iPadをもっと使いこなす!”驚”活用テク

【活用提案】Apple Pencilで瞬時にスクショ! 「クイックメモ」機能も超スムーズに使える! (1/4)

文●岩渕 茂 編集●ASCII

2022年11月07日 14時00分

前へ 1 2 3 4 次へ

 Apple Pencilは、iPadで絵を描いたり、メモを取ったり、書類に注釈を加えたりといったさまざまな使い方ができるアイテムだ。ペンデバイスにはさまざまな種類があるが、それらと比較しても遅延が少なく、書き心地も非常にいい。

 だが、Apple Pencilが持つ便利さは“手書き”だけではない。今回は、iPadがもっと楽しく使えるようになるApple Pencilの便利な活用法を紹介していきたい。

Apple Pencilを使ってスクリーンショットを撮る

 まず、多くの人がよく利用しているスクリーンショット(スクショ)。ウェブページで見つけた情報を保存するときや、待ち合わせの相手と地図を共有するときなど、さまざまな場面で便利に使えるが、このスクショが、Apple Pencilを使うと実に簡単に撮れる。

 もちろん、iPad本体のボタン操作でスクショを撮ることもできるが、Apple Pencilなら画面の左下から中央に向けてスワイプするだけ。より素早く撮れるのだ。また、撮った画像にペンですぐに書き込みができるのも大きな強み。例えば、待ち合わせ場所の地図をスクショして、注釈を書き込んで相手に送るといった使い方ができる。

 書き込みをしたスクリーンショットは、iPad本体はもちろん、iCloudや各種のオンラインストレージに保存可能。ただし、サードパーティーのオンラインストレージに保存したい場合は、「ファイル」アプリであらかじめそのオンラインストレージに接続しておく必要がある点は注意しておこう。

Apple Pencilで画面の左下から中央に向かってスワイプする。

画面が撮影され、編集画面が表示される。画面下部に表示されているツールでペン先や色の変更が可能。右上のペンアイコンをタップすれば、ツールの表示/非表示を切り替えられる。

画像の外枠にある太い枠線をドラッグするとトリミングができる。ただし、これはApple Pencilではなく、指先で操作する必要がある。

画面左上のスライダーでスクリーンショットの濃淡を調整できる。書き込んだ内容を目立たせたいときに使うと便利だ。

画面右上の共有アイコンをタップすれば、編集したスクリーンショットをメッセージやメールなどに添付したり、AirDropで別のデバイスに送信したりできる。

編集を終えるときは、「完了」をタップ。スクリーンショットの保存先が表示されるので、iPadに保存する場合は「”写真”に保存」を、保存する場所を指定したいときは「”ファイル”に保存」を選択する。

「”ファイル”に保存」を選択した場合は、保存したい場所を選んで「保存」をタップする。保存できる場所は、iPad本体、iCloud、または「ファイル」アプリで接続しているオンラインストレージとなる。

前へ 1 2 3 4 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ