iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c基本操作&設定&使い方ガイド-第20回-】

計算のパフォーマンスが向上する!「計算機」アプリの小技を覚えよう

文●タトラエディット

2014年02月21日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タッチ操作ならではの「計算機」アプリの
操作法を身につけよう


[iPhone 5s/5c]計算機の小技を覚えよう

 iPhoneの「計算機」アプリというと、簡易的な電卓をアプリにしたものだろう、と考えている人がほとんどだと思います。ところが、このアプリにはエンジニアや数学、物理を学ぶ学生が行う科学計算のための関数機能もこなせるのです。もちろん、一般の人が科学計算を行うことはありませんが、少し複雑な計算をしたい場合、この機能の一部を使えば、計算が楽になるでしょう。

 また、iPhoneはスクリーンに触れて操作するため、ボタン式の電卓とは多少異なる操作法があります。それを知っていると、計算する際に戸惑うことがなくなるだけでなく、機能を拡張することができるのです。

 ぜひ「計算機」アプリのちょっとした技を身につけて、計算のパフォーマンスを上げてください。


コントロールセンターですばやく起動

「計算機」の起動は、ホーム画面でアイコンをタップするほかに、コントロールセンターで行う方法があります。この方法なら、ほかのアプリを使用している場合やロック画面でも、すばやく起動することができます。ただし、この機能を使うためには設定が必要です。

iphone iphone

(写真左)コントロールセンターは、スクリーン下から上にスワイプすると現れます。起動は、その中にある「計算機」アイコンをタップします。(写真右)ロック画面やほかのアプリを使用中にコントロールセンターを表示させるためには、設定 > コントロールセンターで、「ロック画面でのアクセス」や「App内でのアクセス」をオンにする必要があります。


タテ向きで簡易式電卓、ヨコ向きで関数電卓

「計算機」は、iPhoneをタテ向きにすると簡易式電卓になり、ヨコ向きにすると関数電卓になります。計算途中で向きを変えても、続けて計算を行うことができます。通常、簡易式電卓にあるメモリ機能は、関数電卓に付属しています。加減計算と乗除計算が組み合わさった計算の場合は、ヨコ向きで計算するとよいでしょう。

iphone

▲計算方法は説明するまでもないと思いますが、÷×-+といった演算子をタップすると黒い枠で囲まれるので、今どんな計算をしているかが分かるようになっています。注意したいのは、「=」をタップしても数値が点滅しないことです(ボタン式の電卓では一瞬点滅します)。たとえば、2500÷50=50という計算では、答の50が点滅しないため、勘違いしてもう一度「=」をタップして間違った答になる可能性があります。ボタン式の電卓では「C」と「AC(オールクリア)」の両方のボタンがありますが、「計算機」では数値を入力すると「AC」から「C」に変わります。ちなみに、「C」をタップすると、直前に入力した数字を消去します。

iphone

簡易式電卓と関数電卓の表示面での大きな違いは、表示できるケタ数が違うことです。簡易式電卓では6ケタ、それに対して関数電卓では16ケタを表示できます。関数計算は、引数を先に入力して関数をタップするタイプです。また、左上の「2nd」をタップすると、一部の関数が別のものに置き換わります。

次ページ>>ここからが本題!?
意外に知らない小技と活用テク!

<< PREV 1 2 NEXT >>

この特集のほかの記事

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク