浮かれずにいられない「iPhone 11 Pro Max」ファーストインプレ

文●ジャイアン鈴木 編集●ASCII編集部

2019年09月20日 15時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールドからの買い換えです

浮かれずにいられない
「iPhone 11 Pro Max」ファーストインプレ

 ヘイヘイヘーイ! ティーララララリラ! こんにちは、ジャイアン鈴木です。はい、浮かれています! 今年も新型iPhoneを購入しました。選んだのは「iPhone 11 Pro Max(512GB)」のミッドナイトグリーン。512GB版を購入したのはカメラ性能が向上した新iPhoneでは写真、動画を撮影する機会が激増するため。ミッドナイトグリーンを選んだのは新色が自慢できるからです!

やばい。ミッドナイトグリーン、美しすぎ。美しすぎるiPhoneとしてワイドショーに取り上げられすぎるかもしれなさすぎます。ちなみにiPhone 11 Proは、パッケージから取り出してすぐ優美な姿を見えるように、背面に運搬時用保護フィルムが貼られていません
これが噂のトリプルカメラ。押し出しが強いですね。このあと登場するナベコさんは「向けられるとちょっと怖い……」と言ってました

 さて、まずは超広角カメラの画角を試してみましょう。撮影場所はASCII編集部。少々散らかっていて、読者さま&編集部員さまにも失礼ながら、あまり見栄えはよくない言わざるを得ませんが、ASCII.jpや週刊アスキーの記事がこのような場所で作られているんだなと興味深く細部までご覧いただければと! 気合いを入れた写真撮影は、また改めて挑戦しますね。

iPhone XS Maxの広角カメラで撮影
iPhone 11 Pro Maxの超広角カメラで撮影

 繰り返し失礼ながら見栄えはあまりよろしくないですが、画角の違いは一目瞭然。iPhone 11 Pro Maxでは編集部全体が収まっています。もちろんソフトウェア処理されていますが、画面の歪曲もほとんど気になりません。風光明媚な山岳風景や、真夜中のコンクリートジャングルを撮影するのが楽しみです。

 さて、人物撮影も試してみましょう。みんな大好き、品行方正なナベコさんが編集部にいらっしゃったので、先輩風を吹かして「サーセン、お忙しいところ、写真1枚よろしいっすか? あ、やっぱり2枚で」と強引に撮影してみました。

iPhone XS Maxのポートレートモード(自然光)で撮影
iPhone 11 Pro Maxのポートレートモード(自然光)で撮影

 発色は「iPhone XS Max」のほうが少し派手目で、iPhone 11 Pro Maxのほうが自然ですが、これはiPhone XS MaxがiOS 12、iPhone 11 Pro MaxがiOS 13だからかもしれません。というわけでOSのバージョンを揃えて改めて検証するので、現時点はあくまでも参考に留めてください。

 ただし、ポートレートモードで使われる望遠カメラが、iPhone XS MaxはF2.4なのに対して、iPhone 11 Pro MaxはF2.0と明るくなっているので、光学性能的にはiPhone 11 Pro Maxのほうが有利です。

 最後にベンチマークを実施してみましょう。使用したのは「Geekbench 5」「AnTuTu Benchmark」です。

iPhone 11 Pro Maxの「Geekbench 5」(Multi-Core Score)のスコアは3546
iPhone XS Maxの「Geekbench 5」(Multi-Core Score)のスコアは2492
iPhone 11 Pro Maxの「AnTuTu Benchmark」(総合スコア)は453466
iPhone XS Maxの「AnTuTu Benchmark」(総合スコア)は311745

 ベンチ計測結果によれば、iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxに対して「Geekbench 5」で1.42倍、「AnTuTu Benchmark」で1.45倍のスコアを記録しています。4K動画のエンコードや、高負荷ゲームなどの高画質設定でさらなるパフォーマンス向上が期待できますね。

 ちなみに単純比較できませんが、「AnTuTu Benchmark」のランキングでAndroidスマホ最速の「ROG Phone 2」のスコアは「396813」。OSもアプリも異なるので比較することにあまり意味はないのですが、「AnTuTu Benchmark」でiPhone 11 Pro MaxはROG Phone 2の約1.14倍のスコアを記録していることになります。

 ファーストインプレッションはこれにて終了。iPhone 11 Pro Maxにはこれ以外にも数多くの新機能、進化点が存在します。ASCII.jpではこれから新型iPhoneの記事が矢継ぎ早に掲載される予定なので、楽しみにお待ちください!

インカメラが広角化されたのもiPhone 11 Pro Maxの進化点のひとつ。筆者のオランウータン並みの長い手を駆使すれば、自撮り棒なしで6人セルフィーも不可能ではなさそうです

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ