21:9に慣れたXperiaガチ勢にはiPhone 11 Proはもの足りない【君国泰将】

文●君国泰将

2019年09月12日 18時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アップルの発表会を見たライターの方々に新型iPhoneをどう感じたか、率直な意見を聞きました。アップル好きな方から普段はアップルに興味がない方まで、多種多様な感想が集結! 今回は自他共に認めるソニーマニア、そしてXperiaマニアのライター・君国泰将氏が、iPhone 11 Proを語ります。

iPhoneの安定っぷりはうらやましいが
それでも私はXperia

 Xperia大好きライターの私ですが、そもそも重度のガジェオタなのでアップル製品も毎度興味津々。iPhone 3Gが上陸した時は発売日に手に入れ、その後は毎年のごとく買い替えてきましたが、iPhone 6あたりから興味は失速し今はiPhone 8でとどまっています。

 iPhone 11 Proですが、すでに3眼カメラを搭載することは噂で目にしていたので、予想通りだったという感想とは別に、「ボトムズ」だの「タピオカカメラ」だのと大喜利大会が始まっていてSNS界隈が賑わっています。自分には、鳥山明先生のキャラ絵にしか見えません。

 Androidメインで使っている筆者からすると、iPhoneの凄いところはOSの安定っぷりにつきます。こんなに歴代を使ってきて致命的な不具合に悩まされることもなくヌルヌル動くなんて、Androidユーザーからしたら凄いとしか言いようがなく。

 しかし、あえて言えば、ダメな子が成長するかの如く変わるOSや、振り幅の広い自由なハードの変化といった楽しみがiPhoneには少し欠けるところがあり、新しいの買ったぞ! と自慢したい筆者としては買い替えのテンションが下がっている理由でもあります。

 さて今回の新しいiPhoneはというと、トレンドの3眼カメラを搭載、60fpsの4K動画を撮れることと、新しいUIあわせてかなり楽しそうです。5Gには対応していないものの、Wi-Fi 6に対応しているのは素敵。

 狭額縁に有機ELディスプレーは良さそうですが、最近すっかりXperia 1の21:9の細長ディスプレーが染み付いてしまい、アスペクト比からして横に太く思えることもあります。筆者の一番の気になるポイントでもあったコネクターは、USB Type-CにはならずLightning続投だったことが残念です。

映画鑑賞にも最適な21:9のディスプレーが最高

 iPad Proは先んじてUSB Type-Cに変わったことで、他のガジェットとケーブルを共有できてめちゃくちゃ重宝していただけに惜しいですね。そろそろiPhoneを新調したいのですがまだ静観するかもしれません。

ソニー好きライター・君国泰将氏

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ