「LG G2」「Xperia Z1」「Note 3」冬の最強スマホを比較!

文●ASCII.jp編集部

2013年11月05日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年冬モデルのスマホが順次発売されている。特にグローバルでいち早く発表されていた機種は、10月に次々と発売され、スペックも高く、今まさに新機種を購入したいという人も多いだろう。そんな世界でも人気の3機種「LG G2」「Xperia Z1」「GALAXY Note 3」を比較する。今回はまずスペックと料金中心に見ていこう。

LG G2
Xperia Z1
GALAXY Note 3

ハイスペックな3機種の性能をチェック

 今回比較する機種はNTTドコモから2機種、「G2 L-01F」「Xperia Z1 SO-01F」、それからau「GALAXY Note 3 SCL22」の計3モデルだ。

 まずは簡単に紹介していく。

●ドコモ「G2 L-01F」
LGのフラッグシップモデル。8月に海外で発表された「LG G2」の日本版だ。背面に用意された電源キー、ボリュームキーがデザイン面で特徴的。

●ドコモ「Xperia Z1 SO-01F」
こちらは9月に発表があり、すでにドコモとauから発売されている。今回テストしたのはドコモ版だが、外観/カラバリ/スペック面とほとんど共通で、違うのは通信方式が中心だ。

●au「GALAXY Note 3 SCL22」
こちらも9月に発表があり、Xperia Z1と同じくドコモとauからも発売。今回テストしたのはau版だが、Xperia Z1と同じく外観やカラバリ、スペック面はほとんど共通。オプションの「GALAXY Gear」も用意されるカラバリに違いはあれど、中身は基本同じものとのこと。

 まずは詳細なスペック表を掲載するが、極めて高性能となっている。

  ドコモ
「G2 L-01F」
ドコモ
「Xperia Z1
SO-01F」
au
「GALAXY Note 3
SCL22」
メーカー LG ソニーモバイル サムスン電子
本体サイズ 約71×139×9.2mm 約74×144×8.5mm 約79×151×8.3mm
重量 約145g 約171g 約171g
画面サイズ 5.2型 5型 5.7型
画面解像度 1080×1920ドット 1080×1920ドット 1080×1920ドット
OS Android 4.2.2 Android 4.2.2 Android 4.3
CPU クアッドコア 2.3GHz クアッドコア 2.2GHz クアッドコア 2.3GHz
ROM/RAM 32GB/2GB 32GB/2GB 32GB/3GB
メモリーカード カードリーダー同梱 microSDXC(64GB) microSDXC(64GB)
下り最大通信速度 112.5Mbps
(Xi)
150Mbps
(Xi)
150Mbps
(4G LTE)
LTE対応周波数 2.1GHz/1.5GHz
/800MHz
2.1GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
2.1GHz/1.5GHz
/800MHz
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大8台) ○(最大10台) ○(最大10台)
カメラ画素数 1320万画素CMOS
(裏面照射型)
2070万画素CMOS
(裏面照射型)
1320万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 240万画素CMOS
(裏面照射型)
220万画素CMOS
(裏面照射型)
210万画素CMOS
防水/防塵 ×/× ○/○ ×/×
ワンセグ連続視聴 6時間50分 5時間50分 7時間20分
フルセグ連続視聴 × 3時間30分 ×
FeliCa
赤外線通信
NFC
Bluetooth 4.0 4.0 4.0
HDMI △(SlimPort) ○(MHL) ○(MHL)
Miracast
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 2900mAh 3000mAh 3200mAh
Qi × × ×
カラバリ Indigo Black、LunarWhite Black、White、Purple クラシック・ホワイト、ジェットブラック

掲載当初、GALAXY Note 3のRAM容量に間違いがありました。お詫びして、修正いたします。

 今回からスペックの項目に、フルセグとLTEの対応周波数帯、ワイヤレスでスマホの画面を出力できるMiracastの対応を追加した。

 GALAXY Note 3だけはOSのバージョンが4.3。また5.7型という大画面を搭載している。ただしフルセグには非対応。バッテリー容量が大きく、さらにワンセグの連続視聴時間も公式スペックでは3機種中最長である。なお赤外線機能はリモコンとして使えるだけで、いわゆるアドレス帳などをやりとりする、赤外線通信の機能はない。

 LG G2も5.2型と大画面でありながら、軽量であるのと同時に、比較的コンパクトなサイズを実現している。片手操作で重さが気になる人には良さそう。ただし防水には非対応だ。

 LTEでもドコモ冬モデルでは唯一1.7GHz帯に対応しておらず、最大通信速度は112.5Mbpsまで。現時点ではドコモ/auともに150Mbpsのエリアは狭いものの、ドコモは今秋以降に都心部を中心に1.7GHz帯の基地局を増設していくとのことで、長く使うのであれば若干気になるところ。また、GALAXY Note 3と同じくフルセグ、防水には非対応。

 さらにmicroSDカードの追加には非対応で、その代わりにメモリカードリーダーが同梱。このカードリーダーは最大256GBのカードに対応するという。また外部ビデオ出力は現時点で主流のMHLではなく、新型Nexus 7などと同様のSlimPortに対応していたため△とした。

 Xperia Z1はコンデジクラスの大きなカメラセンサーを搭載し、画素数も2070万。ソニー製らしく日本向け機能にもひと通り対応し、「おくだけ充電」を除く全部入りを実現している。バッテリー容量は3000mAhとなり心強いが、反面ワンセグの連続視聴時間は、3機種中もっとも短く、実際に使ってみてどうなるか気になるところだ。

 ここは対応機能でまずXperia Z1がまずはリードといったところだが、3機種ともスペック自体は高いうえ、かなりの個性派。今後のテストが楽しみだ。

 続いて外観をチェックする。

背面に電源と音量ボタンを配置!
ユニークだが外観はスマートなLG G2

 LGは外観がユニークで、背面のカメラ周りに電源と音量ボタンを配置。そのおかげで狭額縁、持ちやすくできているとも言える。ラウンドフォルムで、背面のボタンまで指も届く。だが慣れないウチは正直辛いだろう。今回もスクリーンショットの撮影でよく押し間違えた。

 バッテリーの取り外しは不可で、前述したようにmicroSDスロットは無し。SIMスロットは同梱のピンで開ける仕組みだ。イヤホンジャックとmicroUSB端子は下部にあり、ストラップホールは無し。正面のホームボタン周りはタッチパネルに表示し、ユニークなボタン配置ではあったが、すっきりした外観。とても5.2型とは思えない持ちやすさが長所で、画面の操作を考えると期待大。次回以降チェックしていく。

背面に特徴的なキーを設置。ハードキーはなく、ディスプレー表示型
microSDカードは追加できない。防水非対応でキャップ類はむき出し。MHLではなく、新規格のSlimPort対応

Xperiaらしいデザイン
防水イヤホンジャックも搭載したZ1

 前機種のXperia Zと同じくガラス素材の背面。Xperiaらしい特徴的なデザインは、やはりカッコいい。側面のmicroSD、USB端子、SIMカードのスロットはさらに目立たなくなり、アルミ素材の電源ボタンを今回も搭載している。

 Xperia Zには無かったカメラボタンがあり、下部にスピーカー、その右端にストラップホールを配置。そしてようやくキャップレスで防水対応のイヤホンジャックを搭載。ワンセグ/フルセグのアンテナ用にアダプターを同梱する。

 バッテリーの取り外しは不可。大きいGALAXY Note 3とほぼ同じ重さのため、他の2機種と比べ、サイズの割にはずっしり重く感じられる。

背面のガラス素材、サイドのメタルフレームはXperia Zから継承
右下にはストラップホールも。メインキーはこちらもディスプレー表示型
ついに防水対応でキャップレスのイヤホン端子が。microUSBはキャップ付き

謎の端子はUSB3.0対応!?
GALAXY Note 3

 GALAXY Note 3は画面こそ大きいものの、タブレットや5型スマホを見慣れていると、もはや画面サイズに驚くようなことはなく、すんなり受け入れられる。片手操作はともかく、片手で持つだけなら本体の大きさも気にならない。また、他の2機種と違い、ハード型ホームボタンを正面に搭載。メニューと戻るボタンはタッチキーだ。

 GALAXY Noteシリーズと言えばスラスラ書けるSペン。本機も下部に収納している。その下部にはmicroUSB端子の隣に小さな端子がある。実はこれはUSB 3.0対応の新型のmicroUSBコネクターなのだが、従来のmicroUSBケーブルももちろん利用できる。

 上部にはイヤホンジャックとワンセグアンテナ。リアカバーは革っぽいデザイン(革製ではない)で手帳カバー風の触り心地。外すとバッテリーの交換が可能で、microSD、SIMのスロットがある。

今や少数派のハードキー付き。サイドの金属調フレームも特徴的
Sペンは下部から引き抜く。特徴的なmicroUSB端子はUSB3.0タイプ。本体上部にワンセグアンテナが。ちなみにドコモ版のみNOTTV対応
背面は手帳風。縫い目もあくまでデザイン。バッテリー交換可能なスマホは気がつけばGALAXYシリーズくらいになってしまった

一括購入価格は3機種とも高いものの
MNPで2年間利用するならドコモG2は総計8万円台

 料金比較も今回から若干項目を追加した。価格比較は各社のオンラインショップを参考にしているが、ガラケー(フィーチャーフォン)からの機種変更時の価格と、MNPでの価格を含めた。auについては2年契約前提の「誰でも割」加入の場合を想定している。

 またキャリアもしくはオンラインショップで、多くの人に適用される割引やキャッシュバックのキャンペーンについては、トータルコストに反映させているが、学生だけ、年齢制限のある割引、キャンペーン、新規契約や機種変更、MNPの手数料は含んでいない。

  ドコモ「G2」 ドコモ「Xperia Z1」 au「GALAXY Note 3」
新規契約
(一括/実質)
7万6440円
/2万8560円
8万9040円
/3万3600円
7万5600円
/1万1760円
スマホから機種変
(一括/実質)
7万6440円
/3万8640円
8万9040円
/4万3680円
7万5600円
/2万4780円
ガラケーから機種変
(一括/実質)
7万6440円
/2万8560円
8万9040円
/3万3600円
7万5600円
/2万4780円
MNP
(一括/実質)
7万6440円
/0円
8万9040円
/0円
7万5600円
/1万1760円
ISP spモード spモード LTE NET
315円 315円 315円
基本使用料 タイプXi にねん タイプXi にねん LTEプラン
780円 780円 980円
通話料 21円/30秒 21円/30秒 21円/30秒
パケット定額 Xiパケ・ホーダイ ライト Xiパケ・ホーダイ ライト LTEフラット
4935円 4935円 5985円
主なキャンペーン 機種変更で「はじめてスマホ割」(実質価格に反映) 機種変更で「はじめてスマホ割」(実質価格に反映) auにかえる割
-1万80円 -1万80円 -月980円(最大2年間)
ドコモへスイッチ割 ドコモへスイッチ割 GALAXY Note 3デビューキャンペーン
-1万140円 -1万140円 -2万1000円
/-1万500円
他社からのりかえキャッシュバックキャンペーン(+GS L-01F) 他社からのりかえキャッシュバックキャンペーン  
-4万円 -2万円  
2年間トータルコスト 8万4500円(MNP)~ 10万4500円(MNP)~ 14万1960円(MNP)~

 その結果、ドコモの2機種が8~10万円台となりauのGALAXY Note 3に差をつけた。勝因は主に3点あり、MNPの月々サポートの割引が大きく、実質価格が0円であること。パケット定額の通信量制限が3GBと小さいが、定額料が安いXiパケ・ホーダイ ライトに加入できること。オンラインショップで12月1日までMNP向けにキャッシュバックキャンペーンが行われている点だ。特にLG G2は大きなキャッシュバックが用意されている。

 auもMNPユーザーは割引が強化されていて、合計4万4520円の割引が受けられるのだが、MNPの実質価格、基本使用料、パケット定額がちょっとずつ高い。その代わりパケット定額の通信量上限は7GBのプランだ。

 また対応するFTTH/CATVサービスと組み合わせることで利用できる、「auスマートバリュー」に入っていれば、さらに最大3万5520円の割引が発生し、トータルコストが10万円台になるので、かなり差が縮まる。

Xperia Z1がきっちり勝利

 スペック、料金をチェックした結果、ドコモのXperia Z1がまず1勝と判断。家電量販店の売上ランキングでも上位に入っており、冬モデルの中ではまずはリードしている感がある。重量とスタミナが気になるものの、欠けている機能が無く、Xperiaシリーズのフラッグシップでありながら、MNPであれば実質0円で買えるのはうれしい点。

 ドコモのLG G2もMNPならキャッシュバックが増額されているが、今のところ買い手を選ぶ端末と言える。ただ操作性は結構良いのではと考えており、今後のテストに注目である。auのGALAXY Note 3も、MNPであれば実質1万円台なのだから激安だ。Noteの独自の使い勝手をどう評価するかもポイントだろう。

 次回はスピードチェック。こちらもテスト内容を変更し、文字入力、通信速度比較のほか、起動速度なども見ている。楽しみにしてもらいたい。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ