Android 特集・連載

【Xperia A SO-04E活用術-第3回-】

「Xperia A SO-04E」の文字入力『POBox Touch』を設定してみよう!

文●mobileASCII編集部 高橋章憲

2013年08月21日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『POBox Touch』のキーボードを便利に使うコツ ③&④


PObox

『POBox Touch』には、キーボードのほかに「手書き」で入力できるモードが2種類用意されている。文字の認識効率がかなり向上しているので、イライラせずに使うことができるのがうれしい。

 ここではオススメセッティングの③として「手書き入力」の便利な使い方と、④キーボードサイズを変更して使う方法を紹介していこう。


モバアス推奨セッティング その③
 2モードある手書き入力メニューは
 場面で上手に使い分けよう!

 入力スピードはソフトウェアキーボードを打つよりも遅くなってしまうが、読み方のわからない漢字を認識させてみたり、テレビを見ながらメモをするなどという場面で使うと便利なのが「手書き入力」だ。

『POBox Touch』には、「手書きかな入力」と「手書き漢字入力」の2つのモードがあるが、それぞれのモードで得意分野が異なっている。「手書きかな入力」は、ひらがなのみしか認識しないが、クセのある汚い字でも認識してくれるし、かなり速い速度で殴り書きしても追いついてきてくれるのは頼もしい。また、「手書き漢字入力」は、英数字や記号などを混ぜて書いても認識してくれるので、いちいちモードを切り替える手間がないというのが素晴らしい。

 それぞれの強みを活かした使い分けをしていってみよう。

「手書きかな入力」は片手でも操作できる!

PObox PObox

「手書きかな入力」は中央のエリアに1文字ずつしか書けないが、前に書いた文字にどんどん重ねて書いていけば認識されるようになっている。英字や数字を書く場合にはモードの変更が必要なのが面倒ではあるが、なんとか片手(親指)でも書き込むことができるのがメリットだ。

「手書き漢字入力」では英数字、カタカナのまぜ書きもOK

PObox PObox

「手書き漢字入力」は、そのまま入力エリアに漢字やひらがな、カタカナ、英字、数字、記号を続けて書いても認識されるというモード。漢字の場合は、あまり崩した字では認識されないので、多少ていねいに各必要がある。また、「7」と「フ」などは、候補から選ばないとうまく入力できないこともあるが、知らない土地の住所などを書き写す場合など、読みがわからない漢字も認識させられるのが便利だ。

PObox
PObox

▲画面を横にしても「手書き漢字入力」は使える。やはり文字種を問わず交ぜ書きができるのが便利だ。


モバアス推奨セッティング その④
 キーボードのサイズを変えて
 片手持ちでも使いやすくしよう!

 大画面化が進んでいるスマホでは、ソフトウェアキーボードの片手操作がどんどん難しくなってきている。そこで、各メーカーともソフトウェアキーボードのサイズを変更できる機能を用意してきているが、『POBox Touch』にもサイズを変更できる機能がある。指が届きづらいというユーザーは、最適なサイズに変更してみよう。

ソフトウェアキーボードのサイズを変更してみよう!

PObox PObox

『POBox Touch』の「モードキー」を長押しすると表示されるポップアップメニュー(左画面)から、ピンクで囲んだ「サイズ変更」ボタンをタップ。すると右のようにキーボードがブルーの線で囲まれ、ピンクの丸で示したような点が表示される。この点を動かせばソフトウェアキーボードのサイズを変更することができる。

PObox PObox

▲指でブルーの囲みの上にある点を動かせば、上の2枚の画像のようにサイズを変更することができる。左利き用に左に寄せることも可能だ。

PObox

▲上の写真で「Xperia A」を持っているのは、モバアス編集部のバイトちゃん。ソフトウェアキーボードを狭めて持たせてみると「これなら片手でも操作できそう」と好評だった。

>>> 次ページ 
『POBox Touch』のキーボードを便利に使うコツ ⑤&⑥

<< PREV 1 2 3 4 5 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ