Android 特集・連載

【超初級 iPhone 5 講座-第1回-】

iPhone 5の初期セットアップをしてみよう
【これからデビューする人のための『超初級 iPhone 5 講座』】

文●mobileASCII編集部

2012年10月10日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、2012年10月10日時点での
「iPhone 5(iOS 6)」でのものです。
現在、2013年10月時点での情報をもとにした
「iPhone 5s/5c(iOS 7)」版
記事を掲載していますので
iPhone 5s/5cに関しては、そちらをご覧ください。


[特集] iPhone 5s/5c基本操作&設定&使い方ガイド

・第 1回 [iPhone 5s/5c]初期セットアップの手順を解説

ついにiPhone 5でスマホデビューする人のための『超初級 iPhone 5 講座』

世の中、すっかりiPhone 5の話題で持ちきりな今日この頃。筆者の周りでも、iPhone 5でスマホデビューした人や、ちょい古なAndroidスマートフォンからの乗り換えを検討している人が結構います。iPhone 5は誰でも使えるほどカンタンだと、慣れている人はよく言いますが、スマートフォンをはじめて使う人にとっては、いろいろと分からないところもあるでしょう。

というわけで、今回スタートする本コーナー。第1回目となる今回は、Apple IDの作成など、基本的な設定の方法を紹介していきたいと思います。とりあえず、ホーム画面が表示されるところまで操作していってみましょう。


iPhone 5を買ったら、まずは初期セットアップを済ませよう!


はじめてiPhone 5の電源をオンにすると、初期セットアップのためのさまざまな設定項目が表示されます。1つずつガイドに従って必要事項を埋めていけばいいのですが、途中で「これはどうすればイイの?」と迷うところがあるかもしれません。そんなときは、このページのように進めていけばOKです。あまり難しく考えずトライしてみましょう。

①:一番最初に使用言語を選択する

『超初級 iPhone 5 講座』

iPhone 5をはじめて起動すると、まずは使用言語を選択するようになっている。au版、ソフトバンク版ともに、最初から「日本語」が頭に表示されるので、問題がなければそのままチェックを入れて次へ進もう。

②:Appleのサーバーと通信するためのネットワークを選ぶ

『超初級 iPhone 5 講座』

iPhone 5をアクティベート(利用可能な状態にするための契約者確認)するためには、Appleのサーバーと通信をする必要がある。上の写真ではWi-Fiエリアにいたため、Wi-Fiスポット名が並んでいるが、パスワードの入力などがやや面倒なので、ここでは「モバイルデータ通信回線を使用」を選択しよう。当然だが、3GかLTEのエリア内にいる必要があるので注意しよう。

③:アクティベートが終わるまで、しばし待とう

『超初級 iPhone 5 講座』

サーバーの混雑具合や、回線速度によっても変わってくるが、アクティベートには数10秒から数分かかるので、あせらず待とう。

④:位置情報サービスを使うかどうかを選択する

『超初級 iPhone 5 講座』

位置情報サービスをオンにすると、GPSや基地局から割り出した現在地情報を、マップなどのアプリで使うことができるようになる。位置情報サービスの設定は、後から変更したり、アプリごとにオン・オフを選ぶことができるので、ここではオンを選んで「次へ」をタップ。

⑤:はじめてのiPhoneなら「新しいiPhoneとして設定」を選択

『超初級 iPhone 5 講座』

今回のiPhone 5が、はじめて手にするiPhoneならば、一番上の「新しいiPhoneとして設定」にチェックを入れよう

⑥:「Apple ID」とは登録する自分のメールアドレスのこと

『超初級 iPhone 5 講座』

初心者が一番迷うと思われるのが、この「Apple ID」だろう。「Apple ID」とは、Appleに登録するメールアドレスのことiPhoneを購入するのがはじめての方でも、以前にパソコンのiTunesで楽曲を購入したりしたことがあれば、そのときに登録したApple IDでサインインすればOKだが、これまでにAppleのサービスを使ったことがなければ、赤で囲んだ「無料のApple IDを作成」をタップしよう。


⑦:本人確認資料として誕生日を登録する

『超初級 iPhone 5 講座』

パスワードを忘れてしまって問い合わせをする際の本人確認用として、まず最初に誕生日を登録する必要がある。下のスロットドラムを回転させて、自分の誕生日をセットしよう。終わったら「次へ」をタップ。

⑧:iPhone 5に名前を付けよう

『超初級 iPhone 5 講座』

iPhone 5の設定から情報を見たときに、「○○○○のiPhone」と表示させるための名前を付ける画面。テザリングを使うと、付けた名前が他人の端末に「接続可能なWi-Fiスポット」として表示されるので、プライバシーの面から考えてあまり本名は入力しない方が良いだろう。入力する名前はハンドルネームでも構わない。

⑨:自分が受け取れるメールアドレスを登録する

『超初級 iPhone 5 講座』

Appleからのメールが受信できるアドレスを持っているなら(gmailなど)、「現在のメールアドレスを使用」を選んで進めば良い。「無料のiCloudアドレスを入手」を選べば、○○○○@iCloud.comといったアドレスを無料で作成することができる。もしアドレスを持っていないなら、この機会にiCloudアドレスを作って、それをApple IDとしてもいいだろう。

iCloudって一体何?

iPhoneで撮影した写真をネット上に保存したり、iPhoneの設定やアプリをネット上にバックアップをしたりするために、Appleが用意しているWebストレージ。iPhoneユーザーなら、誰でも5GBの容量が無料でもらえる。


⑩:iCloudアドレスを作ると、それがApple IDとなる!

『超初級 iPhone 5 講座』

使いたいアドレスを入力すると、使用可能かどうかを教えてくれる。あまり簡単なものだと他の人がすでに使用していることもあるので、候補はいくつか考えておくと安心だ。一度設定してしまうと、後から変更することはできないので注意しよう。

⑪:Apple IDにパスワードを設定する

『超初級 iPhone 5 講座』

Apple IDのパスワードは、8文字以上で、数字および英文字の大文字と小文字が含まれていることが条件となっている。

⑫:パスワードの条件を満たしていないとiPhoneに注意される!

『超初級 iPhone 5 講座』

パスワードは、8文字以上の中に英字の大文字と小文字、数字を混ぜて入れる必要がある。しかしそんな複雑なパスワードを作るというのは、ほとんどの人にとっては初めてだろう。絶対に忘れないようなパスワードを考えておこう。

⑬:セキュリティのために「秘密の質問」を設定する

『超初級 iPhone 5 講座』

誕生日と秘密の質問は、パスワードを忘れてしまった場合に使用される。下のスロットドラムを回して、答えやすい質問を選択しよう。

⑭:質問に対する答えは、忘れようのないものにすること!

『超初級 iPhone 5 講座』

質問に適当に答えてしまうと、後で何と書き込んだかを忘れてしまう。絶対に忘れようのない答えを書き込むことが大切だ。

⑮:Appleからのメールを受け取るかどうかを選択する

『超初級 iPhone 5 講座』

Appleからニュースや、ソフトウェアのアップデート情報などの最新情報をメールで受け取りたい場合は「メールで通知」をオンにする。

⑯:利用規約に「同意」するかを求められる!

『超初級 iPhone 5 講座』

iOSや、iCloud、Game Centerといった、iPhone 5に搭載されているサービスの利用規約や、Appleのプライバシーポリシーに同意するかを求められる。当然ながら「同意しない」を選ぶとiPhone 5は使用できない。

⑰:利用規約への「同意」を確認する画面は2回出る!

『超初級 iPhone 5 講座』

⑯の画面で「同意する」を押すと、さらにもう一度同意を求めるポップアップ画面が表示される。ここでも「同意する」をタップする。

⑱:
ここでApple IDの作成が開始される!

『超初級 iPhone 5 講座』

ここまでのステップを経て、やっとApple IDの作成がスタートする。ここまででかかる時間は10~15分程度だ。念のため、Apple IDとパスワードはメモを取っておくと安心だ。

⑲:続いてiCloudの設定をしよう

『超初級 iPhone 5 講座』

Apple IDの作成が終了すると、続いてiCloudを使用するかどうかを選択する画面が開く。せっかくiPhone 5を使うのだから、iCloudを使わないのはもったいない。iCloudを使えば、無料で5GBのストレージ容量が与えられる。

⑳:iPhone 5のデータや設定情報のバックアップ先を選ぶ

『超初級 iPhone 5 講座』

iPhone 5の紛失や破損に備えて、定期的にバックアップを取っておくと安心できる。赤で囲んだ「iCloudにバックアップを作成」を選ぶと、Wi-Fi経由でiPhone 5のバックアップを毎日作成してくれるので便利だ。

㉑:iPhone 5の紛失対策「iPhoneを探す」を設定する

『超初級 iPhone 5 講座』

「iPhoneを探す」とは、iPhoneを紛失してしまったりしたときに、友だちのiPhoneやパソコンから、行方不明のiPhoneの所在地を地図上で示してくれるサービスのこと。紛失に備えてオンにしておこう。
 

「iPhoneを探す」って一体何?

GPSや基地局からの位置情報を利用して、紛失したiPhoneがある場所を地図上で表示してくれるサービス。自分がどこでiPhoneを紛失したのかが分かるので、発見できる可能性が高まるサービスだ。見つけられなかった場合は、遠隔操作でiPhoneの中に入っている、全てのデータを消去することもできる。


㉒:「Siri」サービスを使用するかどうかを選ぼう

『超初級 iPhone 5 講座』

「Siri」とは、iPhoneのマイクに話しかけるだけで、電話をかけたり知りたいことを調べてくれる音声認識サービス。これはiPhoneの目玉機能なので、使わない手はない。「Siriを使用」にチェックを入れよう。

㉓:診断/使用状況をAppleに自動送信するかを選択する

『超初級 iPhone 5 講座』

iPhone 5のトラブルやユーザーの使用状況を、Appleに伝えるかどうかを選ぶメニュー。データのパケット通信を抑えたいなら「送信しない」を、Appleサービスの品質向上に協力するなら「自動的に送信する」を選ぼう。


㉔:お疲れさま! これにてiPhoneの設定が完了!!

『超初級 iPhone 5 講座』

選択したり入力が必要な項目が多くて意外と大変だった初期セットアップも、これにて完了。下の「iPhoneを使う」をタップしてみよう。

㉕:iOS 6のホーム画面が表示されて、iPhone 5が使える状態になった!

『超初級 iPhone 5 講座』

上の写真のようにホーム画面が表示されれば、すでにiPhone 5が使える状態になっている。iPhone 5に早く慣れられるよう、いろいろと試してみて欲しい。


第1回目は、Apple IDの作成など、初期セットアップの流れを紹介しました。次回は、iPhone 5のホーム画面の扱い方などを紹介していきたいと思います。

mobileASCII.jp TOPページへ