特集・連載

【法林岳之・石川温・石野純也の「モバイル座談会」-第9回-】

法林岳之、石川温、石野純也の3氏が語る「SIMフリー版iPhone登場&MVNOどうなる?」

文●mobileASCII編集部、小林誠

2013年12月16日 07時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ケータイライター

法林岳之氏

 ケータイ業界のご意見番的な存在。WEB媒体「ケータイWatch」の連載など、初心者にもわかりやすい解説でおなじみ。人気の「できるポケット」シリーズほか、著書も多数。


ケータイジャーナリスト

石川温氏

 スマ-トフォンなどモバイル情報について世界中を飛び回って取材し、テレビや雑誌、WEBなどで活躍中。週刊メルマガ「スマホ業界新聞」(http://ch.nicovideo.jp/226)を配信中。


ケータイジャーナリスト

石野純也氏

 宝島社で編集に携わり、数々のケータイ関連誌を立ち上げる。独立後はケータイジャーナリストとして関連業界を取材し、WEB、雑誌、新聞などの媒体で記事を執筆。主な著書は『モバゲータウンがすごい理由』(マイナビ新書)など。

 

SIMフリー版のiPhoneは
ハイリスクなスマホ?

編集部(以下、編) 11月22日に急遽、アップルからSIMフリー版のiPhoneが発売となりましたが、なぜこのタイミングで投入されたのでしょうか?

石川温氏(以下、石川) それは法林さんが前から(アップルからSIMフリー版が出ると)言っていたし、そういう流れだったんじゃないですか?

石野純也氏(以下、石野) 法林さん効果?

一同 (笑)

石川 「iPhone 5s/5c」がドコモから発売となって全キャリアから買えるようになり、(MVNOの)ベースがあるからこのタイミングで出たんでしょう。米国でもT-Mobile(注:本社ドイツ、米国では第4のキャリア)版が発売されたけど、SIMフリー版も売られているみたいでして、このキャリアモデルが最初に出て、その後SIMフリー版が発売という流れは、今後も続きそうな感じがします。来年もし「iPhone 6(仮)」が出るとして、同様に9月にキャリア版がまず登場し、その1~2カ月後にSIMフリー版が出るという流れになればおもしろいですよね。

法林岳之氏(以下、法林) 石川さんが他の媒体でコメントしていたけど、2カ月くらいキャリアに優先権を持たせて、あとはSIMフリーを売りますという感じなのかな。まあ、(SIMフリー版は)好きな人しか買わないからね。

石野 買っちゃった(笑)。

一同 (笑)

「SIMフリーiPhone登場&MVNOどうなる?」

▲SIMフリー版iPhoneは、アップルのHPから購入することができる。

法林 リスクが大きいんですよ。値段も高いし。これはきちんと言っておかないといけないけど、メイン端末として買う場合、SIMフリー版「iPhone」は万が一、壊してしまっても代替機が出ないんです。たとえば、(キャリアで購入した)Android端末なら、壊れてもショップに駆け込めば、ほとんどの場合、代替機を用意してくれるし、補償サービスのお届けサービスに入っていれば、代替機が送られてきてSIMを差し替えれば使えますよね。それを考えると、実はSIMフリーの端末って、リスクがすごく大きい。

一同 (うなずく)

法林 IIJのエンジニアの方(注:IIJのエンジニア・堂前清隆氏)がブログで書いていたけど、SIMフリー版iPhoneって、SMS対応で動作が変わるとか、LTE対応の話とか、ネットワーク的に解明されていない部分が多いので、そう考えると、やはり好きな人じゃないと買えないかなと。

石川 SIMフリーのiPhoneは嗜好品ですよね。我々もSIMフリーのスマホを海外とかで使いますけど、メインがあったうえでのSIMフリーですからね。海外で使っているときに日本にかかってきた電話を全部SIMフリー1台に転送させるって面倒くさいし。理想的にはメインを持っていて、現地ではSIMフリーでインターネットを使うというやり方なので。だからSIMフリー版で(料金的に)元をとるのは、けっこう大変というところはあるかなと。

石野 ただし、キャリアが「iPhone 5c」に高額なキャッシュバックをつけているので、そのSIMをSIMフリー「iPhone」に挿せるんですよね。だから「5c」を売って、そのSIMをSIMフリー「iPhone」に挿して使えば、結構、普通に使える。もちろん、法林さんがおっしゃっていた補償の問題は大きいけど、壊れたら買い直すという気概があるなら、ありかなと。

法林 だけど7~9万円だよ。あの金額は大きいよね。

石野 ただアップルのローンだと1年間利子が付かないので、キャリアの割引をもらいつつなら使えるんじゃないかなぁと。

石川 毎年「iPhone」を買うのなら、まずキャリアの「iPhone」を買って、1年後にSIMフリー版を買うというスタイルはありかもしれない。キャリアの契約を引き継ぎつつ(SIMを挿して)SIMフリー「iPhone」を使って、2年後また縛りが切れたらキャリアの「iPhone」を買うというやり方はありなのかなと思う。

石野 そうなると、キャリアが「iPhone」を乱売しなくなるかもしれませんね。

法林 いや、売り方は変わらないと思うね。ただ、SIMフリー版を買っても、ドコモ版「iPhone」のユーザーは、さほど影響がないと思う。auとソフトバンクのiPhoneユーザーはアップルの「AppleCare+ for iPhone」に加え、独自の補償サービスに加入できるんだけど、それが端末のシリアル番号と紐付いている。だから、SIMフリー版にSIMを挿し換えて使うと、SIMフリー版で加入したAppleCare+のみの適用になってしまう。特に、auはスマートバリューで修理代金保証が2回まであるので、それがなくなるのは痛いでしょう。ドコモのSIMは、SIMフリー版iPhoneに挿してもAppleCare+に入り直せばいいので、実質的な補償範囲は変わらない。本来、キャリアは、そういうところでがんばらないとダメだってことなんですよ。

石野 そうですよね。

石川 単に同じ端末だと言っても、その上に載るサービスでどう違いを出していくのか、というのはあるんですよね。

MVNOがさらに盛り上がる!
SIMフリーのiPad登場は!?

 キャリア的には、これを機にiPhoneのSIMロックを解除してしまうという動きはないのでしょうか?

法林 いや、やらないでしょう。それだとインセンティブ(注:販売奨励金、割引のこと)を載せて売る理由が無くなってしまう。

石野 ロックがかかっていても解除ができても、今は端末の代金が事実上の縛りになっているので、同じといえば同じですよね。逆に言えば、キャリアからすれば、SIMロック解除をやったからといって、ユーザーが増えるわけでもない。ドコモのAndroidでSIMロック解除をしている人がどれくらいいるかと考えると、そんなにいない。もちろん、(私の)願望としてはやってほしいですよ。やってほしいですけど、キャリアとしてはPR効果もユーザー獲得も見込めない。Androidとは仕組みも違うし、コストだけがかかるとなると、やらないと思いますね。

「SIMフリーiPhone登場&MVNOどうなる?」

石川 これまでもキャリアに「スマホをSIMフリーで出してほしい」という話があったわけですけど、「通信方式が違います(から難しい)」で、終わっていたわけですよ。ただ、今は「iPhone」ならば、どの通信方式でもつながるわけで、このタイミングで、ようやく“SIMフリー”というのが、簡単にできるようになった。なので、今はSIMフリー端末の誕生を記念すべきタイミングなのかなと。

石野 確かに今回のSIMフリー版「iPhone」を呼び水に、SIMフリーという世界があるよと世間一般の人が知ることができる機会にはなるのかなと思う。「iPhone」は有名だし、今の日本ではスマホ全体の75%くらい売れている端末です。MVNOを使って、2台目の端末として月980円でずっと使っていれば、キャリア版「iPhone」よりも安く使えることもあるので、「iPhone」お試し層が使ってみるのも悪くはないです。あと、これを機会に、もっと安いSIMフリー端末が登場すれば、コスト効果も出てくるかなとは思いますね。たとえば、SIMフリー版「Nexus 5」なら、もっと安く使えますから。それこそ、キャリアの割引がなくても、安く使えます。今はキャリアの販売方法は、ハイエンド端末に割引をどかっと付けるという方法しかないので、それを変えるキッカケになればいいなと期待しています。

石川 それと、今はSIMフリー版があるのはiPhoneだけですが、もし引き続きSIMフリー版のiPadが登場したら、それがひとつの契機になる気はしますね。電話機の場合、やはりメインの電話番号を変えるのはなかなか難しいし、安いからといって日本通信のSIMをメイン回線に変えるというのは敷居が高いと思うんです。なので、SIMフリーのiPadが登場して、そこに月980円のSIMを挿すというのが、次の盛り上がるタイミングなのかなという気がしますね。

石野 シェアプランとかで、キャリアがSIMフリーを受け入れてくれれば、いいですよね。今だとキャリアのSIMロック版「iPad」を買うのはちょっと、という人もいると思うので…。

法林 石川さんが言っているように、iPhoneは通話があるので、なかなか難しいけど、iPadでSIMフリー版が出てくると、劇的に状況が変わると思います。インパクトはかなり大きいと思いますね。それはiPadだけでなく、MVNOを含めて活性化すると思う。すごく良いことですね。

石川 MVNOに関して言うと、価格競争がいくところまでいっている感じがするので、これからけっこう厳しくなっていくのかなと思いますけどね。

「SIMフリーiPhone登場&MVNOどうなる?」

法林 MVNOは今、何を提供するのかということが難しいタイミングです。データ通信のサービスを提供するネットワークオペレーターなのか、それとも通話系サービスも含めて提供するのか。050plusのようなサービスもそうだけど、音声通話サービスだけをネットワークにのせて提供するのか。本当の意味でネットワークを借りてサービスを提供するのなら、日本通信やIIJがやっているスタイルなんでしょうけど、BIGLOBEがやっているようにスマホにIP電話を載せるという、一歩先を行くグループもある。MVNOでも、いくつかのグループに分かれてきてるんじゃないかな。

石川 単にSIMカードを980円で売りますというのはもう限界にきていて、そこで何を提供するのかという勝負になってきている。先日、日本通信の三田社長(注:三田聖二氏)の取材をして日経にも記事を書いたのだけど、彼らは03の電話番号をスマホで使えるようにするサービスをやろうとしている。980円のSIMを販売するだけでなく、通信とそれ以外に自分たちで持っているモノを組み合わせて違いを出せるかどうかが、来年のMVNOのカギとなってくるのかなあと感じますね。

法林 そういう意味では、「楽天でんわ」もそうだけど、来年は“スマホの通話”が主戦場になりそう。

石川 キモです。

石野 そうですよね。ドコモはVoLTEも始めますし(注:LTEの回線を通話で使うサービス)。

石川 ウィルコムのMNPも始まるし。音声がどうなるか、というテーマが2014年に向けてありますね。

石野 音声通話が再び注目される1年になってくれればと思いますね。

法林 そうなればいいんだけど…。ネタとしてはあっても、お客さんがそちらに向いてくれるかどうかは、また別だけどね。皆が音声通話に向いているというのは感じるんだけど。

石野 そうですね。「楽天でんわ」もアプリが10万ダウンロードされたみたいで、通話料を節約したいとか、もっとキレイな音声で通話したいという潜在的なニーズはあるんだと思います。僕はauに一時MNPしたんだけど、結局ドコモに戻ったのは、通話品質がドコモのほうが良いというのが理由のひとつでした。わりと、キャリアはそういうニーズにも応えられていない。あと、BIGLOBEの「ほぼスマホ」は、Wi-Fi、3G、LTEを自動的に切り替えるアプリや、使っていないときはLTEをオフにするという仕組みを入れています。ですので、ネットワークをうまく束ねることや、音声を提供できるかということが、今後のMVNOの価値が決まるのかなと思いますね。

次のページ>>海外でのSIMフリーの使い方

<< PREV 1 2 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク