iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c 徹底比較 実機レビュー!-第2回-】

「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー! 2台を使ってみてわかった違いをチェック!

文●房野麻子

2013年10月08日 12時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月に入っても品薄が続いている「iPhone 5s」。幸運にも私は発売初日の9月20日、ドコモのiPhone発売開始イベント後に近くの量販店に飛び込み、au版「iPhone 5s」32GBモデルのゴールドを入手することができた。某オークションサイトでは、未開封品が10万円を超えており(10月初旬現在)、出品の誘惑に駆られてしまう。ただし、開封して使ってしまっているので儲かりそうもない。

 また、仕事上の必要に迫られドコモ版の「iPhone 5c」も購入した。16GBモデルのイエローで、さらに番号ポータビリティを活用して最大限安価に済ませた。ドコモは料金関連の発表時、一括価格が非常に高額な設定だったが、「ドコモプレミアクラブ」に加入してインフォメールを受け取る登録をすると、一括価格が下がるのがありがたかった。

 2台を使い始めてまだ半月で第一印象程度だが、両者を使ってみて感じた違いをお伝えしようと思う。

「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー!2台を使ってみてわかった違いを、徹底チェック!

▲図らずも、アジアで人気といわれる2色を購入。ゴールドはau版「iPhone 5s」32GB、イエローはドコモ版「iPhone 5c」16GBモデル。これからAndroidの冬モデルも続々発売されるが、購入資金をどうやって用意したらいいのだろうか。


「iPhone 5s」「iPhone 5c」
2機種を使ってみて感じた
違いをチェック!


洗練の「5s」、
カジュアルな「5c」

 発売前から、さまざまなうわさが流れていた外観。「5s」は前モデルの「iPhone 5」とほとんど変わっておらず、相変わらず見事な仕上がりだ。背面のアルミ、先端部のパネル、側面のフレーム、アンテナを分けるラインが組木細工のように、ぴったりと組み合わされ一体化している。持ったときに感じるメタルの冷たさが心地よく、カットされて磨かれたフレーム両端のきらりと光るシャープな処理も魅力的なアクセント。薄さが際立つ非常に洗練された外観で、ビジネスシーンにもマッチする。

「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー!2台を使ってみてわかった違いを、徹底チェック! 「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー!2台を使ってみてわかった違いを、徹底チェック!

▲高級感溢れる「iPhone 5s」。ホームボタンは、中に指紋センサーが入っているとは思えないほど自然な形だ。

 一方、ポップなカラーをまとった「iPhone 5c」はカジュアル。はっきりしたソリッドカラーで、特に5色並んだ様子は、外国製のカラフルなお菓子を思い起こさせる。若干毒々しいが、そんな色もおもしろがって食べてしまう元気な女子高生が、「iPhone 5c」を持っているとしっくりくる印象が私にはある。また、背面に穴が空いた純正カバー「iPhone 5c Case」を使うと、さらにこのカラーが活かされる。本体は塗装が施されていない(ポリカーボネート自体の色が見えている)ので、みっともなく塗装がはげることがないとはいえ、使っていくうちに傷がつくことは予想されるので、カバーをかけてそれを防止しようとするのはもっともな考えだ。多くの人が高く評価しているように、継ぎ目がまったくないボディは美しく手によくなじみ、プラスチック素材であるわりに上質感がある。内側がスチールフレームで強化されているためか、しっかりしているという印象も受けた。

「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー!2台を使ってみてわかった違いを、徹底チェック!

▲鮮やかなカラーをまとい、継ぎ目がなく、角が落とされたラウンドフォルムが手によくなじむ「iPhone 5c」。ミッドセンチュリーのインテリアとマッチするプラスチック感、カラーだと思う。「5s」よりわずかに大きく、20グラム重い。

次ページ>>「5s」の指紋認証機能と、
両機種のカメラ機能をチェック

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

この特集のほかの記事

関連記事

こんな記事もオススメ!

mobileASCII.jp TOPページへ