2万5000円で買えるXperia L3はヨーロッパで人気者

文●山根康宏 編集●ASCII編集部

2019年04月25日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発表会触れられず実機展示もなかった
「Xperia L3」が人気に!

 「Xperia 1」が国内で発表されましたが、今年のXperiaシリーズはすでに海外で「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」が発売されています。そしてこれらのモデルに隠れて、実はもう1機種がヨーロッパなどで販売されています。それが「Xperia L3」です。このXperia L3、ヨーロッパでは結構な人気商品になっているとか。実際にパリで見てきました。

海外で販売中のXperia L3

 Xperia L3の価格は199.99ユーロ(約2万5000円)と、Xperiaシリーズとしては破格の安さ。これまでXperia L2、Xperia L1と毎年発売されてきましたが、今回のモデルもこれまでのシリーズ同様MediaTek製のCPUを採用することで価格を抑えています。

 しかし、本体のデザインは左右のベゼル幅が薄くなり、さらに18:9のアスペクト比となったためよりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

今までのLシリーズとはかなり雰囲気が異なる外観

 背面側はカメラがデュアルとなり、右上に縦に並ぶデザインとなりました。本体カラーはブラック、ゴールド、シルバーの3色展開。もう少し遊びが欲しいところですが、Lシリーズは「はじめてのXperia」「万人向けのXperia」という位置づけでしょうから、無難な色合いを採用したと思われます。

背面はデュアルカメラが縦に並ぶ

 本体上部に3.5mmのヘッドフォンジャックが健在なのもうれしいところ。やはり手軽に音楽を聴きたいときは、市販のヘッドフォンが使えるほうが便利ですから。本体サイズは約72×154×8.9mm、重さは156g。縦に若干長くなっているものの、横幅、厚み、重量は過去のL2やL1よりもサイズダウンしています。

ヘッドフォンジャックは残されている

 指紋認証センサーは側面に。一昔前のXperiaの流れを汲んでいますね。実はパリのこのお店でこのXperia L3を触わろうとしたところ、数名の先客がじっくり操作しておりなかなか自分の番が回ってきませんでした。

 ほかの家電量販店でも触っているお客さんを見かけたのですが、やはり200ユーロの価格と仕上げの良さ、そしてソニーブランドならではの安心感が人気になっているのかもしれません。筆者もこの値段なら買ってもいいかな、と思っちゃいました。

側面の指紋認証センサーは実は使いやすいと思うところ

 1300万画素+200万画素のカメラは価格相応といったところですが、日常的なスナップを撮影するには十分でしょう。変に気取らず、さっと取り出しその場を撮影できる気軽さがXperia L3のカメラの魅力と思えます。

カメラ周りはメニューも少なく使いやすい

 「2万円台でXperiaが買えるなら海外用にいいかな」と思って在庫を聞いたところ「売り切れで明日入荷」と言われてしまいましたが、これはよかったのか悪かったのか。これまでのLシリーズは「価格を抑える」ことを第一にしていた印象があったのですが、Xperia L3は他社のミッドレンジ機が明確なライバルであり「デザインの良さ」「仕上げの良さ」「価格の安さ」で十分勝負できると思います。

他社の同価格機と比べるとコストパフォーマンスは高そう

 Xperia L3が日本に投入されることはないでしょうが、もしもMVNOが扱えば思い切った割引価格で販売することもできそう。Xperiaユーザーの2台目にもいいでしょう。ハイエンド機ばかりに注目が集まるソニーですが、Xperia L3は日本では知られぬ隠れたベストセラー機になるかもしれません。そしてこのミッドレンジ機にも注目が集まれば上位モデルのXperia 1、Xpeira 10の海外での販売にもいい影響を与えるはずです。海外旅行時にXperia L3を見かけたら、旅行のお供にするのもいいかもしれませんよ。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

http://ascii.jp/elem/000/001/179/1179201/

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

mobileASCII.jp TOPページへ