Xperia初の4K動画撮影を可能にした「Xperia Z2」

文●君国泰将 編集● ASCII編集部

2018年11月06日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本でAndroidスマホといったら「Xperia」! というくらい、スマートフォンのブランドとして認知されている「Xperia」。常に最新の技術とスマホのトレンドを取り入れて業界の最先端を走るXperiaシリーズですが、その歴史は決して順風満帆ではありませんでした。これからのXperia、ひいてはスマートフォンの来し方行く末を、ソニー大好きライターの君国氏に写真とともに紐解いてもらう連載です(基本的に登場するのは国内で発売されたモデルのみです)。

安定の完成度を誇った
感覚を揺さぶるもの「Xperia Z2」

 2014年のフラッグシップモデルの先陣を切ったのが「Xperia Z2 SO-03F」です。Xperia Zシリーズ、メインストリームの3代目で「Xperia Z1」の後継機種にあたり、ドコモから5月に発売されました。

 スペックはSoCにSnapdragon 801 2.3GHz(クアッドコア)、メモリー3GB、内蔵ストレージ32GB。バッテリー容量は2300mAh。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、パープルの3色が用意されていました。本体サイズは、約73.3×146.8×8.2mm、重さは約163g。

 オモテ、ウラ、ともに凹凸のないフルフラットで、フレームにはアルミ板から削り出した継ぎ目のないメタルフレームを採用したXperia Zシリーズ特有のオムニバランスデザインを引き続き採用しました。

 性能アップとともに厚みが増したぶん、サイドのラインは緩やかなカーブを描いてグリップのしやすい形状で、デザイン性と機能性を両立させています。

 ボタン配置はXperia Zシリーズ定番の、本体右側面に電源ボタン、ボリュームボタン、専用のカメラボタンを備えます。電源ボタンの隣にあるカバーを開いたところに、microSDスロット、その隣にあるカバーをはずすと、microUSB端子、SIMカードスロットを搭載。本体左側面にはマグネット端子を備えて、専用スタンド「DK30」やマグネットケーブルとつないで充電が可能です。

 また、IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備えつつも、イヤホンジャックはキャップレスとなり、フタの開け閉めなくダイレクトに接続できるのは便利です。

ディスプレーサイズは拡大し
より多くの情報を表示できるように

 ディスプレーサイズは、5.2型(1080×1920ドット)で、従来モデル(Xperia Z/Z1)からさらに0.2型大きくなりました。鮮やかな色彩を表現できる「トリルミナスディスプレイ for mobile」に加えて、バックライトに新しく「Live Color LED」を採用したことで、さらに赤と緑の色域が広がり、微妙なニュアンスの色まで色彩豊かに描き出せるようになりました。

 さらに高画質エンジン「X-Reality for mobile」により、インターネット動画など低画質の場合でも輪郭や画素の劣化を復元して本来の質感やディテール感のある動画を再現できます。

4K動画撮影に対応したカメラ

 背面には、コンパクトカメラと同等サイズの1/2.3型の約2070万画素のイメージセンサーExmor RS for mobileを採用するカメラを搭載。高精細な写真の撮影できる画像処理エンジン「BIONZ for mobile」や、F2.0の明るく広角撮影ができる「Gレンズ」を備えている点は、Xperia Z1と共通です。

 しかし、Xperia Z2の大きな進化点が、4K(3840×2160ドット)動画撮影機能です。当時、4K動画を撮れる機器は非常に限られており、スマホでいち早く対応したことで話題になりました。ただし、4K動画の撮影や再生は負荷がかかり、本体が発熱するため長時間撮影にはむいていませんでした。

 そのほか、MHL 3.0の出力から4Kテレビに接続することで、4K動画を再生できたり、4K動画再生中に画面をピンチアウトするとハイビジョンのクオリティーを保ったまま動画を拡大もできるなど、エンターテインメント性は非常に高かったのです。

オーディオ機能も進化した

 Xperia Z2は、オーディオ機能も大幅に進化。イヤホンに付いているマイクで周囲の騒音を拾い、その騒音を打ち消す逆位相の波を発生させて騒音をカットする「ノイズキャンセリング機能」を初めて搭載したのです。

 ディスプレーの上下とフレームの境目にステレオスピーカーを搭載し、横に向けると左右からのステレオスピーカーとして再生でき、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術S-Forceフロントサラウンドにも対応して、スピーカーからの音質も大幅に向上しました。

 そして、高音質化の極めつけとしてハイレゾ音源への対応。発売当初は、本体単体のみでのハイレゾ音源を再生はできずハイレゾ音源に対応したUSB-DACアンプやヘッドフォンアンプ/アンプ内蔵スピーカーといった周辺機器が必要でしたが、その後、アップデートにより本体のみでもハイレゾ音源を楽しめるようになりました。

 そのほかの機能としては、フルセグを搭載してTV番組のほか、ドコモ独自の「NOTTV」を楽しめむことができたり、おサイフケータイといった日本独自の機能にも対応していました。ただし、赤外線通信は非搭載です。

 Xperia Z1の登場からわずか半年という期間に、スペックの向上とともに、4K動画撮影やハイレゾ音源とノイズキャンセリングに対応と、他社に先駆けて映像と音楽といったエンタメ機能を次のステージへ引き上げたモデルがXperia Z2であり、ハイエンド志向のユーザーからは賞賛を持って迎えられた好評なモデルでした。

mobileASCII.jp TOPページへ