Xperia XZ3を守るためフリップタイプのケースを装着した

文●中山 智 編集● ASCII編集部

2018年12月20日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスプレーも背面もカバーするケースがいい!

 「Xperia XZ3(ソフトバンク版)」は背面ガラスの処理が秀逸で、キラキラと美しいだけでなく、肌触りも滑らかです。そのためしばらくケースはつけずに運用していたのですが、思いのほか滑らかなので手から落としそうに何度かなりました。またちょっとした傾斜があると滑って落ちてしまうことも……。

背面がツルツルなので落としそうで怖い

 そこでケースを装着して運用することしました。購入したのはトリニティの「Xperia XZ3 [FlipNote Slim] クラリーノ フリップノートケース」(直販価格:2981円)。名前のとおりフリップタイプのケースです。

トリニティ「Xperia XZ3 [FlipNote Slim] クラリーノ フリップノートケース」(直販価格:2981円)

 側面と背面だけのカバーも考えたのですが、Xperia XZ3はディスプレー面のガラスもカーブしているので、ガラスフィルムでは完全に覆うのは厳しそう。またディスプレーの縁で操作する「サイドセンス」もあるので、フィルムは貼らない方がいいかなとも。そこで前面もカバーできるフリップタイプをチョイスしました。

フリップカバーで全体をカバーする

 本体を装着する部分はやわらかいTPU素材を採用。電源や音量、カメラボタンの部分は空いておらず完全にカバーしています。下部のType-Cポートはやや大きめに空いているので、コネクターがちょっと大きめでもしっかり挿せます。

右サイドのボタン類はしっかりとカバー
Type-Cの周辺は大きめに空いている

 ケース表面の素材はクラリーノ。高級感のある手触りで、しかもしっかりと手にフィットします。これなら滑り落ちる危険性はなさそうです。ちなみにカラーはスウェードレッドを選んでいます。

人工皮革のクラリーノを素材として採用

全面をカバーするがサイドセンスも使える

 Xperia XZ3に装着してみるとかなりいい感じです。気になっていた「サイドセンス」も問題なく利用できます。ケース自体がスタンドになってテーブルなどに置けるので、動画視聴などにもピッタリ。また、ハンドストラップも同梱しているので、手首に通して使えば、万が一手から落としてしまっても安心です。

サイドセンスもちゃんと使えた
スタンドにもなるので動画視聴がはかどる
ストラップ同梱なので、別途用意しなくてもいいのが◎

 唯一気になる点は、背面部分に厚みがあるので、指紋認証センサーに指が届きにくいこと。指をグッと入れ込まないとセンサーまで届きません。とはいえ指紋認証センサーの反応が悪くなるようなことはなく、意識して指を動かせばちゃんと機能としては使えるので問題はありません。

ケース背面の厚みで指紋認証センサーまでが若干遠い

 というわけでしばらくこのフリップタイプのケースでXperia XZ3を使っていこうと思います。

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ