5/7/8
/18/19/26/28
/38/40/41
1/3/5/7/8/19
/28/38/40/41
1/3/5/7/8/18
/19/26/28/38/41
(うちドコモ) 1/3/19 1/3/19 1/3/19
3G対応バンド 1/2/5/6/8/19 1/5/6/8/19 1/5/6/8/19
DSDS 4G+3G ×
CA対応   × ○(2CC)
VoLTE ○(ドコモ、au、Y!mobile) × ○(Y!mobile)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:12メガ(RGB)
+5メガ(モノクロ)
/イン:16メガ
リア:16メガ
+2メガ(距離測定)
/イン:13メガ
+2メガ(距離測定)
リア:16メガ(標準)
+8メガ(広角)
/イン:8メガ
バッテリー容量 3200mAh 3340mAh 4130mAh
防水/防塵 ×(撥水)/× ×/× ×/×
指紋センサー
SIM形状 nanoSIM×2 nanoSIM×2 nanoSIM×2
USB端子 Type-C microUSB microUSB
カラバリ ディープインディゴ オーロラブルー、グラファイトブラック ディープシーブラック、サンライトゴールド、アズールシルバー
発売時期 2018年6月 2017年12月 2018年2月
  ZenFone 4 Selfie Pro HTC U11 life Moto G5S Plus
メーカー ASUS HTC Motorola Mobility
価格 約3万5000円 4万4984円 約3万2000円
ディスプレー 5.5型有機EL 5.2型液晶 5.5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット 1080×1920ドット 1080×1920ドット
サイズ 74.8×154
×6.85mm
73×149
×8.1mm
76.2×153.5
×8.04mm
重量 147g 142g 170g
CPU Snapdragon 625
2GHz
(オクタコア)
Snapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz
(オクタコア)
Snapdragon 625
2GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB 4GB 4GB
内蔵ストレージ 64GB 64GB 32GB
外部メモリー microSDXC
(最大2TB)
microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大128GB)
OS Android 7.1 Android 8.0 Android 7.1
→8.0(予定)
LTE対応バンド 1/3/5/7/8/18
/19/26/28/38/41
1/3/8/11/19/41 1/3/5/7/8/18
/19/20/26/28
/38/40/41
(うちドコモ) 1/3/19 1/3/19 1/3/19
3G対応バンド 1/2/5/6/8/19 1/6/8/19 1/2/5/6/8/19
DSDS 4G+3G ×
CA対応 ○(2CC) ○(3CC) ×
VoLTE ○(au、Y!mobile) ○(ドコモ、au、Y!mobile)
無線LAN IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:16メガ
/イン:12メガ(標準)
+5メガ(広角)
リア:16メガ
/イン:16メガ
リア:13メガ(RGB)
+13メガ(モノクロ)
/イン:8メガ
バッテリー容量 3000mAh 2600mAh 3000mAh
防水/防塵 ×/× ○/○ ×(撥水)/×
指紋センサー
SIM形状 nanoSIM×2 nanoSIM nanoSIM×2
USB端子 microUSB Type-C microUSB
カラバリ ネイビーブラック、クラシックレッド、サンライトゴールド ブリリアント ブラック、サファイア ブルー、アイス ホワイト ルナグレー、ブラッシュゴールド、ニンバスブルー
発売時期 2017年9月 2018年3月 2017年10月

SIMフリーにお手頃かつ、防水&FeliCa入りで挑むシャープ
この夏の注目モデル「AQUOS sense plus」

 昨秋発売の「AQUOS sense lite」のリリース以来、SIMフリースマホにも積極的な姿勢を見せるシャープの新モデル。

「AQUOS sense plus」でも、防水やおサイフケータイに継続して対応する

 そのAQUOS sense lite(次回紹介予定)は、実売3万円弱の価格ながら、フルHD解像度の5型IGZO液晶、3GBメモリーに加え、防水・防塵やおサイフケータイに対応するなど、国内メーカーならではの機能をお手頃に入手できることで注目を集めている。一方でCPUの処理性能面や5GHz帯の無線LANに非対応であるなど、コスト削減ゆえのウィークポイントも見られた。

 AQUOS sense plusは、そんなあとちょっとの部分を確実にスペックアップしてきたモデルとなる。ディスプレーが18:9の縦長5.5型IGZO液晶になったほか(それでも本体サイズはAQUOS sense liteとほぼ同じ)、CPUはSnapdragon 630に、カメラも16.4メガ(イン8メガ)と強化されている。もちろん防水・防塵、おサイフケータイには継続して対応する。キャリアアグリゲーションや国内キャリアのVoLTEも利用可能だ。

AQUOS sense plusのカラバリはホワイト、ベージュ、ブラックの3色

 この内容で約4万円の実売価格となると、海外メーカー製のSIMフリースマホとも真っ向対抗できるレベル。MVNOのセットモデルを中心に確実に人気となるスマホだろう。

価格は少し上がったが、代わりに最新トレンド盛り込み
魅力は大幅アップ! 「HUAWEI P20 lite」

 「P8 lite」「P9 lite」「P10 lite」と国内SIMフリースマホ市場で、常に人気トップクラスだったシリーズ最新モデル。3万円台前半と、従来モデルと比べると価格帯は若干上昇しているものの、ハイエンド機の最新トレンドを盛り込むなど、製品のバリューはさらに大きく上がっている。

コンパクトさを維持しつつ、縦長のディスプレーを採用

 本機に盛り込まれた最新トレンドが、ノッチ付きの縦長ディスプレーと背面のデュアルカメラ。まず、ディスプレーは縦横比19:9の5.84型液晶で、画面解像度は1080×2280ドット。縦長画面はSNSやウェブ閲覧などで確実に強味を発揮するが、同時に狭額縁により、横幅は71.2mmとコンパクト。決して大型端末になっていないのだ(重量が約145gと比較的軽量なのも◎)。

 リアのカメラも上位機のように「Leica」の名称はつかないものの16メガ+2メガのデュアルカメラ。後者は距離測定専用のレンズで、被写体の背景をキレイにボカす「ワイドアパーチャ撮影」において、効果を発揮する。

デュアルカメラを搭載。背面のガラス素材が特徴的

 デザイン面では背面の光の反射が美しく、深い青のクラインブルーは特に印象的で高級感も持っている。なお、キャリアアグリゲーションやau VoLTEには対応するが、DSDSには非対応。その点には注意する必要がある。

アウト/インカメラともにデュアル!
ZenFone 5のオトクなミドルハイモデル「ZenFone 5Q」

 【ハイエンド編】で紹介したZenFone 5/5Zとともに発表されたZenFone 5シリーズの三男。海外では「ZenFone 5 lite」としてリリースされたモデルだが、日本では「ZenFone 5Q」という製品名での登場となった。

ZenFone 5シリーズの3機種の中では最もお手頃価格の「ZenFone 5Q」

 アピールポイントは海外メーカー製のスマホらしく、カメラ。アウト/インカメラともにデュアルだが、特にインカメラに力が入っており、20メガセンサーを搭載。標準レンズ+広角レンズの組み合わせで、グループセルフィーで特に便利な存在となりそうだ。

アウトもインもどちらもデュアルカメラを搭載する

 主なスペックは、18:9の6型液晶(1080×2160)に、Snapdragon 630(2.2GHz、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、3300mAhバッテリー、Android 7.1など。ZenFone 5シリーズから、ドコモ/au/Y!mobileの3キャリアのVoLTEに対応し、DSDSも利用可能。また、nanoSIM×2とmicroSDが同時に使えるトリプルスロット仕様なのも注目点だ。

基本性能が高く、デザインも美しい
「Moto G」シリーズが第6世代に

 ファーウェイやASUSなどとともに、人気SIMフリースマホの一角を占めるモトローラ。ミドルクラスでは「Moto G」シリーズが定番だが、第6世代に進化した最新モデルが今夏発売された。

用意されるのはディープインディゴの1色

 「moto g6 plus」では、ついに縦長画面を採用。5.93型液晶(1080×2160)は18:9の縦横比で、それでいて指紋センサーを画面下部に装備。モトローラ機の指紋センサーは、軽くタッチで「ホーム」、左にスワイプで「戻る」など、メインキー代わりに利用でき、同時にナビゲーションバーを消せる「ワンボタンナビ」機能が便利だが、同機でも利用可能である。

 デザイン面も本機の大きな魅力。背面にはガラス素材を用い、黒のように見えて、その奥に藍色が見えるディープインディゴのカラバリを採用。ミドルクラスとは思えない外観だ。

デュアルカメラを搭載する。ガラス素材の背面が美しい

 主なスペックは、Snapdragon 630(2.2GHz、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、3200mAhバッテリー、Android 8.0などで、カメラは12メガ+5メガのデュアル。DSDSや3キャリアのVoLTEに対応で、前モデルでは一旦廃止されたnanoSIM×2+microSDのトリプルスロット仕様も復活した。

トリプルスロット仕様がうれしい

最新トレンドの18:9縦長画面がミドルハイで
リアもフロントもデュアルカメラの「HUAWEI Mate 10 lite」

 ミドル~ミドルハイクラスで一足早く、縦長ディスプレーを採用した「HUAWEI Mate 10 lite」。発売は昨年末だが、価格も下落して、実売で3万円台に入ってきたほか、Android 8.0へのバージョンアップも予定されている。

縦長ディスプレーやリア/フロントともにデュアルカメラなどの機能を持つ「HUAWEI Mate 10 lite」

 上位モデルの「HUAWEI Mate 10 Pro」ほどではないが、狭額縁の5.9型液晶(1080×2160ドット)の採用で、横幅は5.5型クラスの75.2mm。性能面も十分以上で、カメラはリアもフロントもデュアルカメラ(それぞれ16メガ+2メガ、13メガ+2メガの組み合わせ)。2メガ側はともに被写界深度の情報を収集するためのサブカメラで、正確でかつ美しいボケ味を持つ写真を撮るのに貢献してくれる。

 そのほかの主なスペックは、HUAWEI Kirin 659(2.36GHz+1.7GHz、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、3340mAhバッテリーなど。ネットワーク面ではDSDSやau網には対応していないのは少し残念な点。

背面はメタルの素材を活かした処理

縦長画面に4130mAhバッテリー
ZenFoneのミドルクラス「ZenFone Max Plus(M1)」

 “Max”の製品名からもわかるように、4130mAhという大容量バッテリーが自慢のZenFoneシリーズのミドルクラス機。最近のZenFoneシリーズらしく、アウトカメラがデュアルで、13メガの標準レンズと8メガの広角レンズの組み合わせ。

カラバリは、ディープシーブラック、サンライトゴールド、アズールシルバーの3色

 主なスペックは、MediaTek製「MT6750T」(1.5GHz、オクタコア)、4GBメモリー、32GBストレージ、指紋センサー、Android 7.0など。ミドルハイとは言いにくい性能だが、普段使いには十分だろう。ネットワークでは、DSDSや2波のキャリアアグリゲーションに対応している。

ZenFone 4の中ではセルフィーを重視したモデル
「ZenFone 4 Selfie Pro」

 ZenFone 5シリーズがすでに登場したが、ZenFone 4シリーズの各モデルもスペック面も含めて、まだまだ健在だ。本機は製品名からわかるようにセルフィー部分を重視したモデル。それゆえデュアルカメラになっているのはフロントのカメラ。ソニー製の大型センサーを採用する12メガカメラに加え、広角レンズの5メガの組み合わせで、自撮りでの画質に期待が持てる。

ZenFone 4シリーズの中ではミドルハイクラスに入る自撮り重視モデル「ZenFone 4 Selfie Pro」

 その自撮りではLEDによるソフトライトのフラッシュ、デュアルカメラを活かしたポートレートモード、4K自撮り動画に加え、美顔処理をしながら動画配信が可能な「美人エフェクトLive」を搭載するなど抜かりがない。

 そのほかのスペックも、ディスプレーにフルHD解像度の5.5型有機ELを採用するほか、Snapdragon 625 2GHz(オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、16メガアウトカメラ、指紋センサー、3000mAhバッテリーなど満足が行くものだ。実売価格はやや下がってきており、約3万5000円程度。

インカメラがデュアルになっている

楽天モバイル専売の防水&おサイフ対応モデル
「HTC U11 life」

 SIMフリースマホとしてハイエンド機「HTC U11」を販売しているHTCだが、ミドルハイの「HTC U11 life」はSIMフリーながら、楽天モバイルの専売モデル。価格は税抜3万9800円となかなか安価なのにも関わらず、防水・防塵、おサイフケータイ、さらに3波のキャリアアグリゲーション対応など、キャリアスマホ的な機能が充実している。なお、楽天モバイルは長期契約による割引やセールなども頻繁に展開しており、それらを利用して、よりオトクに入手したい。

HTC U11 life。カラバリはブリリアント ブラック、サファイア ブルー、アイス ホワイトの3色

 HTC U11 lifeの基本仕様は、Y!mobileで販売されている「Android One X2」とほぼ同様で、UIがHTC独自の「HTC Sense」が採用されたものと考えていいだろう。

 主なスペックは、フルHD解像度の5.2型液晶、Snapdragon 630(2.2GHz+1.8GHz、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、2600mAhバッテリー、Android 8.0など。カメラは16メガで、インカメラも16メガ。本体の側面を握って、機能を起動したり、シャッターを切ったりする「エッジ・センス」にも対応している。

次世代機が登場も価格が下がってきて魅力的
モトローラ「Moto G5S Plus」

 素のAndroidに近いシンプルさとバッテリーの持ちなど、素性の良さが光るモトローラの「Moto G」シリーズ。今年6月に第6世代が登場して前世代となったが、価格も下がって、まだまだ魅力的なのが「Moto G5S Plus」だ。

カラバリはルナグレー、ブラッシュゴールド、ニンバスブルーの3色。写真のニンバスブルーは案外他社には見かけない爽やかな青で好印象だ

 そのMoto G5S Plusは、ディスプレーが5.5型で、背面にデュアルカメラを搭載するモデル。そのデュアルカメラは13メガ×2でモノクロセンサー+RGBセンサーの組み合わせ。指紋センサー上でのフリックによる端末操作や端末を持って2回捻るだけでカメラを起動するなどのジェスチャー操作は、モトローラ端末共通の便利な機能だ。

メタル筐体らしい質感を活かしたデザインを採用。リアのカメラはデュアルになっている

 基本スペックはSnapdragon 625(2GHz、オクタコア)、4GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、Android 7.0など。Android 8.0へのアップデートも予告されている。

 次回の3回目は、ミドルクラスの中でもより安価な2万円台の端末を中心に紹介。性能面ではハイエンドクラスや今回紹介した製品と比べると見劣りするが、多くを求めなければ、普段使いで大きな差は生じない。そしてなにより、競争が激しい価格帯だけに、各社力が入ったモデルがたくさん見られるのも特徴だ。次回の記事もお楽しみに!


mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク