iPhone 特集・連載

【iPhone 5s/5c基本操作&設定&使い方ガイド-第25回-】

iPhoneの「カレンダー」の使い方&操作方法をマスターして、日々の予定をしっかり管理!

文●タトラエディット

2014年03月29日 08時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[iPhone 5s/5c]「カレンダー」の使い方をマスターしよう

 iPhone 5s/5cに搭載されている「カレンダー」機能。この「カレンダー」を使うと、たくさんのイベント(予定)がある人でも効率的にイベントを管理することができます。

 たとえば、「プライベート」や「仕事」などイベントの種類ごとに管理が可能で、通知機能を使えば、大事な予定を忘れることもありません。また、見たい情報に応じて、最適な表示モードに切り替えることができます。家族などほかの人と、イベントを共有することも可能です。

 このように便利なアプリですが、機能が多彩なので、最初はある程度使い方を習得する必要があります。といっても、時間はそれほどかかりません。「カレンダー」の機能を習得して、あなたにとって有用な使い方が見つけてください。


「カレンダー」は、週表示以外は
基本的にiPhoneを縦位置にして操作する

「カレンダー」には、年、月、週、日別、イベントリスト、イベントの6種類の表示モードがあります。表示モードの切り替え方法を把握しておかないと、とっさのときにすばやく情報を確認することができません。最初に注意したいのは、週表示を別にして、基本的にiPhoneを縦位置にして操作する必要があるということです。

 以下の説明は、特に断りがない限り縦位置での操作です。

月表示は2種類の表示方法がある

 月表示は、日別表示に切り替えるための基本表示モードです。この表示モードへの切り替えは、年表示や日別、イベントリストの各表示から可能です。切り替えの方法は、それぞれの表示モードの説明を参照してください。

 日別表示への切り替えは、「日にち」をタップします。月表示には、日別のイベントリストを画面下部に表示するモードと、表示しないモードの2種類があります。「表示するモード」では、「日にち」をタップしても日別表示に移動できないので、注意が必要です。

25 25

(写真左)イベントリストを表示しないモード。イベントがある日には、グレーの丸が表示されます。年表示に切り替えるには、画面上部の「年数」をタップします。「今日」を含む月表示にするには、画面下の「今日」をタップします。今日の日にちは、赤い丸の白抜き文字になります。 (写真右)イベントリストを表示するモード。このモードへの切り替えは、画面上部の「イベント表示」アイコンをタップして行います。アイコンがハイライトになります。なお、月の移動は上下のスワイプ操作で行います。

昔のイベントを確認したい場合は年表示へ

 年表示への切り替えは、月表示から可能です。また、月表示への切り替えは、表示させたい月のエリアをタップします。

25 25

▲(写真左)月表示に切り替える場合、表示させたい月エリアをタップします。年の移動は、上下のスワイプ操作で行います。画面下の「今日」をタップすると、今日を含んだ年表示に切り替わります。 (写真右)「今日」の表示にすると、1日の予定の内容を確認できます。

日別表示とイベントリスト表示を切り替えて使う

 日別表示への切り替えは、月表示やイベント詳細表示、また同じ日別表示からも可能です。イベント詳細に切り替えるには、イベント項目をタップします。なお、この画面ではイベントリスト表示に切り替えることが可能です。

25 25

(写真左)日別表示では、その日を含む1週間の日にちが画面上部に表示されます。この表示エリア内で左右にスワイプすると、1週ごと移動します。別の日に移動するには、表示させたい「日にち」をタップするか、イベント表示エリア内で左右にスワイプすると、1日ごとに移動します。イベントをタップすると、イベント詳細表示に切り替わります。イベントリスト表示への切り替えは、画面上部のリストアイコンをタップします。 (写真右)切り替わると、アイコンがハイライトになります。この表示モードでは、最も上にその日のイベントが表示されます。もしイベントがなければ、その日以降で近いイベントが表示されます。上下のスワイプで、リスト表示を移動させることができます。

横位置でも表示可能なイベント表示

 イベント表示への切り替えは、日別表示、週表示、月表示のイベント表示、イベントリスト表示から可能です。イベント詳細は、ほかと違ってiPhoneを縦位置にしても、横位置にしても表示されます。イベントの詳細については、次ページの「イベントの登録」を参照してください。

25

(写真左)縦位置の場合は、画面上に「日」あるいは「戻る」と表示され、これをタップすると、日別表示に切り替わります。 (写真右)横位置では、「週」と表示され、タップすると週表示に切り替わります。

いろんな表示モードから切り替えられる週表示

 週表示は、イベント以外の表示でiPhoneを横位置にします。各表示モードでの週表示は、次のようになります。年表示や月表示では、選択されている日にちを含む週の表示になります。日別表示では、表示された日にちが含まれる週、イベントリスト表示では、先頭のイベントの日付を含む週に切り替わります。

25

▲週表示では、5日間の表示が可能です。一番左の日にちは、選択された日にちの1日前になります。iPhoneを縦位置に戻すと、1つ前の表示に戻ります。

次ページ>>「イベント」の登録方法をチェック!

<< PREV 1 2 3 NEXT >>

この特集のほかの記事

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク