縦長で美麗な有機EL搭載のau版「Xperia XZ3」をレポ

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年10月11日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 auから発売されることがアナウンスされた「Xperia XZ3」(ソニーモバイル製)。端末を一足お先に借りたので、フォトレポートをお届けしたい。ベンチマークなどを含めた詳細なレビューは発売後に掲載予定だ。

Xperia XZ3 SOV39(ソニーモバイル)

 Xperia XZ2の登場から半年も経たないうちに発表されたXperia XZ3だが、ディスプレーはXperia史上初となる有機ELを搭載し、ディスプレーの両サイドは湾曲したデザインになった。両端どちらかをダブルタップするとAIがよく使うアプリなどを選別して表示してくれる「サイドセンス」というUIが採用されたのも特徴だ。

ディスプレーは両端が湾曲している。保護フィルムを貼る難易度が上がった
左右どちらかをダブルタップすることで起動するサイドセンス

 デザインはかなり変わったがスペックはXperia XZ2とほぼ同じ。ディスプレーが6型有機EL(1440×2880ドット)、SoCがSnapdragon 845(2.8GHz+1.8GHz、オクタコア)、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。ただし、OSのバージョンは2018年冬春モデルで唯一のAndroid 9を採用している。

上部にはSIMスロット。SIMピンいらずなのはうれしい
下部はUSB Type-C端子
右側面はボリュームと電源キー、そしてシャッターキーがある
左側面は何もないのでスラっとしている

※USB端子の名称が間違っておりました。訂正してお詫びいたします。2018年10月12日2:00

 カメラはシングルレンズだが、リアカメラが1920万画素、インカメラが1320万画素とXperia XZ2より良くなっているだけでなく、ついにポートレートセルフィーモードが採用されて自撮りが楽しく撮れるように。また便利機能として、スリープ状態からスマホを横向きに構えると自動的にカメラが起動する「スマートカメラ起動」が加わっている。これは加速度センサーを使ってポケットなどから出す動作を検知してくれるシステム。慣れるとシャッターキーを押したりスリープを解除する手間なくカメラを使えるので,写真を撮る機会が増えるかもしれない。

 そのほか、ダイナミックバイブレーションシステムや防水防塵機能、Qi対応などがXperia XZ2から引き続き採用されている。カラバリは、ブラック、ホワイトシルバー、ボルドーレッド、フォレストグリーンの4色。今回のフォトレポで使っているのはボルドーレッドになる。

ロゴと型番は下側に配置。microUSB端子周りはノッチのようなデザイン
1920万画素でF2.0というリアカメラ。カメラのUIも変わったが、それはレビューで
Xperia XZ2で不満だったインカメラも1320万画素(F値1.9)にスペックアップして、セルフィーを撮るのが楽しくなった
指紋センサーは背面に。この位置は賛否両論ある
  Xperia XZ3 SOV39
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 6型有機EL
画面解像度 1440×2880ドット
サイズ 約73×158×9.9mm
重量 約193g
CPU Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素(F値2.0)
/イン:1320万画素(F値1.9)
バッテリー容量 3200mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
連続待受時間 約520時間
連続通話時間 約2240分
カラバリ ブラック、ホワイトシルバー、ボルドーレッド、フォレストグリーン
発売時期 11月上旬

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク