クアルコムの技術を採用したワイヤレスイヤホンが約7400円から

文●金子麟太郎 編集●ASCII編集部

2019年07月08日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クアルコム製QCC302Xチップセットや、Bluetooth 5.0などを搭載した最先端のワイヤレスイヤホン「MIFE FREE」が、クラウドファンディング「Kickstarter」で支援を募集している。価格はなんと69ドル(約7400円)から選択できる。

 本機は、音質にこだわっており、クアルコムのaptXオーディオコーデックや5mmのドライバーなどにより、高音質で低音の強度が増しているとのこと。また、左右それぞれのイヤホンをスマホなどの端末とペアリングでき、それぞれのイヤホンが同時にシグナルを受け取る。この仕組みにより「接続が安定し、音の遅延や途切れがない」と説明している。

 ワイヤレスイヤホンで音質と同じくらい重要なのが、連続駆動時間(再生時間ともいう)。MIFE FREEはイヤホン単体で8時間の再生ができ、1800mAhバッテリーを搭載した革製の専用ケースを使うことで、133時間の再生ができる。また、専用ケースは国際規格「Qi(チー)」に対応しており、ワイヤレスで充電できる。

 ハードとして優れているのは、音質や充電ケースだけではない。MIFE FREEは、IPX7等級の防水性能を備え、最大30分間、最大1メートルの深さまで水没させることも可能。もちろん雨や汗にも強い仕様となる。このほか、タッチ操作や音声アシスタント機能に対応する。

 カラーバリエーションは、赤/黒/青の3色。ケースもイヤホンに合わせてそれぞれカラーリングされている。音質については実際に聴いてみないと何とも言えないが、接続の安定性や耐久性能、ワイヤレス充電対応の革製ケースなどを考慮すると、約7400円からという価格設定は安いと感じる。少しでも多機能な本機に魅力を感じた方は、支援してみてはいかがだろうか。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


mobileASCII.jp TOPページへ