特集・連載

「Xperia A SO-04E」総力特集! デザインから紐解くXperiaの変遷

文●石野純也

2013年05月31日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドコモから発売中の人気の夏スマホ「Xperia A SO-04E」。その魅力のひとつが、美しいデザインだ。いったい、その美しいデザインはどうやって生まれたのか。ソニーモバイルのデザインチームに「Xperia A」「Xperia UL」をはじめ、歴代の「Xperia」シリーズのデザインについて話を聞いた。

「Xperia A SO-04E」の魅力がここに! デザインから紐解くXperiaの変遷

▲「Xperia」の歴代のデザインについて、ソニーモバイルのデザインチームの方々にお話をうかがった。


ソニーモバイルは
Android端末メーカーで
最もデザインに注力するメーカー


 タッチパネルの採用が進み、スマートフォンのデザインは差別化が非常に難しくなってきた。特にAndroidは、特徴的だったバック、ホームなどのキーも、画面内に表示させる仕様が標準になった。端末メーカーがデザインできる“場所”は、あとわずかしか残されていないといえるだろう。各社の端末からは、苦労のあとも見え隠れする。

 こうした状況の中、Android端末のメーカーとして最もデザインに注力しているメーカーの1社が、ソニーモバイルだ。同社は初代Xperia(海外では「Xperia X10」)の開発にあたって、「ヒューマン・カーヴァチャー(人間的な曲線)」というデザインテーマを導入。その後も、背面が反ったアーク形状を採用した「Xperia arc」や、本体下部の透明パーツ「Floating Prism」を持つ「Xperia NX」(海外では「Xperia S」)など、斬新なデザインを世に送り出してきた。

2013夏モデルは
実用性と上質感を両立

Xperia A

 ドコモ向けの「Xperia A」と、au向けの「Xperia UL」は、そのソニーモバイルが夏に発売する最新モデルだ。フラットなガラス素材を採用した「Xperia Z」とは異なり、どちらの機種も、丸みを帯びたラウンドフォルムを採用しているため手へのフィット感が上がっている。「Xperia Z」と夏モデルの2機種はどのようにコンセプトが異なるのか。ソニーモバイルのデザイナー、石田氏は「Xperia A」のデザインを次のように説明する。
 


ソニーモバイル
コミュニケーションズ
デザイナー
石田氏

今夏モデル「Xperia A」「Xperia UL」のプロダクトデザインを担当する。


 


「『Xperia Z』がフルフラットな先進的なデザインだったのに対し、『Xperia A』は『Xperia acro HD』や『Xperia AX』など、より幅広いお客様をターゲットとした快適さに究極にこだわってできた1台です。『Xperia Z』のスリーク、コンテンポラリーといったキーワードに対し、『Xperia A』は日常のツール、道具としてのたたずまいを意識しています。実用性と上質感を両立させたのが『Xperia A』なのです」

「Xperia A SO-04E」の魅力がここに! デザインから紐解くXperiaの変遷

▲ドコモの夏モデル「Xperia A」は、日常のツール、道具としてのたたずまいを意識したデザインとなっている。

   もうひとつの夏モデル「Xperia UL」は、少々立ち位置が異なっている。auから発売される「Xperia」として今年初のモデルで、ドコモの「Xperia Z」と「Xperia A」のように、異なるデザインの2機種をラインナップしておらず、グローバルモデルが存在しない、いわばau限定のモデルとなる。

「Xperia A SO-04E」の魅力がここに! デザインから紐解くXperiaの変遷

▲auの夏モデル「XperiaUL」。グローバルモデルが存在しないau限定モデルだが、「Xperia」のデザインのコンセプトはもちろん踏襲されている。

「大画面5インチと使いやすさ、持ちやすさを実現することがデザインの命題でした」という石田氏の言葉を補足しながら、デザイナーの鈴木氏はこう語る。「『Xperia Z』はどちらかというと、『Xperia arc』や『Xperia NX』のようなテイストが強い商品です(*編集部注)。一方でauさんのラインナップを見ると、『Xperia acro HD』があり、『Xperia VL』があり、『Xperia UL』はその次のXperiaになります。進化の取り幅を考え、極端に変えるのではなく、デザイン検討を重ねました。2013年のデザインテーマである『オムニバランスデザイン』という基本路線はしっかり守りつつ、ラウンドフォルムを採用し、ディテールにもこだわり、シンメトリーデザインに仕上げることができました」

*『Xperia arc』『Xperia NX』『Xperia Z』は海外モデルと同じ外観で、日本ではドコモのみが導入。

Xperia A

▲「Xperia」のデザインの基本路線は守りつつ、ラウンドフォルムを採用したau版「XperiaUL」。


ソニーモバイル
コミュニケーションズ
デザイナー
鈴木氏

初代「Xperia」や「Xperia arc」を担当し、今は総括的にデザインに係わる。


 

 

次のページ>>2013年のテーマ「オムニバランスデザイン」とは!?

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ