待望の超広角搭載! 「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro MAX」の3眼カメラがスゴイ

文●ASCII編集部

2019年09月11日 05時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルが10日(現地時間)に発表した5.8型の「iPhone 11 Pro」と6.5型の「iPhone 11 Pro MAX」の詳細をお伝えする。

iPhone 11 Pro

 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MAXは基本的に画面の大きさと解像度が違うだけで、スペックもカメラ性能も同じなので、大きさの好みで選ぶといいだろう。

 ディスプレーはiPhone 11 Proが5.8型(2436×1125ドット)、iPhone 11 Pro MAXが6.5型(2688×1242ドット)で、ともに有機ELを搭載する。3D Touchはなくなり、iPhone XRに採用されていたHaptic Touchに統一された。

 スペックはCPUに1秒間に1兆回の計算ができるというA13 Bionicを新搭載。内蔵メモリーは公開されていないが、内蔵ストレージは64/256/512GBの3種類が用意されている。外部ストレージには対応しない。SIMスロットはデュアルだが、nanoSIMとeSIMなので、実質シングルスロットになのもiPhone XR/XSから変わらない。

ヘビーなゲームもグリグリ動くA13 Bionic

 最大の変更点はカメラ。最近のハイエンドAndroidスマホで主流になっている3眼カメラがiPhoneにも搭載された。カメラのスペックはそれぞれ1200画素の標準(26mm、F1.8)、1200万画素の望遠(52mm、F2.0)、そして新たに加わった1200万画素の超広角(13mm、F2.4)だ。超広角は120度という広範囲で撮影できるため、景色のスナップや、大人数でのグループショットに便利そうだ。また、ナイトモードも搭載され夜景もキレイに撮影できるように。

3眼カメラになり、これまで以上にハイクオリティーな写真を撮影できるように

 インカメラはiPhone XSシリーズの700万画素から大幅スペックアップの1200万画素(F2.2)になった。さらにインカメラでスロー撮影が可能になり、新しい写真体験を可能にする。

超広角カメラは120度の視野になる
新搭載のナイトモード。苦手だった夜景もご覧のとおり
超広角でグループショットが撮りやすくなった

 前後の4つのカメラをひとつの画面に映し出して撮影できるモードも加わり、カメラ機能は大幅に進化した。

 そのほか、防水防塵はIP68で、Bluetoothは 5.0。Wi-FiはWi-Fi 6(11.ax)に対応。OSは最初からiOS 13が搭載される。

 カラバリはミッドナイトグリーン、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4色。新しく加わったミッドナイトグリーンに注目が集まりそうだ。

  iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro MAX
ディスプレー 5.8型液晶 6.5型液晶
画面解像度 2436×1125ドット 2688×1242ドット
サイズ 約71.4×144×6.4~8.1mm 約77.8×158×8.1mm
重量 約188g 約226g
CPU A13 Bionic A13 Bionic
内蔵ストレージ 64/256/512GB 64/256/512GB
OS iOS13 iOS13
カメラ画素数 リア:1200万画素(広角、26mm、F1.8)+1200万画素(望遠、52mm、F2.0)+1200万画素(超広角、13mm、F2.4、120度)
/イン:1200万画素(F2.2)
リア:1200万画素(広角、26mm、F1.8)+1200万画素(望遠、52mm、F2.0)+1200万画素(超広角、13mm、F2.4、120度)
/イン:1200万画素(F2.2)
無線LAN 802.11ax 802.11ax
Bluetooth 5.0 5.0
防水/防塵 IP68 IP68
Qi対応
生体認証 顔認証 顔認証
カラバリ ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールド ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールド

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ