OPPO、2眼ハイエンドR17 Proと高コスパのAX7を発表

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年11月26日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合力の高い「R17 Pro」
コスパに優れる「AX7」どっちを選ぶ?

 OPPOは今日11月26日、2眼カメラと画面ない指紋センサーを搭載するハイエンドモデル「R17 Pro」と、4230mAhの大容量バッテリーとSnapdragon 450を最小したコストパフォーマンスに優れた「AX7」の2モデルを発表した。

OPPO R17 Prp
OPPO AX7

 両機種とも今日から予約開始、発売は12月中旬以降の予定。価格はR17 Proが6万9880円、AX7が2万9880円(ともに税別)。どちらもSIMフリー端末としてリリースされる。

リアの2眼レンズも優秀だが
インカメラは2500万画素!

 R17 Proは先日UQ mobileから発売された「R17 neo」の上位モデル。スペックは6.4型有機ELディスプレー(1080×2340ドット))、SoCはSnapdragon 710、メモリーは6GB、内蔵ストレージは128GB、OSはAndroid 8.1をベースとしたOPPO独自のColorOS 5.2を採用する。

 有機ELディスプレーは水滴型ノッチを採用していることもあり、画面占有率は91.5%を誇る。背面パネルは見る角度で色味が変わる「ミストグラデーションカラー」で、指紋が付きにくいマットな仕上げ。さらに画面内指紋センサーを搭載することで、スッキリとしたデザインになっている。

 カメラはアウト側が1200万+2000万画素のデュアルレンズを装備。メインセンサーは1/2.55インチ、F値は撮影シーンに応じてF1.5とF2.4を自動で切り替える。また、夜景モードの「ウルトラナイトモード」はA.I.や絞り可変などを活かしてハードウェアだけでは補いきれない完璧なナイトショット撮影を実現するとしている。

 OPPOといえばインカメラのセルフィーが人気だが、今回も2500万画素のレンズを搭載し、A.I.ビューティーモードで自然に盛ってくれる。顔の296ポイントを正確に捉え、800万のパターンの中から撮影した人物に最適な美肌効果を実現してくれる。

 また、10分間で40%の充電が可能なOPPO独自の高速充電機能「Super VOOC フラッシュチャージ」にも対応する。

 予約は今日11月26日から、価格は6万9880円(税抜)で発売は12月中旬だ。

大画面、大容量バッテリー、高コスパ
「AX7」

 R17 Proとは背面デザインが大きく異なる「AX7」。スペックはディスプレーが6.2型液晶(720×1520ドット)、SoCがSnapdragon 450、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GBとミドルハイクラスだが、R17 Proと同じく水滴型ノッチを採用し画面占有率88.4%を実現、バッテリー容量4230mAhを搭載するタフなモデルになっている。

 バッテリーはAIによる管理システムで使用していないアプリケーションを効率的に停止させることで電力を節約する。

 アウトカメラは1300万画素+200万画素、インカメラが1600万画素。セルフィーのOPPOらしく、高画質なインカメラとA.I.ビューティーモードを採用するなど、抜かりはない。

 そのほか、SIMスロットはトリプルスロット仕様で、nanoSIMカード2枚とmicroSDカードを同時に利用でき、DSDVにも対応する。

 予約は今日11月26日からで、発売は12月中旬。価格は2万9880円(税別)。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ