iPhone XSの当日分の在庫を取り置きして、Apple Storeで即日購入する方法

文●二子/ASCII編集部

2018年09月22日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついに発売されたiPhone XS/iPhone XS Max。すでに購入して使い倒している人も多いのではないでしょうか。

 今年はiPhone XRが10月に発売されることもあり、例年ほどの品薄にはなっていないようですが、記事執筆時点でウェブのApple Storeでは、iPhone XSは9/29~10/3、iPhone XS Maxは10/3~11のお届けと少し先になっています。

普通にウェブのApple Storeで注文しようとすると配送は少し先

 そんなiPhone XS/iPhone XS Maxも、Apple Storeの各店舗まで行けるのならば、この3連休に入手する方法が存在しています。それが「予約と受取」のページです。

実は毎朝6時からApple Storeの当日在庫分を取り置きできるのです!

当日在庫をウェブ上で確保
Apple Storeの店舗ではキャリア版の購入も可能

 ウェブのApple Storeで購入できるのは通常SIMフリー版で、オンラインで決済し、配送または店舗で受け取れます。それに対して「予約と受取」では、Apple Storeの各店に当日に入荷される在庫分を取り置きでき、実際の購入手続きはApple Storeの店頭で行ないます。この際、SIMフリー版での購入も可能ですが、ドコモ/au/ソフトバンクとの契約を含む、キャリア版も選べるのです。なお、在庫は原則朝6時に更新されるようです。

「予約と受取」のページにアクセスするには赤枠の部分をクリック。受付時間外はこのとおり
iOSのApple Storeアプリでももちろん可能です

 ちなみにApple Storeでキャリア契約すると、余計なオプションやサービスの勧誘もなく、スムーズに購入手続きが済ませられるのが隠れたメリットです。ただ、これは個人的な経験ですが、料金プランについてはキャリアショップの店員ほどの知識が無いケースもあるので、利用するプランなどをあらかじめ決めておいた方がいいかもしれません。

iPhone XS Maxのゴールドなど人気モデルは5分後には終了
狙うなら6時の少し前から準備をしておきたい

 さて、22日朝6時の状況ですが、予約開始のタイミングほどにはアクセスが爆発的に集中していないのか、モデル、受取店舗、時間を素早く選べば、あっさり予約できそうでした。ただし5分後にはiPhone XS Maxのゴールドで、Apple 表参道やApple 銀座が選択できなくなるなど、競争率が低いわけではなさそうです。

キャリア契約で購入する場合は「通信事業者」の方を選ぶ
店舗と来店時間を選択するのだが、油断しているとどんどん埋まっていくので操作はスムーズに
数分後には「MAXのMAX盛りゴールド」は都内の店舗では選べなくなってしまった

 そのため、あらかじめApple Storeにログインしておく、登録情報を確認しておく、購入するモデルの第一候補、第二候補を決めておくなど、途中で操作を慌てることがないよう注意した方がいいかもしれません。

 いずれにしても、今すぐiPhone XS/iPhone XS Maxを入手したい人は、早起きしてApple Storeのウェブサイトにアクセス!


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ