日本版Galaxy A30に、海外版Galaxy A30/A20のケースを装着したが入らない!

文●山根康宏 編集●ASCII編集部

2019年06月11日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本のGalaxy A30に、海外Galaxy A30用ケースをはめてみる

 コスパ重視のGalaxyシリーズ、「Galaxy A30」が日本でも発売になりました。海外ではすでに回転式カメラを搭載した「Galaxy A80」など、2019年のGalaxy Aシリーズは9機種が発売または発表されています。この中で、Galaxy A30は6.4型の大画面にデュアルカメラ搭載と、低価格モデルながら欲張った機能を搭載しています。

 日本にもこのGalaxy A30が投入されたわけですが、実はグローバル版とはスペックが多少異なっています。まずはカメラ性能がグローバル版と異なっており、ストラップホールが左下に追加されました。そして防水対応になり、おサイフケータイも搭載しています。

低価格なのに防水とおサイフ対応がうれしいGalaxy A30

 実は日本版のGalaxy A30のカメラ構成は、グローバル版のGalaxy A20と同一です。Galaxy A20はGalaxy A30のカメラ性能とメモリ構成を引き下げた製品で、Galaxy A30の姉妹機と言える製品です。

 それでは海外で販売されているGalaxy A30、A20のケースは日本版のGalaxy A30で使えるのでしょうか? まずは3機種のサイズを比べてみます。

  • Galaxy A30(海外) 74.7×158.5×7.7mm
  • Galaxy A30(日本) 約75×160×8mm
  • Galaxy A20(海外) 74.7×158.4×7.8mm

 困ったことに日本のGalaxy A30は正確なサイズではなく、「約」と大まかな数値しか発表されていません。とはいえベースモデルは海外版と同じでしょうから、極端にサイズが変わるとは思えません。また姉妹機のGalaxy A20は、Galaxy A30よりわずかですが高さが短く、厚みが増しています。

 では実際にケースは使えるのでしょうか? 先日COMPUTEXの取材に行ったときに、台北のスマートフォンショップやサムスンストアで3種類のケースを買ってきました。

台湾で買ってきたケース3種類
  • TPU:Galaxy A20/A30兼用
  • シリコン:Galaxy A30用
  • フリップ型:サムスン純正Galaxy A20用

 まずはTPUのA30/A20兼用版から。透明ながらやや硬めな素材ですが、日本版のGalaxy A30にうまいこと装着できます。ただしストラップホール部分に穴が開いていないので何らかの工夫をする必要があります。ちなみにこのケースは、ケースそのものにストラップホールが開いていました。Galaxy A30日本版とは逆側の右側ですが、これはこれで便利です。

TPUケースはGalaxy A20とA30兼用
日本版Galaxy A30に問題なく装着できた

 裏側を見ると指紋認証センサーやカメラの位置が若干合っていないようにも見えますが、センサーやカメラが隠れることは無いのでこのまま使って問題はなさそうです。

カメラの位置はずれているようだが実用上は問題ない
ケースにストラップホールが開いていた。ただしGalaxy A30本体とは反対側

 次に若干やわらかいシリコン素材のGalaxy A30用をはめてみました。これも問題なく装着できます。日本版のGalaxy A30は防水などにより本体厚みが増していると思ったのですが、多少サイズが違ってもケース側でそれを吸収できる差のようです。

シリコンのGalaxy A30用ケース
こちらも問題なく装着可能

 それではサムスン純正のGalaxy A20のフリップケースはどうでしょう? さすが純正品だけあって質感もよく、Galaxy A30がかっこよく見えそうです。A20とA30の高さの差は0.1ミリですから、入りそうな気がします。

さすがは上品な純正の「WALLET COVER」
背面の仕上げもいい感じだ

 ところが日本版Galaxy A30をはめようとしても、長さが足りずに装着することができませんでした。もしかすると日本版のGalaxy A30はわずかに本体の長さが伸びているのかもしれません。Galaxy A20用として売っている製品は、Galaxy A30用よりわずかに短くなっているのでしょう。今回は純正のGalaxy A30用ケースが見つけられなかったのですが、こうなるとぜひ買って試してみたいもの。

純正品はサイズがシビア、Galaxy A20用フリップケースに日本版Galaxy A30は装着できず

 Galaxy A30のケースは今後アマゾンなどで海外品が大量に販売されることでしょう。購入時は必ずGalaxy A30用であることを確認するのは当然ですし、今回はGalaxy A30/A20兼用のケースも使えましたが、安全を見るなら兼用品は本当に使えるか確認したほうがいいかもしれません。そしてGalaxy A20用というケースははまらない可能性もあります。

Galaxy A30はおサイフとしても使えるので、ケースは必需品

 海外でケースを買うときも、実機を持って行ってその場で試すほうがいいでしょうね。ちなみに台北のサムスンストアで「Galaxy A20のケースにGalaxy A30は入りますか?」と聞いたところ、「Galaxy A20用として販売しているので、公式には他の機種の対応はお答えできません」という模範解答が返ってきました。海外でケースを買うときは、店員さんを困らせないようにしましょう(笑)。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

http://ascii.jp/elem/000/001/179/1179201/

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク