ファーウェイ、「余計なものが見つかった」「スパイウェアに似た挙動」といった報道に事実無根と反論

文●ASCII編集部

2018年12月18日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーウェイは、国内メディアによる一部報道内容について、ニュースリリースで「事実無根」として否定。法的手続きを進めていると発表した。

 同社が言及しているのは主にフジテレビ系列で報道された内容を指しているものと思われる(https://www.fnn.jp/posts/00397920HDKhttps://www.fnn.jp/posts/00401620HDK)。7日の報道では与党関係者談として「製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」といった内容が、17日の報道では前述の内容をファーウェイ側が否定したこととともに、自衛隊出身のセキュリティー専門家が入手した情報として、日本のある法人向けのファーウェイ製スマホを分析したところ、ネットの閲覧履歴情報などを盗める悪質なソフトウェアが発見されたという内容を紹介している。

【12/19 18:30追記】
 上記リンクのうち、17日掲載分の記事については、FNNのサイト上から削除されていることを確認した。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ