Amazon EchoやGoogle Home、スマートスピーカーが米セールでやたら見かけることに

文●松村太郎(@taromatsumura) 編集● ASCII編集部

2018年11月21日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ、米国の年末、ホリデーシーズンの到来を告げるサンクスギビングが近づいてきました。依然としてサンフランシスコ周辺のエリアは山火事Camp Fireからの煙が流れ込み続けており、空も気持ちもどんよりと暗さが漂っています。

 ただし、11月21日(水)から雨期の雨が降り始める模様で、風向きも変わり、空気の質は急速に改善してくるようです。これで山火事も消し止められると良いのですが。

リアル店舗からオンラインに移って
セールの期間が1日から1週間に長期化した米国の状況

 最近形骸化されつつあるといわれている年末商戦の初日「ブラックフライデー」。オンラインのセールは翌週月曜日に集中し、「サイバーマンデー」などと言われていました。しかし最近はフライングも横行し、1週間ベタっとセールという状況が続いています。

 個人的には今年はブラックフライデーでのお目当ての製品はないのですが、忘れ物トラッカーのTileを追加したり、Nestcamを検討したりと、値段が下がれば考えようかなという製品もいくつかあります。

落とし物を防ぐIoTトラッカーの「Tile」を購入しようとしても、Amazon Echoとのセットを勧めてきます

 一方で、人気のあるGoPro Hero7 Blackなど、本体の値引きがまったくない製品もあります。Amazonでは、バンドル、つまり付属品の部分を割引にすると入ったかたちでセールに参加させているようではありますが。

 また、BestBuyのオンラインでは、128GBのメモリカードと30ドル分のクレジットの合計60ドル分をつけるセールをしています。30ドルで追加バッテリーやアタッチメントを購入できる上、メモリカードも追加で買う必要がないため、本体の割引がなくても十分お得感がありそうです。

 ただ、GoProについては、直近で最もお得感があったのは、米国ロサンゼルスで開催されたクリエイティブの祭典、Adobe MAXのGoProブースだったと思います。

 GoPro Hero7 Blackは米国では普段399ドルですが、これが100ドル引きの299ドルで販売されていたからです。日本のAmazon.co.jpでは正規品が53400円という価格なので、為替を考えても2万円近くお得。日本から来た人たちがこぞって買っていたわけですね。

ついにアップルまでブラックフライデー参入

 ブラックフライデーは数年前まで、薄型の液晶テレビが格安に手に入るというイメージが強かったのですが、コストコなどでは4Kテレビが400ドルを切る価格で販売されるなど、さほどブラックフライデーを狙って買うものでもなくなってきたようです。

 やはりセールで欲しいのはスマートフォンやタブレット。そのシェアの半分を確保しているのが米国ではAppleで、セールに対して非常に渋い姿勢を貫いてきました。そのため「買い換え時、必要なときに買う」というのが当たり前になっていました。

 しかし今年は違います。なんと、Appleもブラックフライデーからサイバーマンデーにかけて4日間のセールをするのです(https://www.apple.com/shop/gifts/shopping-event)。

アップルもついにブラックフライデーでのセールを予告

 ウェブサイトでは、11月23日から26日までのセールを予告するページが用意されており、カレンダーに印を付けるよう促しています。

 しかしその中身は謎に包まれたまま。

 おそらくですが、最新のiPad ProやMacBook Air、Mac miniなどを含む主力製品を値引販売するのではないかと見ています。一般の小売店におけるApple製品のディスカウントはMacBook Proで250ドル、iPadで50〜100ドルなどが見られます。Appleでこの規模の値引きをするかどうかはわかりませんが、値引販売は歴史的にみても希であるため、注目しているところです。

 ただ、先述のとおりに必要なものは必要なときに、新製品はできるだけ早いタイミングで購入するのがお得なのがApple製品の常。年次更新がかかる製品であることから、早く買えば、より長い期間現行モデルとして使うことができるのがその理由です。

 そのため、どちらかというと、さほどロイヤルティが高くない顧客の背中を思い切りプッシュするような戦略になるのではないでしょうか。

なにかとセットで割引されるスマートスピーカー

 さて、筆者はとりあえず、TileやNestcamを狙おうと思っていたのですが、少し面白いことが起きています。たとえばTileの4枚パックは60ドルが普段の価格なのですが、Amazonのスマートスピーカー、Echo Dotのバンドルで30ドル引かれるようなディールがありました。

 またセキュリティカメラNestcamについても、画面付きのGoogle Home Hubとの同時購入で50ドル引きになるセールを展開していました。確かにNestcamの映像はGoogle Home Hubに映し出すことができる仕組みで、組み合わせとしては最適なのですが。

 何かにつけて、セールやディールのバンドルとしてGoogle HomeシリーズやAmazon Echoシリーズがくっついてきます。そろそろこの現象に名前をつけたくなってくる気分ではあるのですが。

 確かに、部屋に1台ずつあった方が、スマート電球を設置している場合には便利だったりするのですが、こちらの製品にはAmazon Echo、こちらにはGoogle Homeみたいにブランドが入り乱れてバンドルされてくると、ちょっと困惑してしまいます。どちらかで統一しないと、一所懸命Google Homeに「Alexa!Alexa!」と呼びかけても反応してもらえませんので。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ