ちょっと小さくなって性能ほぼそのまま「Xperia 5」がauから!

文●スピーディー末岡 編集●ASCII

2019年10月10日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

想像を超える体験をさらにスタイリッシュに
「Xperia 5」

 ソニーモバイルのフラッグシップ「Xperia 1」に対して、やや小型化して機能はほぼそのままでIFA2019で発表された「Xperia 5」がauから発売決定。発売日は10月下旬以降になる。価格は9万円台の予定。

 ディスプレーは6.1型(1080×2520ドット)有機ELになり、4Kではなくなったが、アスペクト比はXperia 1と同じ21:9を採用する。ブラビアの技術を活かした高画質化エンジンX1 for mobileにより、標準規格(SDR)の映像をHDR相当の美しさに変換する「HDRリマスター」や、HDR規格、BT.2020の色域、10bit信号に対応した「クリエイターモード」は引き続き採用されている。

 スペックはSoCがSnapdragon 855、メモリー6GB、内蔵ストレージ64GBとXperia 1と同じ。サイズは約68×158×8.2mm、重さは164gと厚さはそのままで、横幅と縦が小さくなり、軽量化をはたした。カラバリはブラック、グレー、ブルー、レッドの4色。

 カメラは3眼のままだが、配置が背面左上になったのが大きな違い。構成はアウト側が約1220万画素(F値1.6)+約1220万(望遠、F値2.4)+約1220万(超広角、F値2.4)、イン側が約800万画素と変わらず。

 ハイスペックなのでさまざまなゲームが快適に楽しめるが、Xperia 1から搭載された「ゲームエンハンサー」にはXperia 5から、高速連写のスクリーンショットやボイスチェンジャーなど新たな機能が搭載された。

 フルセグ、ワンセグ、防水防塵、おサイフケータイといった機能も網羅している。

au「Xperia 5」の主なスペック
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 6.1型有機EL(21:9)
画面解像度 1080×2520ドット
サイズ 約68×158×8.2mm
重量 約164g
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 6GB
内蔵ストレージ 64GB
外部メモリー microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
FeliCa
カメラ画素数 アウト:約1220万画素(F値1.6)
+約1220万(望遠、F値2.4)
+約1220万(超広角、F値2.4)
/イン:約800万画素
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 ○/○
バッテリー容量 3000mAh
生体認証 ○(指紋)
連続通話時間 約1760分
連続待受時間 約410時間
USB端子 Type-C
カラバリ ブラック、グレー、ブルー、レッド

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ