最上もががINFOBAR衣装を着る

文●南田ゴウ/ASCII編集部

2018年11月30日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INFOBARに触発されたアートを創造する
Inspired by INFOBAR」の作品を発表

 auは11月30日、INFOBARに触発された想いをアーティストが表現する「Inspired by INFOBAR」発表会を開催した。発表会には、ファッションデザイナーの小野原誠氏がデザインした衣装を着て最上もがさんが登壇した。

 「Inspired by INFOBAR」発表会には、最初にau Design Projectの砂原哲氏が登壇。砂原氏はこれまでに開催したINFOBAR関連のクラウドファンディングを解説しつつ「INFOBARのファンはたくさんいる」と語った。

 「Inspired by INFOBAR」はプロ、アマを問わずINFOBARのもつ魅力に触発されて、動かされた想いを表現する場として、INFOBARを題材にした写真をTwitterもしくはInstagramで投稿する「#INFOBAR_Inspire 投稿キャンペーン」を開催する。

 キャンペーン期間は11月30日から2019年2月28日までで、ハッシュタグ「#INFOBAR_Inspire」をつけて投稿し、au Design project公式TwitterもしくはInstagramアカウントをフォローしているユーザーにINFOBARグッズがプレゼントされる。

小野原誠氏は衣装を手がけ
立体と平面の組み合わせをデザイン

 発表会には最上もがさんに加えてファッションデザイナーの小野原誠氏、CRAZY KITCHEN代表の土屋杏理氏とプロデューサーの小泉麻里絵氏、バルーンアーティストの神宮エミ氏が登壇。それぞれINFOBARにインスパイアされた作品をお披露目した。

 最上もがさんの衣装をデザインしたファッションデザイナーの小野原誠氏は、個人購入の「INFOBAR xv」を手に登壇。衣装に関して「INFOBARのキレイなカラーパレットをどう見せるか、スマホでもケータイでもないガラホをどう表現するかを考え、立体と平面の組み合わせでデザインした」とコメント。

ファッションデザイナーの小野原誠氏

 こだわりポイントはブロックの大きさや配置で、小野氏は「mm単位で考えた、全部のボタンの配置も高さが微妙に違う。洋服の中に奥行き感を出している」とコメント。また、奥行きを見せるために7mmの黒い枠を入れているとのこと。

INFOBARインスパイアの
料理とバルーンアートも

 続いて登壇したのは、CRAZY KITCHEN代表の土屋杏理氏とプロデューサーの小泉麻里絵氏。INFOBARのカラバリ「NASUKON」をテーマにした料理を披露した。土屋氏は「青は食的には難しい色だが、ネーミングの美しさを感じられるような作品を企画した」とコメント。

CRAZY KITCHEN代表の土屋杏理氏とプロデューサーの小泉麻里絵氏
カラバリ「NASUKON」をテーマにした料理

 小泉氏は「料理はすべて食べられるもの。平面にとどまらない空間をすべて使って表現したいと考え、食材の美しさをストレートに表現した」と語った。

 最後に登壇したのはバルーンアーティストの神宮エミ氏。バスタブのバルーンアートに関して神宮氏は「バルーンは3色あるのだが、バルーンは1枚膨らませてもこの色は出ない。風船の中に風船を入れて膨らませている。CHERRY BERRYのイメージはかわいいだけではなく、ゴールドとか入れていくと高級感がある。オトナの女性でも高級感を持てるということで、高級感のあるバスタブにたどり着いた」と語った。

バルーンアーティストの神宮エミ氏
バスタブのバルーンアート

 2018年11月29日~12月12日までの期間、「VINYL MUSEUM」でINFOBARをモチーフにしたバルーンアートが展示される。また、このバルーンアートはau SHINJUKU、au NAGOYA、au ABENO、au SENDAIで順次展示される予定。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ