特集・連載

8インチWindows 8.1タブレット、Acer「Iconia W4-820」レビュー! 4万円でOffice&64GB搭載で、お買い得!

文●島 徹

2013年12月28日 20時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

Acer(エイサー)の最新8インチWindows 8.1タブレット
「Iconia W4-820」をレビュー


 Acer(エイサー)の「Iconia W4-820」は、現在発売されている8インチのWindows 8.1タブレットの中で、64GBストレージを搭載しながらも4万円前後とお買い得なモデルだ。基本スペックは他社のモデルと同じく、最新の4コア省電力CPU「Atom Z3740(最大1.8 GHz)」とOffice 2013を搭載し、連続10時間駆動する。さらに、マイクロHDMI端子から大画面TVや外付けディスプレイへの接続も可能だ。

8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

「iPad mini」や「Nexus 7」などと同じ、4万円前後の価格とサイズながら、フルスペックのWindows 8.1とOffice 2013を活用できる、この8インチタブレットのレビューをお届けする。

 

■Iconia W4-820のラインナップ
  Iconia
W4-820/FH
Iconia
W4-820/FP
実売価格 4万8,000円前後 4万2,000円前後
ディスプレイ 8インチIPS
1280×800ドット
CPU/
メモリー
Atom Z3740
(1.33GHz 4コア)
メモリ2GB
ストレージ 64GB(eMMC)
サイズ/
重量
218.9×134.9×9.75mm
415g
連続
駆動時間
約10時間
Office
2013
Office
Home
and
Business
2013
(Word、Excel、Outlook、PowerPoint)
Office
Personal
2013
(Word、Excel、Outlook)

▲2モデルの違いは、Office 2013のPowerPointの有無のみ。先に発売されたレノボの「Miix 2 8」や東芝の「dynabook Tab VT484」と違って、低価格モデルの「Iconia W4-820/FP」もストレージ容量が64GBとお買い得感が高い。店によっては、特典の適用やポイント還元により実質4万円以下から購入できる。

iPad風の縦持ちで操作しやすい
ボタン配置を採用

 本体のデザインやボタン配置は、「iPad」や「Androidタブレット」と同じく、縦持ちでの操作が前提のものになっている。電源ボタンと音量ボタンを本体上部に配置し、Windowsボタンをディスプレイの下に搭載するなど、かなり「iPad」に近い印象を受ける。

 カメラの配置も同様で、200万画素のインカメラと500万画素のアウトカメラを搭載。色の鮮やかさや解像度には欠けるものの、やや暗い室内でも撮影は可能だった。

8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

▲ロゴやボタンすべてが縦向き。本体の上にディスプレイパネルが載っているかのような2層構造になっている。

8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

▲背面は樹脂製ながら、ヘアライン風の処理で安っぽさを感じさせない。

 ディスプレイは8インチ(1280×800ドット)で、一般的なタブレットと同じく広視野角なIPS方式のグレア液晶を採用。極端な黒の締まりなどはないが、色鮮やかに写真や映像を表示できる。

 画面の明るさは最大値が400cd/m2、最小値で24cdm/2と、屋外でも見やすく、逆に暗い部屋でもまぶしくないレベルまで明るさを落とせる。低価格端末では画面をあまり暗くできない端末も多いだけにうれしい仕様だ。標準では照度センサーがオンになっているので、大まかな明るさを指定しておけば周囲の光量に応じて画面を最適な明るさに保ってくれる。

 Windowsボタンは、ディスプレイの表面よりも一段下がった位置に搭載。物理ボタンなので、タッチセンサーと違って本体を横持ちしたときに指や手の平で誤操作しづらい。

 拡張端子は、よく使うヘッドホン兼マイク端子とマイクロUSB端子を、本体下部にまとめて配置。ステレオスピーカーも搭載するが、音質を重視したものではなくステレオ感も弱い。できれば、横向きでの動画視聴を前提に本体前面へ搭載してほしかったところだ。

8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

▲底面にヘッドホンとマイクの兼用端子、充電にも利用するマイクロUSB端子、ステレオスピーカーを搭載。Windowsボタンは物理ボタンとなっている。

8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

▲側面にはマイクロHDMI端子とmicroSDカードスロットを搭載する。カードスロット用のカバーは搭載されていない。

8インチWin8.1タブ「Iconia W4-820」レビュー

▲標準でマイクロUSB端子にUSB接続の周辺機器を接続するためのホストケーブルが付属する。しっかりと本体に差し込めるので、安心して周辺機器を活用できる。

 重量は415gと、350g前後が主流の7~8インチタブレットと比べやや重ため。とはいえ、片手で持って操作するぶんには特に不便な点はない。ただ、筆者の感覚で言うと400g以上の端末は一般的な情報誌より重いこともあり、タブレットというよりは小型PCを持っているという印象を受けた。

次のページ>>バッテリーの持ちは?

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク