国内初のディスプレイ指紋認証搭載「OPPO R17 Neo」の異次元の使いやすさ

文●島徹 編集●ASCII編集部

2018年11月22日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年春に日本市場へ参入してから、話題の製品で注目を集め続けるアジアのトップシェアスマホメーカーのOPPO。この冬、新たに国内初(※)の機能「ディスプレイ指紋認証」を搭載したスマートフォン「R17 Neo」がUQ mobileから独占販売モデルとして発売される。

 ディスプレイ指紋認証は、大画面6.4型の有機EL(AMOLED)ディスプレイに指を触れるだけで、指紋認証によりロック解除できる、未来を先取りしたかのような機能だ。さらに、デュアルカメラと高画質インカメラも搭載。それでいて、本体代金3万円台(UQ mobileで実質負担額2万円台)という驚きの価格を実現した。

ディスプレイに触れるだけで指紋認証を解除できる。国内で初めて「R17 Neo」が搭載した

 この冬、最先端&使い勝手のよいスマホへの乗り換えを考えているユーザー必見のOPPO「R17 Neo」の使い勝手と実力について、より詳しく見ていこう。

※:オッポジャパン調べ。国内初ディスプレイ指紋認証は2018年10月時点

画面に指で触れてロック解除
日本初のディスプレイ指紋認証を搭載

 R17 Neo最大の特徴は前述のとおり、大画面6.4型の有機EL(AMOLED)ディスプレイと、画面上に組み込まれたディスプレイ指紋認証センサーだ。本体前面の画面に指を触れるだけで、指紋によるロック解除が完了する。実際の使い勝手も良好で、画面の下部に表示される指紋センサーのマークを長押しするように抑えると、0.5秒ほどですぐにロック解除できる。もちろん、R17 Neoを机に置いたままでも指でロック解除できるのは便利だ。

 さらに、指紋認証と顔認証を併用するとより便利だ。スマホを手に取った際は顔認証、机の上に置いたままロック解除する場合は指紋認証と、シーンに応じて両方の利点を生かした使い分けができる。

画面占有率91%かつ持ちやすく
操作しやすいフレームレスデザイン

 6.4インチ有機ELディスプレイに指紋認証センサーを内蔵したことで、本体前面のほとんどを画面で覆ったかのようなフレームレスデザインを実現した。ノッチ部分も水滴型の極小サイズに抑えられており、画面占有率91%を実現。写真や動画も大画面かつ有機ELならではの色鮮やかな発色で楽しめる。

大画面6.4インチ有機EL(AMOLED)ディスプレイ(2340×1080ドット)を搭載
背面には1600万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載

 また、徹底したフレームレス化の恩恵として、大画面ながらもスリムかつ軽量なボディーを実現。女性など手が小さいユーザーでも片手持ちでの親指操作や文字入力がしやすい。最近の大画面スマホは大型で重いものが多い中、R17 Neoは実質負担額2万円台で手に入る端末ながら、大画面とスリムさ、軽さを両立した理想的な設計のスマホと言える。

大画面ながらも横幅がスリムで、片手持ちしやすい形状だ
ノッチ部分は「水滴型」と呼ばれる、面積をとことん小さくした形状だ
画面占有率は91%、本体前面全体に写真や動画を大きく表示できる

 背面パネルには、角度によって異なる光沢を見せる3Dグラデーション加工が施されている。カラーは2色展開で、レッドはワインレッドに近い上品な色合い。ブルーは下部に向けてパープルへと変わっていくグラデーション。いずれもややビビッドな色合いだが、個性を演出しつつ派手すぎない絶妙な配色だ。

背面は本体の角度や光の向きよって異なる輝きを見せる

 R17 Neoはミドルハイとも呼ばれる、高価格帯のハイエンドモデルに近い処理能力をもつ。SoCはSnapdragon 660 AIEでメモリー(RAM)は4GB。ホーム画面やアプリの起動、切り替え操作は高速で、エントリークラスのスマホでは動作が遅くなりがちなデータの読み込みやアプリのインストールなども早く、ストレスを感じずに利用できた。

 アプリや写真などを保存するストレージ(ROM)は128GBとかなり大容量だ。これなら多くのアプリをインストールできるだけでなく、かなり頻繁に写真や動画を撮影しても問題ない。ネット配信の動画を本体にダウンロードし、飛行機や新幹線での移動中に大画面の有機ELディスプレイで楽しみたいユーザーにもうれしい仕様だ。もし容量が足りなくなっても、microSDカードで安価かつ簡単に保存容量を増やすことが可能だ。

UQ mobileのスマホなので
買ってすぐ、お得に使える

 前述のとおり、R17 NeoはUQ mobileの独占専売モデルだ。全国の量販店や取扱店で実際にR17 Neoの使い勝手を試して、その場ですぐに購入できる。また、複雑な設定や手続きなしにすぐに使い始められるのも魅力だ。料金プランも通話かけ放題や、低価格ながらも高速かつ大容量のデータプランが用意されている。

 今使っているスマホから乗り換えて、毎月の料金を抑えつつ高機能なスマホを求めるユーザーなら、UQ mobileで実質負担額2万円台で手に入り、高機能なR17 Neoとのセット契約はかなりおすすめだ。

スマホをより楽に使える機能を満載した
ColorOS 5.2の“使いやすさ”に迫る

 OPPO R17は性能面だけでなく、スマホをより便利に活用できる独自のColor OS機能も充実している。

 R17 Neoでは新たに、電源ボタンを0.5秒長押しで「Googleアシスタント」を起動できるショートカット操作が追加された。音声で「OK,グーグル」と呼ばなくても、より直感的に起動して、スケジュールや天気、周辺情報や気になる株価などをスマートに確認しやすくなった。

電源ボタンを0.5秒長押しするとGoogleアシスタントを起動できる

 スマホを操作するためのソフトキーの設定も充実している。一般的なAndroidスマホと同じ画面下部に3つのナビゲーションキーを表示する設定と、画面上のボタン表示を消して画面の下から上へのスワイプで操作する「スワイプアップジェスチャーナビゲーション」も用意。せっかくの大画面をより広く使いたい場合、ジェスチャーナビゲーションは便利な選択肢だ。

画面上のボタンを非表示にして真の全画面を実現する、スワイプアップジェスチャーナビゲーションも選べる

 大画面ディスプレイは動画のライブ配信アプリを見ながらメールやSNSアプリをチェックするなど、2分割の画面表示にも便利だ。R17 Neoの場合、画面上で3本の指を上方向にスワイプするだけで2分割の画面表示に切り替えられる。タスク切り替えボタンからの複雑な操作は必要なく、気軽に利用できるのがうれしい。

3本の指を上へスワイプするだけで2分割の画面表示に切り替わる

 画面右端のバーを画面の内側へスワイプすると、お気に入りのアプリをすぐに呼び出せる「スマートサイドバー」を表示できる。SNSなどのやりとり中にちょっとカレンダーやマップを調べたい場合に、すぐにアプリを呼び出せて便利。いちいちホームボタンを押して目的のアプリを探さずに済む。また、スマートサイドバーから起動するアプリは好みのものにすぐに変更できる。

画面右端のバーをスワイプすると「スマートサイドバー」を表示。お気に入りのアプリをいつでもすぐに起動できる

 連絡先の追加に名刺の読み取り機能も追加された。ビジネスユーザーにとってかなりうれしい機能だ。使い方は連絡先一覧を表示して、画面上部の名刺アイコンをタップして名刺を撮影するだけ。名刺に記載された名前や電話番号、メールアドレスのほか、所属先や住所までほとんどの内容を一瞬で自動入力してくれる。やや薄暗い場所でも撮影でき、認識精度が高いのには驚かされた。これはふだんから活用したくなる機能だ。

連絡先の追加方法に、カメラでの名刺の読み取り機能が追加された
文字の認識精度も高く、名前や電話番号以外の企業名や住所もしっかり読み取れる

 このほかにも、Color OSには3本の指を下方向にスワイプするだけのスクリーンショット撮影機能や、スマホでカーナビアプリを利用する際に便利な着信への対応を細かく設定できる「スマートドライビング」といった便利機能も用意されている。日常でのスマホ利用で“あればいいのに”という機能をしっかりフォローしてくれる気配りがうれしい。

A.I.対応のデュアルカメラを搭載
高級カメラなみの撮影画質を気軽に楽しめる

 R17 Neoはデュアルカメラ(1600万画素+200万画素)を搭載、インカメラも2500万画素とカメラ機能も充実している。

背景ぼかしを楽しめる、デュアルカメラ(1600万画素+200万画素)を搭載

 さらに、まだ普及価格帯のスマホでは珍しくAIシーン認識も搭載。よく撮影される200のシーンを認識(そのうち16シーンをアイコンで表示)でき、普通のスマホのカメラだとちょっと明るさや色合いが微妙になりそうなシーンでも、自動的に理想的な写りになるよう撮影設定や写真を補正してくれる。

 人物を撮影する場合は、通常のカメラでもAIが自然な印象のビューティー補正を加えてくれる。さらに、ポートレート撮影モードではデュアルカメラを利用した背景ぼかしに加えて、よりソフトな印象の一眼デジカメ風の撮影を楽しめる。

撮影時にシーンを認識すると、画面内に16種類のシーンアイコンが表示される
明暗差がかなり大きい風景も、A.I.シーン認識で見栄えする写真となった
料理はより温かみのある色あいで明るく撮れる
イルミネーションで明暗差が大きい夜景も美しく撮影できた
ポートレート撮影では、背景ぼかしに加えて全体的にコントラストを抑えたやや雰囲気のある写りになる

 2500万画素インカメラのセルフィー撮影は、R17 NeoのAIによるビューティー補正の実力がもっとも体感できる部分だ。「A.I.ビューティーカメラ」は顔の296個のポイントを正確に認識し、さらに800万にもおよぶ美顔データに基づいてナチュラルな美しさを引き出す。また、メインカメラと同様に、背景をぼかす奥行き効果も楽しめるのだ。

2500万画素のインカメラでもAIによるビューティー補正を利用できる。また、背景をぼかす奥行き効果も利用できる

リーズナブルかつハイエンドに迫る高機能
UQ mobileで大画面モデルを選ぶならR17 Neo

 R17 NeoはUQ mobileで実質負担額2万円台というリーズナブルな価格で、大画面&高画質な6.4型有機EL(AMOLED)ディスプレイや、AI対応のデュアルカメラ+2500万画素インカメラ搭載と、高価格なハイエンドスマホ並みの機能を実現。使い勝手、性能、お買い得感の3拍子がそろったスマートフォンだ。

 国内初搭載の「ディスプレイ指紋認証」もただ未来っぽい機能というだけでなく、スマホの大画面化と生体認証の便利さを両立できる実用性も兼ね備えた機能だ。特に、ディスプレイ指紋認証+顔認証の併用は、どんなシーンでも圧倒的にストレスフリーだ。

 R17 NeoはUQ mobileの販売モデルなので、価格を抑えつつも大容量のデータ通信を快適に利用できるほか、全国の量販店や取扱店でR17 Neoの使用感を実際に試せるのも魅力。この冬シーズン、最先端のスマホを求めるユーザーから、月額料金を抑えつつも高機能なスマホが欲しいユーザーまで、購入候補として真っ先にチェックしたいスマートフォンだ。

「R17 Neo」の主なスペック
メーカー OPPO
ディスプレイ 6.4型有機EL(19.5:9)
画面解像度 2340×1080ドット
サイズ 75.5×158.3×7.4mm
重量 約156g
CPU Snapdragon 660 AIE
1.95GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS ColorOS 5.2
(Based on Android8.1)
最大通信速度 下り最大279Mbps
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/
26/28/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:16メガ+2メガ
/イン:25メガ
バッテリー容量 3600mAh
USB端子 microUSB
カラバリ レッド、ブルー
発売時期 発売中

(提供:OPPO Japan)

mobileASCII.jp TOPページへ