水中でも陸上でも使えるWi-Fi延長ケーブルがとても便利

文●ASCII.jp編集部

2015年11月10日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルミカ「Wireless Line」
ルミカ「Wireless Line」

 以前、週刊アスキーで7.5mの自撮り棒(セルカ棒、セルフィー棒)であるルミカ「Birds iRod 6G-7500」を紹介し、さらにそのパワーアップキットである水中撮影キットもチェックした。

 「7.5mセルフィー棒が水中撮影キットで超絶進化!単体販売を熱望」で、水中撮影キットに使用されていたWi-Fi延長ケーブルが単品でも便利すぎるだろうと思い、記事で単体販売しないかしらと書いてみたところ、ルミカからそのテスト版が届いた。

 そこで今回は、11月下旬発売予定のルミカ「Wireless Line」をチェックしていく。価格は10m版は3500円、6m版は3000円とのことだ。

見た目はただのケーブル
しかしその効能はWi-Fi延長ケーブル

電波発信源(無線LANルーターなど)に対してペタっと先端パーツを取り付ける。パーツ自体に両面テープが用意されているが、長期運用に耐える性能はないので、別途テープで貼り付けるといい。とりあえず、発信元に密着していればいいので、細かいことを気にしないで済むあたりは、とても現場向きである
電波発信源(無線LANルーターなど)に対してペタっと先端パーツを取り付ける。パーツ自体に両面テープが用意されているが、長期運用に耐える性能はないので、別途テープで貼り付けるといい。とりあえず、発信元に密着していればいいので、細かいことを気にしないで済むあたりは、とても現場向きである

 Wireless Lineは、Wi-Fi延長ケーブルといえば分かりやすいもので、電波発信源と、受信させたい端末をケーブルで直結することで、電波強度を保つというものだ。

 もともとは水中撮影用として開発された経緯があり、「Birds iRod 6G-7500」のような長い自撮り棒を使用する際、スマホやPCでプレビューをチェックしやすくする目的が強い。

ちなみに『Birds iRod 6G-7500』はこんな感じの最長7.5mの伸縮式の棒だ。自撮りだけでなく、オフカメラでスピードライトを取り付けたり、高所を安全な場所からチェックしたりと使える一品
ちなみに「Birds iRod 6G-7500」はこんな感じの最長7.5mの伸縮式の棒だ。自撮りだけでなく、オフカメラでスピードライトを取り付けたり、高所を安全な場所からチェックしたりと使える一品

 しかし、これまでのテストの結果、地上においても電波を確実にキャッチできるため、「GoPro」や「THETA S」といったスマホからリモート操作できる製品用としても小便利であることは間違いないし、デジタル一眼レフのリモート撮影や地下空間での配信用の補助製品としても活躍する可能性の高いものだ。

スマホでプレビューをスムーズにチェックするとした場合、写真のようにスマホのイヤホンジャックに接続して固定する。これでほぼ直結した状態になるわけだ。またイヤホンジャックが埋まっているときは、テープなどで固定してもいい
スマホでプレビューをスムーズにチェックするとした場合、写真のようにスマホのイヤホンジャックに接続して固定する。これでほぼ直結した状態になるわけだ。またイヤホンジャックが埋まっているときは、テープなどで固定してもいい

 Wireless Lineの片側の末端はステレオピンプラグになっており、これをスマホなどに取り付ける。その反対側は電波発信源用のパーツになっており、カメラやルーターなどに取り付ける形で使用する。

 また、特にステレオピンプラグには通信機能はなく、ただ固定しやすいためにその形状になっているだけだ。細かい仕様については非公開だが、ケーブル末端からスマホまでの距離がほとんどないため、確実に電波をキャッチできるという認識でいいだろう。

 対応する周波数帯については記載されていないが、2.4GHz帯、5GHz帯とも遮蔽帯越しのテストをクリアしたので、まぁアンテナが延びてるようなイメージでいいだろう。

付属品としては『Birds iRod 6G-7500』などの長い棒に固定して取り回しを楽にするためのテープとホルダーがある
付属品としては『Birds iRod 6G-7500』などの長い棒に固定して取り回しを楽にするためのテープとホルダーがある

(次ページに続く、「10m版を撮影機材バッグに突っ込んでおきたい」)

10m版を撮影機材バッグに突っ込んでおきたい

見通しのいい場所の場合、Wireless Lineは不要なくらいだが、このシチュエーションの間に分厚い壁があっても電波を受信できるというのは強みだ
見通しのいい場所の場合、Wireless Lineは不要なくらいだが、このシチュエーションの間に分厚い壁があっても電波を受信できるというのは強みだ

 たとえば、ルーターからスマホの間にWireless Lineを取り付けてみた場合、そのままお風呂に入った場合でも、電波の減衰はほとんどない。まず入手して性能をチェックするときにオススメの方法だ。

 次にアクションカム系のガジェットをモニタリングしながら使用する目的であれば、まずWireless Lineナシでスマホとアクションカムを離してみて、プレビューのビットレートが低下する距離を探り出してみよう。

 GoProやTHETA Sの場合、6mあたりからプレビューのフレームレートが落ちるほか、ファイル転送速度もガクンと落ち込む。

 デジタル一眼レフの場合は、機種によりけりだが、アンテナが弱いものだと、やはり6m前後が限界になりやすい。そういった傾向から、10m版を購入しておくと、6m版よりも持ち運びは少し大変になるが、使い勝手はよくなるだろう。

週アスの記事でも試しているが、水中にアクションカムを突っ込んでも、プレビューはスムーズなままだった
週アスの記事でも試しているが、水中にアクションカムを突っ込んでも、プレビューはスムーズなままだった

 また10m版であれば、室内でビデオ配信を実行する場合にでも、電波強度の確保をしやすくなる。

 会場によっては有線LANが弱いときもあれば、人が多く電波状況の悪い場合もあるため、そういった場合の保険としても役立つ。もうひとつ、スマホとWireless Lineを接続していなくても、数mであれば電波強度は比較的強い状態になるため、受信しやすい場所からケーブルを延ばしておくといった使い方も効果的だ。

限定的な周辺機器かもしれないが人によっては必携

 アクションカムでフレームミングをチェックしながら録画するといった場合に、まず強力な周辺機器になる。本来は水中撮影用なので、水中撮影を趣味としているのであれば、いままで以上に撮影がしやすくなるだろう。取付についても、テープで止めておけばいいので下準備も楽なものだ。

 また、イベントや実況配信で電波強度に悩まされたことがあるのであれば、その補助アイテムとして活躍してくれる。家屋内の特定の場所の電波強度をある程度確保するといった運用にも耐えるため、意外と多くの需要があるのではないだろうか。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク