スマホ復活か 負債26億フリーテル創業者が翻訳機で再起

文●山崎潤一郎 編集●飯島恵里子/ASCII

2018年12月06日 16時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気の携帯翻訳機の市場に手強いライバルが現れた。多彩な翻訳機能に加えWi-Fiルーターとしても使えるので、海外旅行で重宝しそうだ

 12月5日、東銀座のビルのレンタルスペースで「KAZUNA eTalk 5」という名の携帯翻訳機の製品発表が行われた。記者席には空きが目立ち、決して盛況とは言い難い状況だったが、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の取材カメラが入っており、小さな会社の製品発表以上の「何かがある」と感じさせるに十分な雰囲気が漂っていた。

フリーテルの民事再生申請から1年で再起を果たした増田 薫氏。携帯翻訳機で勝負する

 それもそのはず、今回の製品を送り出したのは、約1年前の12月4日に、負債総額約26億円で民事再生法適用を申請したプラスワン・マーケティング(POM)の代表 増田 薫氏だ。一般には、ブランド名のFREETEL(フリーテル)と紹介したほうが理解してもらえるであろう。

 有名芸能人を起用した派手な広告宣伝やMVNO事業者として、アグレッシブな設備投資を実施し話題をさらった企業の破綻だった。その直前には、楽天への通信事業売却が大きなニュースになっただけに、メディアや業界関係者の耳目を集める結果となった。

 そのような破綻劇から、1年という短い時間で再び表舞台に登場しただけに、一部には驚きの声も聞こえてくる。「この1年、POM時代に培った人間関係のつながりで、いろいろな人が助けてくれました」(増田氏)と話す。かつては、フリーテル端末を中国でODM生産していたわけだが、今回のKAZUNA eTalk 5も同様だ。「当時おつきあいがあった中国の仲間の応援があったからこそ今回の翻訳機が実現しました」(増田氏)という。

中国深セン市の工場に設置された、KAZUNA eTalk 5の製造ライン。基板の製造は機械化されているが、組み立てや検査工程は基本的に人海戦術。生産・品質管理の厳しさは驚くほど高レベル

自己破産しすべての資産をなくす

 POM破綻後は、個人として自己破産をした。「すべての資産をなくしボロボロの一文無しになりましたが、ODM生産のノウハウやスキルが身についていたおかげで海外進出を目指す企業のコンサル的なアルバイトで食いつないできました」(増田氏)と明かす。

深セン市のレストランで使っている様子。中国の主要LTEバンドには、ほぼ対応している。通信回線の遅延が原因で翻訳待ちのストレスを感じることは少ない

 フリーテル時代は、たくさんのスマートフォンを世に送り出した。今回の翻訳機もそのときのスキルやノウハウが生きているという。携帯翻訳機と言ってもその中身は、通信機能を備えたSIMフリー端末である。一部ローカル翻訳を行う部分もあるが、端末は翻訳エンジンを搭載しておらず、Googleなどのサーバーに接続することで(ほぼ)リアルタイムな翻訳を実現している。

 従って、快適に翻訳を行うためには、通信機能が大きな鍵を握る。「フリーテル時代に共に成長した中国の優秀なODMパートナーや工場の協力もあり、ほかの翻訳機に負けない通信機能を備えています」(増田氏)と胸を張る。今回のKAZUNA eTalk 5の特徴であり、他の翻訳機には搭載されていないWi-Fiテザリング機能や、カメラで撮影した文字の翻訳機能も、スマートフォン製造の経験が生きているのであろう。

 ただ、会社を潰してしまったわけだから当時のステークホルダーの中には不利益を被った人もいよう。そんな人達からすると、増田氏の再起を快く思わない向きもあるのではないか。「各方面にご迷惑をおかけしたことは自覚しております。ただ、債権者の中には、販売などの面で今回のKAZUNA eTalk 5の事業展開を、積極的にサポートしていただいているところもあります」と神妙なおももちで話す。

 また、当時のフリーテル端末や通信サービスのユーザーにとっても、破綻は寝耳に水だったはず。「楽天やMAYA SYSTEMへの事業の引き継ぎがスムースに行われたこともあり、最低限のサポート体制は維持できたと思います」(増田氏)と理解を求める。

 今回、TAKUMI JAPANという会社を興しての再出発となるが、今後の事業展開はどのように考えているのだろうか。携帯電話端末のノウハウとスキルがあり、中国のODM先や工場を確保しているだけに、当然ながら、今後新たな端末ビジネスへの本格進出を狙っていることは想像に容易い。増田氏は、多くは語らないものの「携帯電話端末への進出も狙っており、すでにプロジェクトを進行させています」と明かす。フリーテルのスマートフォンは、コストパフォーマンスの高さでファンも多かっただけに楽しみではある。

主流LTEバンドに対応し翻訳レスポンスの速さが自慢

 最後にKAZUNA eTalk 5について、触れておこう。72言語に対応した通常の音声翻訳機能に加え、翻訳しながらメッセージのやりとりが可能な「チャット翻訳」、メニューや説明書などをカメラで撮影して翻訳できる「撮って翻訳」、最大6台の接続が可能なWi-Fiテザリングと他社製の翻訳機にはない多彩な機能を備えている。

3.5インチの大画面に、シンブルで使いやすそうなユーザーインターフェイスがKAZUNA eTalk 5の特徴。本体サイズ/重量は約59×127.8×11mm/約123g。3.5型ディスプレー(480×854ドット)、1GBメモリー、8GBストレージなどを搭載。SIMスロットはmicroSIM、有線LANはIEE802.11n(2.4/5GHz対応)。12月7日発売。価格は2万6870円

 ただ、最大の特徴は、対応周波数の多さであろう。対応バンドはLTEが1/2/3/5/7/8/19/20/28/38/39/40/41などとなっている。特に、高速通信を可能にする対応LTEバンドの多さは特筆に値する。前述の通り、ユーザーが音声で文章を入力するたびにそのデータを翻訳エンジンに飛ばし、帰ってくる結果を受け取らなければならないので、翻訳のレスポンスは、通信の接続状況に左右されると言っても過言ではない。

ストレスを感じない翻訳レスポンスを実現するために、各国の主流LTEバンドに対応するKAZUNA eTalk 5

 図にもあるように各国の主要LTEバンドに対応している点が、KAZUNA eTalk 5の最大の武器であり、他社の翻訳機に対する大きなアドバンテージであろう。一見すると、KAZUNA eTalk 5の多彩な機能に目を奪われてしまいそうだが、翻訳機としての基本的な機能にもしっかりと目配りしている点は評価したい。

 加えて、他社製翻訳機に見られるように、中国国内で利用するときだけ「中国モード」への切り替えなければならない手間を省いている点にも注目したい。中国国内で使用する場合、通信規制によりGoogleなどの翻訳エンジンが使えないので、接続先を中国系のサーバーに切り替えなければならないのだが、KAZUNA eTalk 5は、これを自動で行ってくれる。些細なポイントではあるが、ユーザーの中には、こような設定変更を見逃したり、操作にストレスを感じる人もいる。

 伸び盛りの携帯翻訳機市場にKAZUNA eTalk 5という手強いライバルが登場したことで、ポケトークやイリーといった既存の人気機種もうかうかとはしていられないであろう。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ