iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c 徹底比較 実機レビュー!-第2回-】

「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー! 2台を使ってみてわかった違いをチェック!

文●房野麻子

2013年10月08日 12時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A7チップ、A6チップで違いは?
両機種のおすすめポイントをチェック


「5s」と「5c」には、もう1つ、搭載するチップに大きな違いがある。「5s」は64ビットのA7チップ、「5c」はiPhone 5と同じA6チップを採用。A7チップはA6チップと比べて最大2倍高速だという。また、「5s」はM7コプロセッサも搭載。各種センサーのモーションデータを扱うチップで、データに基づいて端末を最適な状態にし、バッテリーも節約するという、富士通スマホに搭載される「ヒューマンセントリックエンジン」に似た働きをする。

 最大2倍速いA7を搭載する「5s」が、「5c」より2倍速いと感じるかといえば、普通に使う限り、そんな差は感じない。今後、ビジュアル重視な大作ゲームでもやってみれば、もしかして差が出るかもしれないが、メールやウェブブラウザ、SNS、地図などを使った限りでは、どちらも非常に快適、指に吸い付くような操作感、としか感じない。カメラのモード切り替えやフォーカスを合わせるスピードを、並べて比較すると確かに「5s」の方が速いが、それも同時に操作して比べてわかったことで、普段使っているときには意識しなかった。電池持ちも変わらない。テザリングや動画の視聴で電池を使いすぎなければ、1日は不安なく使っていられた。

「5s」と「5c」
どちらを購入するべきか

 というわけで、最後にまとめ。「iPhone 5s」のデザインや指紋センサーに期待している人は、品薄が解消されるのを待った方がいいだろう。デザインは「5s」と「5c」でテイストがまったく異なるので、ここで迷うことはないかもしれないが、指紋認証はとても便利で、一度使うと、もう戻れない。ただ、個人的に、カメラはフラッシュ以外、それほど魅力を感じない(なお、私自身はフラッシュを焚いて撮影することがほとんどない)。連写やスローモーションは別のアプリで対応しているものもあるので、それを使えば「5c」で十分ではないかと感じる。操作感は、どちらも快適だ。プリセットアプリで比較すれば「5s」の方が動作が速いと感じるが、インストールするアプリによっては「5s」の64ビットのせいで、もたつくものがあるとも聞く。

「5c」のおすすめポイントは、そのデザインと、やはり価格だろう。廉価版ではない、とはいっても、「5s」より買いやすいのは事実。ただ、「iPhone 5」からの買い替えは、機能的な差がほとんどないので、デザイン以外はあまり意味がない。「iPhone 4s」からの買い替えで、指紋認証が必要ないということであれば、「5c」は十分満足できる1台だろう。

「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー!2台を使ってみてわかった違いを、徹底チェック! 「iPhone 5s」「iPhone 5c」レビュー!2台を使ってみてわかった違いを、徹底チェック!

▲「5s」はau版(写真左)、「5c」はドコモ版(写真右)なので、厳密な比較はできないが、一応、「RBB TODAY SPEED TEST」を利用して、自宅近辺でLTEの通信速度テストもやってみた。何度かやってみたところ、板橋区の私の自宅近辺では、ダウンロードスピードにそれほど差はないが、アップロードはauの方が成績がいい。なお、あくまで印象だが、auのLTEエリアは確かに広いと感じる。半地下のショップや都内の地下鉄駅間が特に強い印象だ。auの「iPhone 5」ユーザーなら、800MHz帯のLTEにも対応した「iPhone 5c」に買い替える価値があるかもしれない。


レビュアー
房野麻子
(ふさのあさこ)

徳間書店にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯電話業界を追いかける数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行っている。

 

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

この特集のほかの記事

関連記事

こんな記事もオススメ!

mobileASCII.jp TOPページへ