ドコモが1位 auが2位 携帯キャリアの使用ランキング

文●ラモス/ASCII

2019年03月12日 17時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は3月12日、15歳~69歳の男女4万3689人を対象に実施した「2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表。調査期間は2月15日~2月22日で、調査方法はインターネット。

ドコモが1位 auが2位 携帯キャリア順位

 メインで利用している携帯電話・スマホの通信事業者を聞くと、「ドコモ」は33.8%、「au」は26.1%、「SoftBank」は19.2%。大手3キャリアをあわせて79.1%だった。2018年9月の同様の調査と比較すると80.6%から1.5ポイント減で、2018年3月の調査と比較すると 82.6%から3.5 ポイント減となる。

楽天モバイルが1位 mineoが2位 格安SIMランキング

 格安SIMを利用する人にメインで利用するサービスを聞くと、「楽天モバイル」は25.1%、「mineo」は12.7%、「UQ mobile」は10.7%。

楽天モバイルが1位 音声通話プラン順位

 契約プラン別に利用する格安SIMサービスを見ると、音声通話プラン契約者は「楽天モバイル」が28.6%、「mineo」は14.0%、「UQ mobile」は12.4%。データ通信プラン契約者は「楽天モバイル」が16.8%、「OCN モバイル ONE」は12.4%、「mineo」は9.4%だった。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ