ポルシェが680psのハイブリッドカー「新型カイエン」を発表

文●金子麟太郎 編集●ASCII編集部

2019年08月21日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポルシェはSUVの「カイエン」と「カイエン クーペ」シリーズの新モデルとして、「カイエン ターボS Eハイブリッド」と「カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」の計2モデルをドイツで発表した。日本への導入は未定。

写真の左から「ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」と「カイエン ターボS Eハイブリッド」

 いずれも最大出力136psの電気モーター(電気走行モード)と、最高出力550psの4リッターV8ツインターボエンジンを併せ持つハイブリットカーとなる。

 リリースによると、電気モーターをV8エンジンと8速ティプトロニックSとの間にレイアウトしており、最高出力680ps、最大トルク900Nmを発生させることが可能だという。最高時速は295kmで、わずか3.8秒で時速100kmに到達できる。

わずか2.4時間で満充電が可能

 一方、電気モーターのみの最高時速は135kmで、EVモードに切り替えると40km(航続距離)の走行を可能とする。リチウムイオンバッテリーの容量は14.1kWhで、わずか2.4時間で満充電できる。Porsche Communication Management(PCM)、またはPorsche Connectアプリ(スマートフォンおよびApple Watch用)を使うと、充電スケジュールを設定できる。

カイエンの内装

 平均燃料消費量は3.9〜3.7L/100km(NEDC)で、平均電力消費量は19.6〜18.7kWh/100kmとなる。このほか、Appleの「CarPlay」、Type-Cの充電ポート、スマホストレージトレーなども用意されている。

 カイエンは2003年にポルシェ初のSUVとして市場投入されたもの。その後2011年にはカイエンよりも小型な「マカン」を発売。近年では電気自動車の市場もテスラを筆頭に拡大しており、ポルシェも2019年2月に、マカンの時期モデルを完全な電気自動車にすると発表している。今後さらに電気自動車の市場が盛り上がることは間違いないだろう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


mobileASCII.jp TOPページへ