特集・連載

【ドコモ・ドットコム スマートフォンレポート 出張版-第6回-】

iPhoneユーザー調査 ゲームアプリの実際の利用数と、売上及びダウンロード数との比較から見える傾向は?

文●ドコモ・ドットコム

2014年02月19日 18時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在アプリ市場においては、ゲームの利用が圧倒的に多く、加えて日々様々なタイトルがリリースされており、その中からは「パズル&ドラゴンズ」のようなビッグヒットタイトルも出現している。課金モデルとしては、ダウンロード無料+追加個別課金といったフリーミアムモデルが主流となっており、またこれとは別に、広告収益や会員の囲い込みを目的とした完全無料アプリも広く展開されている。一方で初回に課金するモデルは、パチスロアプリなど一部を除くと利用は少ない傾向にある。

 当社では、調査モニターの方に許諾を得た上で携帯端末利用ログを集計し、どのようなアプリをどの程度利用したのかを把握した調査データを活用している。今回は2013年10月におけるiPhoneゲームアプリに注目し、当社独自集計にて利用数を計測した上でランキング化してみた。

docomocom

「パズル&ドラゴンズ」や複数のLINE関連ゲームアプリなどが上位に位置しており、実際に多くのユーザーに利用されていることがうかがえる。またそのほとんどがフリーミアムモデルになっていることから、課金モデルにおいてはフリーミアムモデルが現在の主流になっていることが明白となっている。

 一方、以前本レポートに寄稿していただいたApp Annie社が保有するデータより、前述と同時期にあたる2013年10月のiPhoneアプリ売上及びダウンロードランキングを抽出したのが「図2」である。

docomocom

 前述の「図1」=実際のユーザー利用と、「図2」=売上・ダウンロード数を比較すると、どういったことが浮かび上がるのか、以下記載してみたい。

 まず、「パズル& ドラゴンズ」やLINE 関連アプリ、「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」といったビッグタイトルは、利用頻度も高く、故に売上もダウンロード数も高いことがわかる。リリースから時間がかなり経過している「パズル& ドラゴンズ」などはダウンロード数がやや落ちているものの、それでも今なお多くのユーザーが新たにダウンロードし、その利用者を増やし続けている模様である。

 また、実際のユーザー利用数ランキングで上位に位置しているタイトルにおいては、リリースから時間が経過しているものが多い。そのような場合、売上的には大きいものの、単月のダウンロード数的には上位に入っていないケースも存在する。このようなケースからは、かつてダウンロードしたのち、プレイ後にハマってしまい、ずっとやり続けている、といったユーザーが多く存在している傾向が感じられる。リリース後すぐに大きな売上をあげるというよりも、徐々にユーザー数を増やしつつ売上も高まっていくといった、長期的な成功モデルケースも多い模様だ。

 一方、ダウンロード数ランキングに注目すると、比較的最近リリースされたものが多いことに気付く。このことから、話題性の高い新規タイトルについては、とりあえずダウンロードしてみる、といったユーザーの動きがうかがえる。フリーミアムモデルや無料アプリであればこのような流れが抵抗なく行えるため、ユーザー側も安心してお試し的にダウンロードしてみるのだろう。その上でプレイし、面白いと思ったものはその後長期間に渡って遊び、課金する、といった流れが想定される。このことから、まずはダウンロードさせる促進活動を行った上で、長期に渡って利用してもらえるようなある種の中毒性を如何にゲームに持たせるかが、長期間のプレイ及び大きな課金収益獲得の鍵と考えられる。

 またダウンロード数ランキングには、無料アプリが複数ランクインしている。これらは広告収益や、ユーザーを囲い込み、自社の姉妹課金アプリへ流し込むことを目的として展開されているケースなどと想定されるが、課金型メジャータイトルと同等のダウンロード数を記録している点は注目である。コンテンツビジネスを展開する際は、ついつい課金収益を如何にしてあげるか、という点に着目しがちであるが、完全無料アプリを上手く活用し、自社ビジネスに如何に寄与させられるか、といった点もコンテンツビジネスの重要な鍵と感じられる。

 今回はそれぞれ上位15位までとかなり限った形での表記とさせていただいたが、もう少し幅広いレンジで見ると、より様々な傾向が浮かび上がってくる。掲載している各ランキングの詳細にご興味のある方は、是非お問い合わせいただきたい。

※接触率:指定期間内の有効サンプル(=期間中の全利用者)において、当該ドメイン/サブドメインへ接触した人の割合
※利用数:アプリへの接触を10分単位で計測し、10分間に1度でも視聴があれば1カウントと記録。
※利用数ランキングにおいては、調査モニターの属性傾向が反映されている点をご了承下さい。

■利用者数ランキング
取得データ :iPhoneユーザーのインターネット経由でのサイト・アプリ接触状況データ
※3G(UQ含む)/Wi-Fi経由とも取得
調査対象 :関東地区在住のiPhoneユーザー 計815名
男性 445サンプル/女性 370サンプル
集計対象期間:2013年10月1日(火)~10月31日(木)
調査実施機関:ビデオリサーチインタラクティブ
■2013年10月 App Store ゲームカテゴリ
売上ランキング/ダウンロード数ランキング(国内)
出典 :App Annie

App Annieについて

App Annieはアプリストアの分析と世界のアプリ市場に関するマーケットデータの分野におけるリーディングカンパニーです。iOSパブリッシャー上位100社のうちの9 0% 以上がApp Annie のサービスを利用しています。App Annieは、サンフランシスコ、北京、東京、ロンドン、ソウル、香港に拠点があります。35 万を超えるアプリで利用されているアプリ解析ツール「App Annie アナリティクス」と、390 万以上のアプリに関するランキング推移などの情報データベースである「App Annie ストアスタッツ」を無償で提供しているほか、アプリマーケットに関する最も精度の高いデータ「App Annie インテリジェンス」において、ダウンロード数や売上データの推計値を有償で提供してい
ます。

お問い合わせ:jp.contact@appannie.com

 

【株式会社ドコモ・ドットコム】

 1999年のiモードサービスなどの開始によるモバイル市場の誕生とともに設立。10年以上にわたり蓄えてきた豊富なノウハウや培われた経験と、最新のデータや情報を独自に分析したマーケティングデータなどに基づいたコンサルティングサービスの提供、また最適なソリューションの提案で、クライアントの更なる企業価値向上やモバイル市場の拡大に貢献する。

■関連URL
株式会社ドコモ・ドットコム

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク