iPhone XS Maxを早速ベンチマーク GPUの大幅性能アップを確認

文●ASCII編集部

2018年09月19日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 21日発売予定のiPhone XS/iPhone XS Max。7nmプロセスで製造されるCPU「A12 Bionic」による、非常に高い性能も大きな売りだ。

アップルのサイト上でも「A12 Bionic」の性能をアピールするページが用意されている

7nmプロセスのCPU搭載はスマートフォンで1番手

 A12 Bionicにおける最大の進化点はニューラルエンジンと機械学習の組み合わせによる画像処理などで、ユーザーによる計測は困難ではあるのだが、ベース部分の性能がどのくらい向上しているか、早速ベンチマークアプリでテストした。

A11からはニューラルエンジンの部分が特に強化されている

 テストは3回行ない、最高値を記録。ちなみに比較に用いているのは「iPhone X」(A11 Bionic)と「iPhone 7 Plus」(A10 Fusion)の2機種。ともにiOS 12にアップデートしてテストしたが、iOS 11でのテスト値とは誤差の範囲内だった。

 まずはGeekBench 4から。CPUの数字はシングルでは向上しているが、マルチでは差は小さくなっている。それに対して、大きく数字を伸ばしたのが、GPUを測定する「Compute」。iPhone 7 PlusとiPhone X以上の差となっている。

Geekbench 4
  CPU Single CPU Multi Compute
iPhone XS Max 4796 11425 21660
iPhone X 4258 10535 15015
iPhone 7 Plus 3578 6076 13882
iPhone XS Max
iPhone X
iPhone 7 Plus
iPhone XS Max
iPhone X
iPhone 7 Plus

 Antutuでも同様の傾向。ついに数字は30万点台に達している。

Antutu 7
iPhone XS Max 334677
iPhone X 259707
iPhone 7 Plus 196820
iPhone XS Max
iPhone X
iPhone 7 Plus

 ニューラルエンジン以外の部分でも、確実に性能が強化されていることがわかったiPhone X Max。3D性能を超ヘビーに駆使するスマホゲームをプレイするユーザーにとっては、やはり注目せざるをえない端末と言えそうだ。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ