Android 教育

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

文●mobileASCII編集部

2013年06月04日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

アプリ名:知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~
作者名:SkillupJapan Corp.
価格:無料
現行バージョン:1.0.5
作者サイトURL:http://www.skillupjapan.co.jp/

 MI理論を活用し、ひとりひとりの子どもに合った、知性を刺激し、知性をバランスよく伸ばす絵本をオススメしてくれる知育絵本アプリ。MI理論とは、人はみな「言語知性」「音楽知性」「視覚・空間知性」「人間関係知性」など8つの知性を持っていて、知性の発達には、周りの環境や行動習慣が深く関わると提唱するもの。

 このアプリには、子どもの得意とすることをさらに伸ばす絵本、また、苦手をつくらないための絵本など、名作からオリジナルまでバラエティに富んだ作品が揃っているので、親子で楽しみながら、子どもの知性を大きく伸ばそう。

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」 我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

▲対象年齢は0~6歳。日本昔話やアンデルセン童話、グリム童話など59作品が揃う(画面左)。その子にあった絵本を選んでくれるので、子どもの感性や好奇心をくすぐるものばかり。お父さんやお母さんが子どもの頃に読んだ懐かしい本もたっぷりあり、親子で夢中になれるはず。画面左上のアイコンは、お子さまモード。オンにすると、本棚と絵本プレイヤーのみ使用可となるので、子どもだけでアプリを使うシーンで利用するといい。オフにする時はアイコンを長押しして(画面右)。

 まず、「MI理論」を基に作成されたMI環境チェックで、子どもにどんな知性を育む環境を与えているかを測ることで、どんな絵本を選べばいいのかが分かる。

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」 我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

▲はじめに子どもの名前、性別、生年月日を登録して、環境チェックへ進む。質問は全部で24問(画面左)。チェックの結果、「言語知性」と「音楽知性」の数値が高く、「身体運動知性」があまり使われていないことが分かった。それで、どうすればいいの? 答えは画面下に! それぞれのアイコンをタップしてみて(画面右)。

 質問に答えた結果、“得意をのばす”では、「言語知性」と「音楽知性」をさらに伸ばすことができる絵本を、また“苦手をつくらない”では、「身体運動知性」をカバーできるオススメ絵本を教えてくれた。

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

▲「言語知性」のライブラリの中から“人魚姫”を選んでみた。絵本は1冊ずつダウンロードする仕組みで、無料なのがうれしい。

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

▲子どもに読み聞かせたり、子どもと一緒に読んでみたり、親子のコミュニケーションも楽しみ。画面右上のメニューボタンを選択すると、テキストや朗読音声のオン・オフなどいろいろな機能もあって便利

 また、絵本を読んでいると、絵本についての質問が出てくるので、子どもも考えながら楽しく読み進めることができるのも面白いところ。英語対応している絵本もあるので、英語の教材として利用するのもGood! 日本語で読んだあとは、テキストは日本語で、音声は英語で。その後は、テキストも音声も英語で、というような使い方をして、小さいうちから英語に親しませてみては?

我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」 我が子の知性がぐ~んとアップ!「知えほん ~8つの知性を伸ばす絵本~」

▲メニューボタンの「MI-Q」をONにすると、楽しい質問がでてきて、子どものテンションもノリノリに(画面左)。メニューボタンから、テキスト言語と音声言語の組み合わせを自由に選択できる。ネコは“キャット”、ゾウは“エレファント”と教えてみると、自然に英語にも興味を持ってくれそう。そうなればしめたもの!

 どこの親だって子どもの知性を小さい頃からぐ~んと伸ばしたいと思うもの。このアプリで、さまざまなジャンルの絵本をたくさん読み聞かせて、子どもの知性を大きく引き伸ばし、いろんな可能性を引き出そう。

mobileASCII.jp TOPページへ

このアプリをGoogle PlayでCheck!!

mobileASCII.jp TOPページへ