アップル「MacBook Air」のゴールドは見た目麗しく触り心地も極上

文●柳谷智宣 編集●ASCII編集部

2018年11月14日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8年ぶりに完全リニューアルした
MacBook Airの進化点は多数

 11月7日、新型MacBook Airが発売された。早速、ファーストインプレッションをお届けしたい。MacBook Airの大幅リニューアルはなんと8年ぶり。期待どおり、いろいろと進化している。

しばらくMacBook Airを使ってみた

 ディスプレーサイズは13.3インチで、Retinaに対応。解像度は2560×1600ピクセルになった。そして、今回うれしいのはカラバリが用意されたこと。シルバーに加え、ゴールドとスペースグレイが選べるのだ。今回レビューしたゴールドは若干オレンジがかっており、上品な印象。とはいえ、MacBook Airのシェイプでゴールドというのはやはり目立つ。従来モデルはシルバーだけだったので、オフィスでの打ち合わせや喫茶店でドヤ顔できそう。筆者はゴールドやローズゴールドが好きなので、もうこれだけで惹かれてしまう。

 本体サイズは304.1×212.4×4.1~15.6mm、重量は1.25kgとなっている。従来モデルは325×227×3~17mm、1.35kgなのでずいぶんコンパクト&軽量になった。ディスプレーサイズは同じなのに、本体を重ねてみると違いが明確。ベゼルが細いのはやはり見た目がいい。

箱もカラバリごとに用意されている。今回レビューしたのはゴールド
従来モデルに重ねてみると、コンパクトさがわかる
給電ケーブルはもちろんUSB Type-C

Touch ID搭載でセキュリティはより強固に!

 インターフェースはシンプルで、左側面にUSB Type-C(Thunderbolt 3)ポートを2基備え、右側面には3.5mmヘッドフォンジャックを搭載する。新MacBook AirはTouch IDも搭載している。キーボードの上に小さなセンサーを搭載し、指を置くだけでロックを解除できるようになる。これは、新搭載されたのおかげ。最近では、情報漏洩や不正アクセスに関するニュースが多いので、セキュリティが強化されるのはありがたいところ。

 T2 Securityチップは、指紋認証やデータの暗号化だけでなく、Siriでも利用できる。「Hey,Siri」と声をかけて、色々な操作をができるのだ。

右側面には3.5mmヘッドフォンジャックを搭載
左側面にUSB Type-C(Thunderbolt 3)ポートを2搭載
指紋認証が行なえるTouch IDを搭載した
「Hey Siri」機能を使えるようになった

キーボードの構造はMacBook Proと同じになった

 キーボードもシザー構造から、MacBook Proでも採用されているバタフライ構造になった。キーストロークは短いながらも、安定した高速タイピングが可能。強く叩かない限り、タイプ音も静かなので、喫茶店などでの文章入力も問題なし。独立型のLEDバックライトを備えるので、薄暗い飛行機の中でも作業できる。

 ファンクションキーを12個備え、右端にはTouch IDセンサーを搭載。Touch IDを使えば、ログインする際に指を置くだけでいいのがラクだ。設定すれば「1Password」といったアプリでも利用できる。パスワードの使い回しを避け、複雑な文字列を付けて、がっちりセキュリティを固めつつ、利便性は向上するのだからありがたいところだ。

リニューアルされたキーボード。ファンクションキーとTouch IDがあるのは便利だ

 本体のフットプリントは小さくなっているのに、タッチトラックパッドが一回り大きくなっているのに驚く。複数の指を使ったマルチタッチジェスチャーがやりやすい。感圧式になったが、操作感は上々だ。

 キーボードの打ち心地、パームレストとタッチトラックパッドの感触は最高。なんとなく、使い続けたい、と感じてしまう。ちなみに、ディプレイを開くのに便利な、切り欠きも健在。本体に合わせてちょっと小さくなったようだ。

従来のモデルと並べたところ。タッチトラックパッドは約20%広くなっている。切り欠きは短くなっていた
パスワード管理サービス「1Password」も設定を有効にすることで、Touch IDでマスターパスワード代わりに利用できる

ディスプレーが美しくなっただけでなく
CPUは超省電力タイプでバッテリーは長持ち

 ディスプレーが美しくなっているのは一目瞭然。Retinaディスプレーの解像度だけでなく、従来のモデルと比べて48%多い色を再現できるようになっているためだ。1週間もすれば慣れてしまうものの、綺麗であるに越したことはない。

 CPUには第8世代のIntel Core i5プロセッサを採用。超省電力タイプになったので、処理能力が気になるところだったがまったく問題なし。あえて画像や動画編集といった重い作業をしない限り、それほど遅いとは感じないだろう。

 それでも、ベンチマークアプリなどを動かすと発熱し、冷却ファンが稼働することもある。しかし、ファンの音はとても静かなので、あまり気にならなかった。

CPUにはIntel Core i5プロセッサ、メモリーは8GB

 ハイエンドのMacBook Proで実現してきた機能を搭載しつつ、MacBook Airらしい進化も果たし、期待以上のノートPCに仕上がっていた。悩ましいのが、価格だろう。ストレージが128GB SSD、メモリーが8GBの基本モデルで、13万4800円(税別)とお高いのだ。すると、13.3インチMacBook ProのTouch IDなしモデルの14万2800円(税別)に近くなってしまう。サイズもほぼ同じだ。その代わり、0.12kg重くなり、稼働時間も2時間減ってしまう。

 ゴールドカラーに興味がある、「Air」が好き、そして新しい物好きであるなら、新MacBook Airをオススメしたい。超省電力タイプCPUだが、普段の作業は問題なくできるし、その分バッテリー稼働時間も12時間と長い。MacBook ProのTouch ID(タッチバー)付きモデルは19万8800円(税別)とさらに高いので、Touch IDでセキュリティを固めたい人にも最適。

 モノとしてクオリティが高く格好いいのはいつものこと。あまり値下がりするものでもないので、物欲が反応したなら早めに清水の舞台から飛び降りてはいかがだろうか。筆者も半分、落ちかけている状態だ。

リンゴマークが手招きしている。何か心に響いたら、冬のボーナスを突っ込むのもアリだ

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


mobileASCII.jp TOPページへ