Android 特集・連載

7インチタブレットの先駆者!!
ドコモ「GALAXY Tab 7.7 Plus」レビュー!!

文●小林 誠

2012年11月22日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

7インチタブレットの本命か?
GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eをレビュー


 いま7インチタブレットのムーブメントが熱い。10インチ級のタブレットと比べて携帯しやすく軽いので、モバイル端末が大好きな日本人にはピッタリ。
 ここのところ次々と7インチタブレットが登場してきているので、どれを買ったらいいのか迷っている人も多いのでは?  多くの人は「コレ!」と決めて1台を長く使うはずだ。購入に失敗は許されない!

 というわけで今回、チェックするのはNTTドコモの「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」(以下「GALAXY Tab 7.7 Plus」)。国内で発売されたGALAXY Tabでは3代目にあたり完成度も高い。
ここでは、歴代のGALAXY Tabシリーズや、先日発売された「iPad mini」と比較しながら、「GALAXY Tab 7.7 Plus」の魅力に迫っていきたいと思う。

前モデルの「GALAXY Tab」、「iPad mini」と
「GALAXY Tab 7.7 Plus」を比較してみた!

 それでは、気になるスペックから見ていこう。ここでは「GALAXY Tab 7.7 Plus」と合わせて、前モデルの「GALAXY Tab 7.0 Plus「iPad mini」比較してみる。

「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

今回発売になった、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」。ディスプレイが狭額縁になっており、スタイリッシュだ。

「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

前モデルである「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」。

「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

アップルの「iPad mini」。

スペック比較表

  GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D iPad mini
販売 NTTドコモ NTTドコモ

アップル(Wi-Fi)、
au、ソフトバンク(Cellular)

ディスプレイ 7.7型(800×1280ドット) 7.0型(600×1024ドット) 7.9型(768×1024ドット)
プロセッサ APQ8060 1.5GHz(Dual Core) S5PC210 1.2GHz(Dual Core) A5 1GHz(Dual Core)
RAM 1GB 1GB 512MB
ROM 32GB 16GB 16、32、64GB
外部メモリ 〇(microSDHC 32GB) 〇(microSDHC 32GB) ×
メインカメラ 310万画素CMOSセンサー 310万画素CMOSセンサー 500万画素裏面照射型CMOSセンサー
インカメラ 190万画素CMOSセンサー 190万画素CMOSセンサー 120万画素CMOSセンサー
バッテリー容量 5,100mAh 4,000mAh 4,440mAh
ワンセグ × ×
赤外線通信 × × ×
おサイフケータイ × × ×
防水/防塵 × × ×
LTE 〇(75Mbps) ×(FOMAハイスピード 14Mbps) ×(Wi-Fi)
〇(Cellular / au、ソフトバンクのLTE 75Mbps)
NOTTV × ×
おくだけ充電 × × ×
サイズ/重量 約197×133×7.9mm/約344g 約194×122×10mm/約345g 約200×134.7×7.2mm
/約308g(Wi-Fi)、約312g(Cellular)

「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、5,100mAhの大容量バッテリー搭載と、LTE、ワンセグ&NOTTVへの対応が目立つ。カメラの画素数や軽さの面では「iPad mini」に分があるが、全体的なスペックでは「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」に軍配が上がる。

他機種に比較してのメリットは
 バッテリー、NOTTV・ワンセグ対応

「GALAXY Tab 7.7 Plus」のスペックで目を惹くのが画面サイズとバッテリー容量。画面は前述したとおり有機EL。発色や広視野角で定評のあるディスプレイだが、この7.7インチというサイズの有機ELはタブレットでは世界最大。SC-02DまではTFT液晶だったが、タブレットでも有機ELを実現したのだ。

 あとは、とにかくスタミナを求めている人には最適。外出先でアプリを駆使し、プレゼンにまでタブレットを使うような、バリバリ仕事ができる人に5,100mAhは嬉しい

 ワンセグ対応も嬉しいが、ワンセグ自体は解像度が低いため、大画面だからいいというわけではない。しかしNOTTVではより解像度が高い映像を視聴できるので、そちらを楽しむという手もある。

ロッド式アンテナを装備

「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

ワンセグ視聴の様子。アンテナも搭載されている。連続視聴時間は公式スペックで8時間40分。ちょっと視聴時間は物足りない。スマホでもこれくらい見られる機種があるので、ワンセグにはあまり力を入れていないのか。拡大すると粗さが目立つため、その点ではNOTTVや様々な動画のレンタルサービスを見たほうがいいかもしれない。色にこだわる有機ELを搭載しているわけだし。

スタイリッシュな背面デザイン

「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

背面のデザインはヘアラインの金属調になり、初代や2代目よりもかなり格好よく感じる。

充電端子は独自規格のものなので注意!

「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!
「GALAXY Tab 7.7 Plus」最速レビュー!!

充電端子は独自のものを使うため、microUSBを直接挿せない。これが他のAndroidスマホを使っている人には少々ネックか。ただ後述するようにバッテリーはたっぷりある。充電の頻度が少ないことを考えると、あまり気にしなくていいかも。


次ページ>>7インチタブレット最大のライバル「iPad mini」と比較する

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ