アップルにとってiPhone XRが大事な理由

文●松村太郎 @taromatsumura

2018年10月23日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルはiPhone XSシリーズを9月21日に発売しました。最高価格はiPhone XS Max 512GBで、米国のApple Storeでは1499ドル、日本でもSIMフリーモデルは税込み17万円以上となります。それ以上にがっかりしたのはiPhone XSが999ドルに据え置かれたことだったのではないでしょうか。筆者もそうです。

 非常に単純な話をすると、アップルは昨年からの戦略を変える必要がないはずです。なにしろiPhone Xは成功し、ウォール街からも認められ、米国企業初となる時価総額1兆ドルを達成したわけですから。

 999ドルのiPhone Xが最も人気モデルとなり、2018年も同じ価格でiPhone XSを投入。さらに大画面モデルのiPhone XS Maxを1099ドルで追加して有機ELディスプレイラインアップを完成させ、さらにもう1機種、749ドルのiPhone XRを用意し、オールスクリーン化のラインアップを実現しました。

 2017年に引き続き、新機種は3つ。すべてをiPhone X世代へとアップグレード。一方で、自社チップはニューラルエンジンと省電力性を強化した点も同じですし、昨年はアルミ使用量の削減、今年はスズのリサイクル材料化と、少しずつ省資源、あるいはリサイクル活用を推し進めた点も同じです。

 そう思っていても、魅力的な6.5インチ有機ELディスプレイを備えるiPhone XS Maxが1099ドルから、というのは高いですよね。ただ、2018年モデルのiPhoneを見てみると、実は、ある製品と同じ展開になっていることが分かります。

●ウォッチからの学び

 それはApple Watchです。

 Apple Watchもまた、Series 4の登場で画面サイズを拡大する刷新がありました。しかし注目したいのは、2014年9月に発表したときのラインアップです。

 2014年9月に発表、翌年4月に発売されたApple Watchには、現在も残っているアルミニウムとステンレススチールのケースに加え、ゴールドケースのEditionが存在していました。その後Editionはセラミックとなり、Series 3まで継続されました。Series 4には、ラインアップを通じて「今回Editionは必要ない」との判断があったそうです。

 あのとき、なぜ数が出ないことも承知の上で、100万円を超えるゴールドモデルを作ったのか。しかもアップルは、通称「Appleゴールド」とも言われる新しい金の加工まで取り組んでいたのです。このあたりを紐解くと、現在のiPhoneのラインアップのねらいが見えてくると思います。

 Apple Watchは各世代ごとに、心臓部が共通化されています。同じサイズの有機ELディスプレイ、同じプロセッサ、同じwatchOSが動作しながら、アルミニウム、ステンレススチール、そしてゴールドもしくはセラミックのケースを用意し、価格は数倍から30倍ものレンジで変化していました。

 これはテクノロジー製品にテクノロジー以外の付加価値をつける実験のような取り組みだったと振り返ることができます。

 携帯電話の世界には、ノキアが取り組んでいた富裕層向けの携帯電話VERTUが2002年から存在しており、必ずしも新しい話というわけではありません。ノキアの携帯事業部門はマイクロソフトに買収され、携帯電話端末の表舞台から姿を消す事態になってしまいましたが、VERTU自体は存続しており、2013年からはしびれるようなクールさを放つAndroidスマートフォンを発売しています。

 ステンレススチールケースのApple Watchモデルも、アルミニウムケースに比べて倍近い価格です。それでもエルメスとのコラボレーションモデルは世界的に非常に好評だそうです。ただ、大多数の販売はアルミニウムに集中しています。

 ゴールドやセラミック、アルミニウム、エルメスといった高い付加価値を持つモデルが、Apple Watch自体のブランドを牽引し、より手に取りやすい価格の製品の価値を高めてきました。同じことがiPhoneに起きているとみれば、価格に納得はできないながら、やろうとしていることは理解できるのではないでしょうか。

●Apple Watchのアルミニウムケースが売れても世界一

 Apple Watchはスマートウォッチ市場のトップランナーであることはいうまでもありませんが、アップルによると2017年、世界の腕時計市場で最も多くの売上高を上げた企業になったそうです。

 それまでの1位はロレックス。1本あたりの金額は50万円からという、高級腕時計ブランドとして知られています。それを4万円弱のApple Watchが上回ったのですから、販売本数が10倍以上多かったことがうかがえます。

 必ずしも、高い価格のモデルが売れたから実現した腕時計売上高1位、というわけではありません。しかし、上級モデルの存在がApple Watchへの興味を惹きつけるだけのブランドを作ってきた点で、重要だったとふりかえることができます。

 さて、iPhoneはどうでしょう。

 この話でいけば、iPhone XSシリーズが最も売れるモデルにならなくても、Apple Watchのアルミニウムケース同様、アルミニウムフレームでカラフルなiPhone XRが売れれば、世界一の売上高を達成できるのではないでしょうか。

 アップルは結果的に、iPhone XRに販売の軸を持ってくる戦略で、2018年モデルの勝負をしていると考えて良いでしょう。

 ただし、iPhone XRが販売の軸になったとしても、アップルの「同じ販売台数で平均販売価格を高める」戦略は達成されます。iPhone 8より50ドル高く設定されていますし、そもそも749ドルがスタートだとしても、128GB、256GBのストレージも必要ですよね。それぞれ799ドル、899ドルという価格に上がります。

 iPhone XR 128GBモデルの799ドルという価格は、昨年四半期で最高をたたき出したiPhoneの平均販売価格近辺です。そのことからもわかるとおり、iPhone XRが売れていけば、アップルの売上高は前年と同じか、上回る可能性が高い、と考えて良いでしょう。

●安心してiPhone XRを選べる

 iPhone XRについては、ディスプレーが有機ELパネルでないだけでなく、iPhone 8 Plusよりも大きな画面ながら解像度が低くおさえられています。またiPhone XSでサポートしている4×4MIMOによるギガビットクラスのLTEもサポートされません。カメラもデュアルではありません。Apple Watch以上に、上位モデルとの間に機能面での差は目立ちます。

 ただそれ以外は、心臓部のA12 Bionicプロセッサや、大型化・高速化した新しいカメラ、TrueDepthカメラによるFace IDなど、2018年モデルのiPhone体験を実現できるポテンシャルを持っています。

 アップルにとっては、iPhone XRが販売の軸になっても、最新のiPhone体験を長く届けられる上、ユーザーにとってもiPhone XSより身近な価格で安心して利用できる、そんなバランスを実現しているのです。だからこそ、iPhone XSは999ドルからという値付けを変えず、上品なゴールドカラーまで用意して、ブランド作りに専念している。そんな印象を受け取ることができます。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ