ASUS「ROG Phone」はプロゲーマーも納得のeスポーツ向けスマホ

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年11月16日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Snapdragon 845をオーバークロック!
ASUS「ROG Phone」

 ASUSは16日、今年の「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表され、日本上陸がいまかと望まれていたゲーミングスマホ「ROG Phone」(アールオージーフォン)を発表した。23日に11万9000円(税別)で発売する。

 発表会に登壇したASUS JAPAN 執行役員 事業部長 溝上武朗氏は「日本でもeスポーツが盛り上がってきています。ゲーミングスマホの需要も高まり、そこへスマホゲームに革命を起こすべく、トータルゲーミングソリューションを投入します。それが今回発表したROG Phoneです」と語った。

ASUS JAPAN 執行役員 事業部長 溝上武朗氏
ASUS JAPAN システムビジネス事業部 テクニカルプロダクト マネージャー 阿部直人氏

 次にROG Phoneの機能説明のため、ASUS JAPAN システムビジネス事業部 テクニカルプロダクト マネージャー 阿部直人氏が登壇した。現在、AndroidスマホのSoCでハイエンドに位置するSnapdragon 845を、開発元のクアルコムとともにチューニングし、オーバークロックバージョンのSnapdragon 845として世界初搭載していると説明。通常のクロック周波数は2.8GHzだが、ROG Phoneに搭載されているSnapdragon 845は2.96GHzまで性能が引き上げられているという。

Snapdragon 845をオーバークロックした結果、ベンチマークの数値は30万越えに

 AnTuTuベンチマークでも、通常のSnapdragon 845は26~27万という数字だが、このオーバークロック版は30万を超える数字を叩き出している。

 スマホゲームでは重要となるネットワークも、超高速無線LAN規格であるIEEE802.11adにはやくも対応し、万全の体制を整えている。

独自の冷却システムで
ゲーム中のパフォーマンス低下を防ぐ

 そして、スマホでゲームを遊ぶとどうしても発生する問題が発熱。「スマホ本体が高温になるとパフォーマンスが落ちてしまい、それがネックだった」と阿部氏。そこでASUSが開発したクーリングシステムが「3Dベイパーチャンバーシステム」。カーボンの冷却パッドに銅製のヒートスプレッダー、そして3Dベイパーチャンバーを組み合わせることにより、効果的・効率的なクーリングを実現している。

オーバークロックでの発熱を抑えるため、独自の冷却システムを採用

 さらなる排熱のために「エアロアクティブクーラー」という本体付属の追加機器を付けることも可能。冷却しながら充電もでき、イヤホンジャックもあるため、スマホを横に持って遊ぶゲームでは絶大な威力を発揮する。阿部氏いわく「これを付けることで、利便性が落ちることはありません」とのこと。また、付属の充電器(10w3A)にもチャージャーICが搭載されているので、充電による発熱も自動的に抑えられるようだ。

アキバなどでスマホにLRボタンを付けるコントローラーが売っているが、ROG Phoneはその機能を最初からスマホに搭載

 有機ELディスプレーを採用したことで、HDRで明暗がハッキリ表示でき、応答速度は1ms、いわゆるL、Rボタンを代用できるエアトリガー、ステレオスピーカーシステムなど、ゲームに関する機能が詰め込まれている。

 ソフトウェア面でもゲームに優先してメモリーを割り当てる「Xモード」、通知の有無から背面ライトの色まで変更できるトータルゲームアプリ「GameCenter」がプリインストールされている。

女性プロゲーマー・チョコブランカさん
「ゲームも普段使いもストレスを感じない」

 ROG Phoneの説明が終わると、日本初の女性プロゲーマー・チョコブランカさんが登場。実際にROG Phoneで遊んでみたとのことで「私はいつも据え置き機で遊んでいるので、少しでも遅延があると、すぐに違和感を覚えてしまう。ROG Phoneは反応速度も速いしまったくストレスは感じませんでした。アプリごとに設定を保存しておけるのもいいですね。あと、普通にスマホとしても使ってみましたが、カメラのキレイさとカメラアプリの設定の細かさに驚きました。美肌モードは女性にうれしいですね」と、スマホそのものの使い勝手にも言及していた。

レースゲーム「アスファルト9」をプレー。このときのチョコブランカさんの記録「41.709」を抜くと、良いことがあるかもしれない

 ゲーミングスマホは盛り上がりつつあるジャンルであり、ROG Phone以外にシャオミの「Black Shark」やRazerの「Razer Phone」、Nubia「Red Magic」などが海外で登場している。ゲーム大国日本に先陣を切って上陸したROG Phoneは頭ひとつ飛び抜けたパフォーマンスを持つ。この機会にゲーミングスマホを体験してほしい。

ASUS「ROG Phone(ZS600KL)」の主なスペック
ディスプレー 6型有機EL(18:9)
画面解像度 1080×2160
サイズ 約76.1×158.8×8.3mm
重量 約200g
CPU Snapdragon 845 2.96GHz(オクタコア)
メモリー 8GB(LPDDR4X)
ストレージ 512GB(UFS2.1)
OS Android 8.1
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19
/20/28/29/32/34/38/39/40/41/46
W-CDMA:1/2/3/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
CA対応 5CA(DL)/2CA(UL)
VoLTE ○(ドコモ/au/Y!mobile)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
IEEE802.11ad(60GHz)
カメラ画素数 リア:12メガ(F値1.7)+8メガ(広角)
/イン:8メガ(F値2.0)
バッテリー容量 4000mAh(急速充電 10V/3A対応)
生体認証 ○(指紋、顔)
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C×2
カラバリ Black

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ