Android 特集・連載

【毎週更新・そんなときこんなアプリ。-第17回-】

スマホで読書するのだ!

文●mobileASCII編集部

2012年11月01日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホで読書するのだ!

 こんにちは! mobileASCIIのアプリ担当・アンドゥーです。今、役立つアプリがひと目で分かるこの連載。前回は“秋”シリーズ第6弾ということで、ハロウィンにちなんだ“スマホでいたずらできるアプリ”をご紹介しました。今回は、11月3日「文化の日」の前後2週間にわたって開催されている「読書週間」にちなみ、“読書のためのアプリ”をセレクトしてみました。

 ここのところ楽天の「kobo」やAmazonの「Kindle」など、電子書籍リーダーの話題が世間を騒がせていますが、スマートフォンだってアプリひとつで立派な電子書籍リーダーに早変わりします。まずはそんなアプリからご紹介しましょう。

スマホを電子書籍リーダーに!

 著作権の切れた文学作品を無料で楽しめる「青空文庫」のビューワ(リーダー)から、各社が提供する電子書籍サービスの対応アプリまで、さまざまなタイプをリストアップしてみました。アプリ自体は無料ですが、電子書籍の購入は有料の場合があるのでご注意を!

  • まるで本当にページをめくっているように青空文庫が読める「青空読手」

    青空文庫のビューワの代表格。実際にページをめくっているかのように読み進められます! 「青空読手」

  • 読書履歴やしおりにも対応した、青空文庫専用ビューワ「青空文庫 for Android」

    読書履歴やしおりにも対応した青空文庫のビューワ。最初に作品一覧が表示されるので、初心者にオススメ。 「青空文庫 for Android」

  • 名作が読み放題! 青空文庫がスマホで携帯できる!「青空文庫ビューア Ad」

    こちらも青空文庫の定番ビューワ。先述の2つのアプリと使いくらべて、自分に合ったほうを選んでね! 「青空文庫ビューア Ad」

  • 本や電子書籍を買うなら!「紀伊國屋書店 Kinoppy for Android」

    紀伊国屋書店が運営する電子書籍サービスの対応アプリ。スマホだけでなく、マルチデバイスで楽しめます! 「紀伊國屋書店 Kinoppy for Android」

  • 人気の電子書籍タイトルをAndroidで楽しもう「Kindle for Android」

    Kindleのサービスをスマホで! 記事中では「米Amazonのアカウントが必要」となっていますが、国内対応も始まってます! 「Kindle for Android」

  • 背筋がぞくぞくしちゃう!?「世界怪談名作集」

    世界の古典的な怪談18作品が、無料で楽しめるアプリ。日本の怪談とはひと味違う、名作の数々をどうぞ! 「世界怪談名作集」

  • 童心に戻りたい時に読んでみよう「童話・小説をよみたいっ!」

    イソップ童話や宮沢賢治の小説などが無料で読めます。大人になってから読むと、また違った趣があるよ! 「童話・小説をよみたいっ!」

快適な読書タイムを過ごす!

 スマホのアプリには、読書の時間を快適にしてくれるものも。そんなアプリもいくつかご紹介しておきましょう。

  • 読書の時間に雰囲気をプラス「Book Partners」

    読んでいる作品の世界観にあわせて、環境音を再生! 作品により深く入り込めるはず! 「Book Partners」

  • 国語、英和、和英辞書に加えて新語も検索できる「Yahoo!辞書」

    意味や読み方の分からない言葉を見つけたら、すぐに調べられるのもスマホの利点。こんなアプリを活用しましょう! 「Yahoo!辞書」

  • 走行区間をリアルタイム表示「鉄道アラーム」

    読書に夢中になりすぎて、電車を乗り過ごしたことありませんか? このアプリでそんな事態も回避! 「鉄道アラーム」

  • 「お疲れさん」を常にサポート!「お疲れさんアラーム」

    アラームアプリをもうひとつ。個人的には、グラビアアイドルが登場するこちらがイチオシです!…むふふ。 「お疲れさんアラーム」

 今回、ちょっと読書好きを装って、インテリ風にご紹介してきたのですが…。最後の方で力尽き、ついつい趣味がポロリ出ちゃいました。しかも読書じゃなくて、飲み過ぎた時の寝過ごし防止にしか使ってなくたっていいじゃないか、人間だもの…。それでは、また来週!

< スマホでイタズラしちゃおう!

mobileASCII.jp TOPページへ