iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c基本操作&設定&使い方ガイド-第13回-】

iPhoneのプリインアプリ「マップ」の使い方を解説! ルート検索/ブックマーク/航空写真の使い方など基本機能と操作を覚えよう!!

文●mobileASCII編集部

2013年12月29日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ルート検索」「ブックマーク」
「航空写真」の使い方を解説!

 ここからは、「マップ」アプリに備わった各機能を詳しく紹介していきます。ましょう。ぜひ、実際に指を動かしながら、機能を試してみてください。

ルート検索

 キーワード検索などでチェックしたスポットまでの道順を調べてくれる「ルート検索」機能。クルマ、電車、徒歩の3種類のルートを調べることができるようになっています。このうち、クルマと徒歩は標準機能での検索ができますが、電車については別途、乗り換え案内アプリを入れる必要があります。まずは、クルマや徒歩のルート検索の方法を紹介しましょう。

① ルート検索の方法

iPhone5s

▲まずは、キーワード検索で行きたいスポットを探します(ここでは例として、「福岡空港」をチェック)。スポット名が地図上に表示されたら、左上の「ルート」アイコンをタップします(左写真)。次の画面でクルマ、徒歩のいずれかをタップして「経路」をタップしてみましょう(右写真)。

iPhone5s

▲すると、ルートが表示されます。複数の経路があるときは、他の経路が薄い色で表示されます(左写真)。ここでは、有料道路を使うルートと、そうではないルートが表示されました。ルートを切り替えるには、薄く表示された道路をタップすることで切り替わります(右写真)。

② ルート案内を開始する

iPhone5s

▲ルートが決まったら、ナビ機能を使うことができます。現在地までの道順を音声つきで案内してくれる機能です。画面右上の「出発」をタップしてみてください(左写真)。画面が切り替わり、音声ナビが始まります(右写真)。

③ ルート案内を停止する

iPhone5s

▲ルート案内中はメニューが表示されませんが、画面のどこかをタップすることで、終了メニューが現れます(左写真)。ここから「終了」をタップすることで元の画面に戻ることができます(右写真)。

ブックマーク

 おいしい飲食店や、お気に入りのショップなどを見つけたときは、ブックマークして場所を保存しておくことができます。ブックマーク名を変えて、わかりやすい名前で表示させることもできます。

①ブックマークを登録する

iPhone5s

▲画面下の“共有”アイコンをタップして共有メニューを開き、「ブックマーク」をタップします(左写真)。名前をつけて「保存」をタップすると、ブックマークに登録されます(右写真)。

②ブックマークを開く

iPhone5s

▲登録したスポットを開くには、画面右上にある「ブックマーク」をタップします(左写真)。すると、ブックマークの一覧が表示されます(右写真)。タップした場所の地図が表示されます。

航空写真

 地図の表示形式を航空写真に変更可能です。通常の表示形式ではわからない、現地の地形などを写真で見ることができるようになります。目的地の周囲には駐車場があるのか? といった情報を、視覚的に得られるので便利です。

航空写真に切り替える

iPhone5s

▲画面右下の「i」をタップしてこの画面を開き、「航空写真」をタップします(左写真)。すると、表示形式が切り替わります(右写真)。駐車場などが見えますね。


 地図には、さまざまな使い方があるのがお分かりいただけたでしょうか? 旅行のときだけでなく、買い物や仕事での訪問など、日常的にも活用できるので、積極的に利用してみてください。次回はカメラの使い方を解説します!

<< PREV 1 2 NEXT >>

この特集のほかの記事

関連記事

こんな記事もオススメ!

mobileASCII.jp TOPページへ