トヨタ・スズキ・LINEのキーマンが語る、SDLとスマホが作る車・バイクの未来

文●清水学 編集●村山剛史/アスキー編集部

2018年11月08日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDLのキーマンにお集まりいただき、意義・現状・未来についてたっぷり語っていただいた

SDLが創る車・バイクとスマホの未来

 車・バイクを運転しながらスマートフォンを安全に利用するための規格「SDL」。カーナビなどの車載機を通してスマートフォンアプリやパーソナルな資産を有効活用し、より利便性の高い運転環境が実現したとき、車・バイクとスマートフォンの未来はどのように変わるのだろうか。

 そこで今回、トヨタ自動車株式会社 コネクティッドカンパニー e-TOYOTA部長の松岡秀治氏、スズキ株式会社 開発本部長の髙柴久則氏、そしてLINE株式会社 Clova事業部 アライアンスチームチーム マネージャーの神門宏明氏にお集まりいただき、スマートフォンを巡る現状、SDLの意義、SDLが作り出す未来などについて語っていただいた(SDLについては第1回第2回をご参照ください)。

車の中だけがコミュニケーションから取り残されている!?

―― まずは、現在の車・バイクとスマートフォンの関係について、どのような感想をお持ちですか?

トヨタ自動車株式会社 コネクティッドカンパニー e-TOYOTA部長の松岡秀治氏

松岡 スマートフォンの普及に伴い、運転中にスマートフォンを操作してしまう傾向が社会的に問題になっています。実際、交通違反で検挙される理由の上位に“走行中の携帯電話等使用”があがっているのです(割合としては最高速度、一時停止に次いで第3位)。

 しかし、時代の特性上、車の中であっても誰かとつながっていたい、もしくは誰かと連絡を取る必要があることは極めて自然なことで、これは新たな課題だと認識しています。特に、従来の携帯電話からスマートフォンになり、SNSなどメッセージをやり取りするアプリが増えたことによって、運転中のスマートフォン操作がより一層増えていると捉えています。

髙柴 車を持っていない人からすれば、『なぜ車の中だけ使えないのだろう?』と感じているのでしょうね。

 たとえば私の世代ですと、元々車がパーソナルスペースとして存在し、そこにスマートフォンが後から入ってきたというイメージなのですが、物心ついた頃からスマートフォンがある世代の場合、『自分の生活圏内で唯一、スマホでつながれない場所が車の中』という感覚があるのではと思います。

―― なるほど。本来パーソナルな空間であるはずの車ですが、ある世代以降にとっては“コミュニケーションが阻害されてしまう空間”として認識されている可能性があるかもしれないのですね。

スズキ株式会社 開発本部長の髙柴久則氏

髙柴 自分の時間を自由に使って移動できるということがいちばんの価値だったはずなのですが、(ある世代以降にとっては)「自分のしたいことができなくなる空間が車」だと感じているのかもしれません。

 そのように価値観が変わってきたときに、「車も存在させたいし、スマートフォンも便利に使いたい」となると、自動車メーカーとしては安全にスマートフォンを使っていただく環境を用意する必要があり、SDLはその点において価値あるものかなと思います。

神門 我々が提供しているLINEはコミュニケーションのプラットフォームです。月間のアクティブユーザーが7600万人、そのうちの80%が毎日使っていますが、髙柴さんのおっしゃる通り、車の中は、コミュニケーションをサポートできていない、ある意味、数少ない空間だと思っています。

―― とはいえ、運転中にLINEを使う行為は危険を伴いますから、サポートも難しいだろうと感じます。

LINE株式会社 Clova事業部 アライアンスチームチーム マネージャーの神門宏明氏

神門 LINEはテキストをベースにしたサービスですから、車の中ではどうしてもスマートフォンを見るという行為につながってしまいます。それもあって、これまでは車の中でのサポートをすることはできませんでした。

 そうしたなかで2017年2月、ClovaというVUI(音声操作)でのAIプラットフォームを発表させていただき、『これならば車の中もサポートできるのでは?』ということで、新たに車においてのVUIのあり方について具体的にディスカッションを開始しました。

髙柴 スマートフォンと車の連携そのものはすでに先行するサービスがありますが、実際それほど使われていないのではないでしょうか。カーナビにそうした機能が備わっていても、スマートフォンが使われてしまう。しかしSDLでは、自動車メーカー側が主体となって利便性や安全性をしっかり考えることができます。ここがいちばんの大きなポイントです。

松岡 自動車メーカーに蓄積されたノウハウに基づいて安全性、利便性、快適性を両立していく。そのために自動車メーカーがみんなでSDLに貢献していこう、というのが基本的なスタンスです。

 トヨタはSDL策定前からスマートフォン連携を試みてきました。様々な方法を使ってアプリケーションをディスプレーに映せないかと試行錯誤し、一定の効果はあったと思います。ただ、現状ではOSなどがアップデートされるたびにアプリも作り直す必要があるなど、アプリメーカー各社に負担がかかってしまうため現実的ではありませんでした。

 一方、SDLは共通プラットフォーム上でいろんな方々にご参加いただけるという部分が魅力ですし、貢献していきたいと思っています。

髙柴 SDLは“スマートフォンをポケットに入れたままでもアプリが使える”というコンセプトがあります。自動車メーカーとしては「これは一緒にやらないといけないな!」と。

SDLが変える、車の中でのスマートフォン活用

―― SDLコンソーシアムには様々な企業が参加されていますが、そのことによる効果は生まれていますか?

神門 車内で動かすアプリをどう作っていけばいいのか、我々にはまったくノウハウがありませんでした。安全運転のために、ある一定基準で画面が使えなくなる、あるいは動作しなくなるというのが車載機のよくあるルールなのだろうと思ってはいましたが、その具体的な基準がわからなかったのです。例えば音声についても、Clovaをどこまで喋らせていいのか? 何を喋るとアウトなのか? そういった基礎から学べるのが1つの効果です。

コンソーシアムでは、例えば“Clovaが眠気覚ましに運転手の話し相手になってくれる”という機能がセーフかアウトか? どうすればセーフになるのかを知る、あるいは話し合うことができます(神門氏)

髙柴 “意識の脇見”というものですね。たとえ目で見ていても、他に集中するものがあると、結局見えていないときと変わらないような状態になってしまいます。

 ですからハンズフリーで会話ができるシステムを作ったときも、会話に集中してしまうことによる意識の脇見については、複数の研究機関で調査・実験されていました。こういった分析データも参考にしています。

松岡 情報提供のトリガーがお客様の操作や設定なのか、それとも我々(クルマ)側からの発信なのか、また、提供する情報が安全運転・移動そのものに寄与するものか否かによって、走行中の情報提供に対する許容度、受容性は異なると思います。

 走行中にどこまで、どういった情報をお届けしていいのか……これはやりがいのあるチャレンジかなと思っています。LINEさんと一緒に考えたり悩んだりしながら進めています。

―― 使い勝手についてもコンソーシアム内で検討されているのでしょうか?

髙柴 カーブの途中でもステアリングから手を離さずに操作できるか、といった1つ1つ細かいところまで積み上げて仕様を作っているところです。

自動車メーカーとしては運転時の正しい姿勢や操作方法を考えて仕様策定中です(髙柴氏)

神門 自動車メーカーと一緒に、車内でのサービスのあり方を議論したうえで、サービス化できることが我々としての魅力ですし、メリットだと感じています。

 例えばステアリングスイッチに関しても、「この場所にこんなボタンがあるとユーザーはうれしいです」という意見をお伝えして、ファーストフェイズでは難しくても、「それをこのように改善していきませんか」という建設的なディスカッションができるというのはすごく重要だと思っています。

―― 例えばステアリングにClovaボタンが付いているとか?

神門 そうなるとうれしいですね!

髙柴 機能が自由に配置できるボタンを作っておけば、アプリを呼び出すといったことが実現できる可能性がありますね。アプリ開発側から「こういうことができませんか?」というアイデアをいただければ、それを受けて用意することもできますし。

 ステアリングのほかにも、自由にできるタッチパネル画面があり、そちらについてもディスカッションしています。コンソーシアムには様々な企業が参加されているので、画面上で使うテンプレートでは、各社の様々な要求、ニーズ、経験値をコンソーシアムのなかで共通化しています。

松岡 さまざまな分野の事業者が参画しやすく、敷居の低いエコシステムは我々にも魅力的ですし、お客様にとって価値のあることだと考えています。

自動車メーカーが持つノウハウを使うことで、各事業者はアイデアを広げていくことができるでしょう(松岡氏)

SDLが作り出す世界、そして未来は?

―― SDLを使ってどのようなことが実現されていくのでしょう?

神門 普段使いの車の中で利用用途を広げていければと思っています。具体的には、買い物に行く途中、車内から家族に連絡するとClovaを通じて希望リストが届くなど、日常に即したものですね。ユーザーの生活をもっと便利にしていきたいと思っています。

 さらに、ユーザーの行動をきっかけに、もっと賢く家とスマートフォンと車内をシームレスにつなげるようなことに取り組みたいです。例えば車内のコントロールを音声で動かしたい。エアコンの温度を変える際に音声で簡単に修正できるといったことに挑戦していきたいですね。

 あと、家から車の中に移動したら、それをClovaが理解して、「エアコンを入れて」と言ったら家のエアコンではなく車のエアコンだということをちゃんと理解する、といったことをシームレスにできるよう取り組んでいかなければと思っています。

LINEのClovaアプリがカーナビで動作している様子。操作は音声もしくは画面タッチ。もちろんスマートフォン側を操作する必要はない

松岡 車の中からClovaで検索してもらって、いまここにいるという位置情報からナビゲートできるとか、あるいは車があるエリアが近づいたら自宅のエアコンが自動的にオンになるといったサービスの広がりをどんどん作っていきたいですね。

 SDLは誰もが参加できるプラットフォームであり、マーケットであり、エコシステムです。お客様にとって、あるいは参加される事業者にとって価値のあるものにすることが大切で、これからが踏ん張りどころだなと思っています。

―― SDLが作る未来は自動車メーカーもアプリベンダーも、そしてユーザーにとっても価値があるものになるということですね。

松岡 SDLというプラットフォームそのものがペイメントの仕組みを持っているわけではありませんが、仮にお客様が車の情報を使ってサービスを受けたいときもSDLを介すことで安全な取引が可能です。元々SDLはエコシステムですということを申し上げていましたが、(SDLを介した課金システムが広がれば)経済圏としても発展すると思います。

 SDLはみんなで育てていくという性質のものですから、それぞれが貢献しつつ、マーケットとしての価値もしっかり育てていければと。

髙柴 二輪というカテゴリーでみると、ディスプレーがないということで要件は違いますが、二輪ユーザーが減っているというなかでも、もう一度楽しいものだと発信したいですね。

 多様なインターフェイスを使ってアプリ経由のサービスを表示できれば、安全かつ楽しくバイクを走らせることができるでしょう。将来的には、どのバイクに乗っても同じ使い方ができる、あるいは四輪に乗り換えてもシームレスにつながるとか。

―― 何に乗っても同じ環境で使えるというのはうれしいですね。

髙柴 本当は「SDLとはなんぞや」と説明する必要はなくて、影の存在でいいと思うのです。ユーザーには「このSDLマークが付いていれば、スマホが便利に使える」とクチコミで伝わっていくような。そうなって初めて定着した・普及したと言えるでしょう。便利なサービスを裏でテクノロジーが支えているという世界にしたいですね。

―― SDLそのものを感じさせず利便性だけをユーザーが享受できる未来ですね。

髙柴 最終的には、「まずこのボタンを押して喋ってみて。あとは何とかなるから」というレベルになることで、普及するのではないかと。

神門 すでに取り組んでいる分野としては翻訳サービスがあります。例えばタクシーに外国人の方が乗ったら、運転手がSDL経由でClovaを使えば同時通訳で目的地を確認できたりするといいかなと。

 “生のインタラクション”と“AIを通じたインタラクション”が組み合わさったものができると単純に面白いですし、ニーズもあるだろうと思っています。Clovaを使うことによって、タクシーやシェアリングがもっと便利になるシーンがあるのでは。

松岡 現時点でも、LINEのサービスと連携することで、車に頼むと目的地を検索・登録してくれる、ということを始めています。将来的にはクラウドを経由して車と車が会話をする、情報を交換するというのも面白いですし、可能性があると思っています。

 現在、シェアリングを使うにしても、複数の交通機関を経た移動にしても、あるいはお客様同士でコミュニケーションするにしても、スマートフォンは移動するシーンで不可欠なものなので、親和性はますます高めていきたいです。

 スマートフォンは個人の判別に大変適したデバイスですので、お客様を理解しつつ最適なユーザー体験を提供する上で非常に大きなキーだと思います。今まではパーソナライズサービスといっても結局、車を特定していただけで、厳密には“個の車”でした。一方でスマートフォンは一人ひとりがお持ちのものですから、きちんとお客様個人を理解して、価値ある体験をお届けできるという意味で、最も有効なデバイスであると考えています。

家電と車・バイクをつなぐことで、真のパーソナライズサービスが立ち上がるかもしれない

髙柴 理想型としては“スマートフォンを持ち歩く必要はない”というところまでいくといいですね。例えばスマートフォンがバッグに入ってたり、家に置いたままでも、車に乗ったら勝手につながって、車の電源を付けると 自分のスマートフォンと同じことがカーナビ画面でできるというのが、ひとつの理想型だろうと思っています。

 現在はスマートフォンを常時携帯いただくことが前提ですが、クルマが個人を特定できるようになれば、クラウド上にあるスマートフォンの情報等にクルマが直接接続して、お客様専用の環境を車内に再現する、という未来も考えられますね。

神門 事業者としては、スマートフォン向けの資産を流用できることが大きいのですが、将来的にはおっしゃる通りで、“すべての車にSDLが搭載されていて自動的につながる状況”があると考えれば、たしかにスマートフォンをハブにしなくていいような気はしますね。

松岡 いわゆる生体認証が車内でスムーズかつ低コストにできるようになってくると、今おっしゃっているようなことができてくるのかもしれません。

 現在はスマートフォンを持ち続けることが1つのテーマだと思いますが、ユーザー体験も含めてスムーズなものが出てくるか、あるいは車側が個人を特定できれば、クラウド上のスマートフォンの情報に接続して環境を再現するという未来も考えられますね。

―― 現在、SDLは諸々仕様を詰めている段階ですが、四輪車/二輪車とスマートフォンを軸に真にパーソナルな情報のやり取りが可能になる未来を垣間見ることができたように思います。夢が膨らみますね! お忙しいところ、ありがとうございました。

■関連サイト

(提供:トヨタ自動車株式会社)

mobileASCII.jp TOPページへ