スマホと車・バイクを「便利なまま」つなげるSDLって知ってる?

文●柴田文彦 編集●村山剛史/アスキー編集部

2019年08月09日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 クルマとスマホをつなぐ規格である「SDL」。賞金総額100万円の大規模なアプリコンテスト「SDLアプリコンテスト2019」が今年も開催されるが、実はSDL対応アプリを作るのは、それほど難しいことではない。
 極めて簡単で、1行もプログラムを書いたことがない人でも楽勝!
 ――とまでは言えないが、本連載ではこれから、SDLとはどういったものなのか、対応アプリはどうやって作ればいいのかを解説する。そのなかで、基本的な要素のサンプルコードは掲載していくので、それらを参考に(もっと言えばコピペ)しつつ、ぜひ自分の思い付いたアイデアを実現していただきたい。
SDLの開発キット(矢印)を、実際に愛車に実装して試してみる九州産業大学理工学部の合志和晃教授

車載機器とスマホを連携するSDLの基礎知識を公開

 アプリ開発コンテストなども開催され、「SDL」という語も、最近では徐々に市民権を得はじめている。ただし、たった3文字の略語なので、ここで取り上げるSDLとは違うSDLを連想する人もいるかもしれない。本記事で解説するSDLは、「Smart Device Link」の略。日本語に直訳すれば、「スマートな機器接続」ということになる。と無理に訳してみても、それだけでは何のことかわからないだろう。

 このSDLが活躍する場は、車の中やバイクの上と言えば、かなりイメージが絞り込まれてくるはず。SDLは、主に車とスマホの連携動作を狙ったものなのだ。SDLが想定するスマートデバイスは、スマホだけではなく、それと接続し、連携して動作する車側の機器も含んでいる。スマホを持って車に乗り込んだり、バイクにまたがれば、スマホと車載器が通信して、新たな環境で動作を始める。

 つまりSDLは、車の中やバイクの上でスマホを安全に、かつ効果的に利用するための仕組み、それを実現するための規格のことだ(図1)。

図1 SDLが言う「Smart Device」とは、ユーザーが使っているスマホだけでなく、車の車載器、あるいは車そのものも指す

Q:Car PlayやAndroid Autoとの違いは?
A:SDLはスマホやOSに依存しないので公共性が高い!

 SDLの仕組みを聞いて、AppleのCar Playや、GoogleのAndroid Autoを思い浮かべる人も多いだろう。確かに大きな目的を考えれば、これらはほぼ共通するものを持っている。コンセプトや実現方法には違いがあっても、車・バイクとスマホを組み合わせて使うという点では、動作環境としても大きな違いはない。

 ただし、Car PlayやAndroid Autoが、スマホのメーカー、あるいはそのOSメーカーが主導する規格であるのに対し、SDLは多くの自動車メーカー、車載器メーカー、ソフトウェア会社、アプリ事業者などが参加するコンソーシアムが主導する規格となっている点は、大きな違いだ(図2)。

図2 SDLは、車メーカー、機器メーカー、ソフトウェア企業、アプリ事業者などが参加するコンソーシアムによって運営されている

 同じようにスマホと車を接続するとしても、Car PlayやAndroid Autoは、スマホのプラットフォーマー側からのアプローチであるのに対し、SDLは車・バイクメーカーなどからのアプローチということになる。この部分に関して言えば正反対となっている。

 この違いが、規格としての性格や、最終的にできることの違いに影響する面もある。また、そうした違いがあることで、SDLとCar Play、あるいはSDLとAndroid Autoは、必ずしも競合するだけではなく、ある意味補完的な関係となることも考えられる。

 スマホのメーカーやOSとは直接関係のないコンソーシアムが主導する規格のメリットとして、スマホのハードウェアやOS、そしてビジネス上の利害関係に依存しないという点は重要だ。

 現在のSDLは、スマホのOSとしてiOSとAndroidの両方をサポートしている。もし将来、別のOSが一般的になるようなことがあれば、SDLはそれもサポートする可能性が高い(図3)。つまりスマホ側が主導する規格に比べて、公共性の高いシステムを提供できる可能性が高く、将来性も期待できるのだ。

図3 SDLの最大の特徴の1つは、特定のスマホの機種、OSに依存しないこと

Q:SDLで具体的に何ができるの?
A:スマホアプリを車両側で操作可能になる

 SDLによって実現される機能のなかで、最も基本的なものは、スマホのアプリ画面を車載器のディスプレー(カーナビ画面など)に表示し、なおかつ車載器側で操作できるようになること。単に車載器を外部ディスプレーとして、既存のアプリの画面をそのまま投影することもできなくはない。しかし、本当に目指しているのは、SDL対応アプリのユーザーインターフェースを車載器のディスプレーに表示し、操作することだ。

 その際には、音声による情報の提示や、音声コマンドによる操作が重視される。また画面をタッチする操作にしても、通常のスマホアプリに比べれば、かなり大きなボタンを表示することで、画面を注視することなく操作できるように考えられている。

 さらに、最初からSDLを意識して設計された車・バイクの場合には、車載器の画面をタッチする操作だけでなく、車・バイク本体のコンソールやハンドルなどに装備されている物理的なスイッチ、あるいはスピーカーやマイクが利用可能となる。

 これは、後付の車載器だけでは実現できない操作環境だが、アプリの動作が完全に車内環境に溶け込んで、安全かつ、確実な操作を可能にする。このあたりは、上で述べたように、車側からのアプローチとしてのSDLの面目躍如と言える部分だろう(図4)。

図4 車・バイク本体がSDLに対応していれば、ハンドル上に設置されたボタン類や車載マイクなどをアプリから入力装置として利用できる場合もある

 車・バイク側の積極的な関与によって実現できることは、それだけではない。SDLでは、車・バイク側からアプリに対して、車両や走行状態、その他のステータスなど、さまざまな情報を提供することもできる。

 こうした情報は、車種や装備にもよるが、たとえば、走行速度や加速度、アクセルやブレーキペダルの、ドライバーによる操作状態、燃料の残量、タイヤの空気圧なども、提供可能な情報に含まれている。また車両そのものではないが、カーナビ用のGPSを装備していれば、現在の位置情報を車載器からアプリに提供できる可能性がある(図5)。

図5 スマホアプリは、車・バイクに搭載されたGPSのデータを受け取ることができ、画面をそのまま車載器のディスプレーに投影して、カーナビとして使うこともできる

 アプリと車載器が最初に通信する際に、アプリは、車載器からどのような情報が得られるのかを知ることができる。それによって、車・バイク側から取得可能な情報に応じたアプリの動作を的確に実現できるわけだ。

 SDL対応アプリを動作させるスマホは、運転者や同乗者から見える位置に置いておく必要はない。スマホと車載器はUSBによる有線接続だけでなく、Bluetoothによる無線接続も可能だ(図6)。

図6 SDLに対応したアプリは、ほとんどすべてのスマホが装備しているUSB(有線)またはBluetooth(無線)によって車載器と接続され、互いに通信して動作する

 車載器とSDL対応アプリが動作可能な状態にさえなっていれば、カバンの中に入れっぱなしでも構わない。むしろその方が、運転中でも安全にスマホを利用できるようにするというSDLの大きな目的の1つにかなっている。

 その際にも、表示や操作以外の部分はスマホとして機能し続ける。たとえば、電話の着信を車載器のディスプレーや車両のスピーカーで運転者に通知し、ハンズフリーの通話を実現することも可能だ。

 また、当然ながらスマホとしてインターネットにも接続できるので、インターネットから取得した情報をアプリの動作に反映させることができる。もっと単純に、ニュースなどを車載器ディスプレーに表示したり、音声で読み上げるといったことも可能だ。

MaaSを促進する手段としてのSDL

 少し前から、「なんとか・アズ・ア・サービス」という言葉が流行っている。その「なんとか」には、たとえば「ソフトウェア」など、いろいろな言葉が入る。簡単に言えば、その「なんとか」をサービスとして、手軽に切り売りできるようにする仕組みのことと考えれば良いだろう。業者にとっては、何らかの機能を提供しやすく、消費者にとってはそれを利用しやすくする。

 そして、最近ではその一種として「MaaS」というものが提唱され始めた。これは「モビリティ・アズ・ア・サービス」の略で、要するに「なんとか」のところに「モビリティ」を入れたもの。

 この場合のモビリティとは、「移動手段」といった意味だ。自転車やバイクから、乗用車、バス、そして電車や船、飛行機など、あらゆる乗り物を考えることができる。消費者は、それらをニーズに合わせて自由に組み合わせ、最も効率よく目的を達成できる。

 SDLを利用することで、車やバイクを、MaaSにおける移動手段の1つとして組み込みやすくなることは、容易に想像できるだろう。利用者は、スマホを持ち歩くだけで、駐車場などに待機している車・バイクを簡単に利用できるようになる。解錠からエンジン始動、走行距離や燃料消費量に応じた支払い、返却処理まで、ほとんどの手続きを自動化することが可能となるだろう。

 さらに、自分が普段使用しているスマホを、そのまま車内に持ち込んで利用することができるので、たとえば音楽再生時に利用するアプリにしても、慣れ親しんだ環境が簡単に再現できる。それによってライドシェアなどの車両でも、かなり抵抗なく利用できるようになるはずだ。

 こうした点まで考えると、SDLは人と車の関係を、これまでとは大きく変える可能性を秘めていると言えるだろう。

「クルマとスマホをなかよくする SDLアプリコンテスト2019」

主催:SDLアプリコンテスト実行委員会(事務局:角川アスキー総合研究所)
協力:SDLコンソーシアム日本分科会、株式会社ナビタイムジャパン
後援(予定): 独立行政法人国立高等専門学校機構、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会ほか
応募締切:2019年10月31日(木)24:00
募集内容:エミュレーターか開発キット上で開発したSDL対応アプリ(既存アプリの移植、新規開発)
募集対象:年齢、性別、国籍等不問。個人・チームどちらでも応募可
応募方法:プレゼンシートと動作解説動画をWebフォームで応募
審査:審査員が新規性、UX・デザイン、実装の巧みさ等で評価
最終審査会:2019年11月22日(金)
審査員:暦本純一(東京大学情報学環教授)、川田十夢(AR三兄弟長男)ほか
グランプリ:賞金50万円+副賞
特別賞(5作品):賞金各10万円
公式サイト:http://sdl-contest.com/

■関連サイト

(提供:SDLコンソーシアム)

mobileASCII.jp TOPページへ