ファーウェイ、独自UIの最新版「EMUI10」を発表

文●ASCII編集部

2019年08月16日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーウェイは同社主催の開発者イベントにおいて、同社スマホ向けUI「EMUI」の最新バージョン「EMUI10」を正式に発表した。

 EMUI10では分散型テクノロジーを採用し、複数の端末間での音声通話やビデオ通話の共有(たとえば電話に着信した通話のスマートスピーカーや車載システムでの応答)、端末間でのタスクの同機などに対応したとする。

 また、背景が黒ベースになるダークモードの追加、リードオンリーのファイルシステムに独自技術の「EROFS」を採用することで、Ext4と比べて、パフォーマンスが平均20%向上しているなどの特徴も持つ。

 EMUI10はベータ版のテストが実施されるほか、次期フラグシップ機の「HUAWEI Mate」シリーズに採用されることもすでに公表されている。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ