小型端末のUnihertz、今度はQWERTYキー付きスマホ

文●オカモト/ASCII編集部

2019年07月23日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Jelly Pro」「Atom」と技適も取得した小型スマホで話題になったUnihertz。今度はQWERTYキー付き端末「Titan」の開発を予告しており、一部スペックも公表している。

 画面サイズはスクエアな4.5型(1440×1440)で、防水・防塵・耐衝撃対応。6GBメモリー+128GBストレージに、6000mAhバッテリーを搭載する。スペックからもわかるように、サイト上の画像ではかなり大柄で、またキーについてはかなり割り切った配列のように見受けられる。より詳細な情報についてはこれからの公開で、今回もKickstarterでのクラウドファンディングを展開する模様。今後に期待したい。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ