Alcatel「A5 LED」はミドルレンジ機とは思えない特徴が満載! 交換式カバーで機能も追加できる

文●ASCII.jp編集部

2017年03月02日 14時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alcatelブランドのスマートフォンを販売するTCLコミュニケーションはMWC 2017に合わせてスマートフォン新製品を発表。中でも注目は背面パネルが光る「Alcatel A5 LED」です。

新製品の目玉となるAlcatel A5 LEDを発表

 製品名が表すように、A5 LEDは本体の背面にLEDが複数埋め込まれています。この背面カバーは交換式で、追加機能を持ったカバーに交換可能。

 モトローラのMoto Modsはアタッチメントを背面にマグネットで貼り付けますが、A5 LEDは背面カバー方式として同様にさまざまなモジュールを交換できるようになっています。

LEDカバーを取り付けたA5 LED

 A5 LEDのスペックはMT6753(1.5GHz、オクタコア)、メモリー2GB、ストレージ16GB、5.2型HD解像度(720x1280ドット)ディスプレー、背面カメラ800万画素、正面カメラ500万画素など。

 サイズは146×72.1×7.7ミリ。価格は199ユーロ(約2万4000円)の予定。ミドルレンジクラスのスマートフォンですが、交換可能な背面カバーを提供することで、プラスαの価値を提供してくれます。

表のデザインはごく普通

 LEDカバーは背面のデザインとしてプリセットされたいくつかのパターンのライトを点灯させることが可能。端末を振ることでパターンを変更させることもできます。

 また、音楽再生中は音量に合わせて色のパターンが変わります。ほかにもノーティフィケーション機能もあり、Facebookの通知がくれば青い光とライトを「F」の形に点灯します。もちろん通話着信時などにもライトが光って知らせてくれます。

背面のライトパターンを自由に変更できる Light up now機能

 LEDカバー以外のモジュールはショーケース内での展示。スピーカーカバーはスタンド付きで、机の上に端末を立てかけながら音楽やビデオを楽しめます。

 バッテリーカバーは3000mAhの大容量電池を搭載。本体の2800mAhのバッテリー容量をほぼ倍増し、ヘビーユースでも1日以上持つパワーを提供。今後さまざまなカバーが出てくることにも期待したいものです。

スピーカーカバー(左)とバッテリーカバー(右)

 さて、背面LEDと合体機構だけがA5 LEDの特徴ではありません。アマゾンの音声認識AI「Alexa」対応アプリがインストールされており、今日の天気や予定を口頭で確認したり、対応する家電のコントロールも「電気をつけて」のように話しかけることで操作ができます。ミドルレンジモデルとは思えない、充実した機能と言えるでしょう。

アマゾンのAlexaにも対応

 今回発表されたAlcatelのほかのスマートフォンは、低価格が売りの「A3」と「U5」の2モデル。

 A3は指紋認証センサーを搭載しながら価格は149ユーロ(1万8000円前後)に抑えられています。スペックはMT6737(1.2GHz、クアッドコア)、メモリー1.5GB、ストレージ16GB、5型HD解像度(720×1280ドット)ディスプレー、背面カメラ1300万画素、正面カメラ500万画素。本体サイズは142×70.5×8.6ミリ。

 U5は4G対応スマートフォンながら99ユーロ(1万2000円前後)と、100ユーロを切る低価格モデル。スペックはMT6737M(1.1GHz、クアッドコア)、メモリー1GB、ストレージ8GB、5型480×854ドット解像度ディスプレー、背面カメラ500万画素、正面カメラ200万画素。サイズは140.7×71.8×10ドット。

149ユーロの「A3」
99ユーロの「U5」

 これらスマートフォン3機種に加え、2in1タブレット「Alcatel PLUS 12」も発表されました。OSはWindows 10、ディスプレーは11.6型フルHD解像度(1080×1920ドット)で、キーボード部分が分離します。

 タブレット本体側のスペックはCeleron N3350(1.1GHz、デュアルコア)、メモリー4GB、ストレージ64GB。Wi-Fiは802.11a/b/g/n/acに対応。さらにはWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載します。インターフェースはUSB Type-C端子とmicroHDMI端子、microSDカードスロットを備えます。

2in1タブレットの「Alcatel PLUS 12」
側面には指紋認証センサーを搭載。横にボリュームキー、USB Type-C、microHDMI端子が並ぶ

 キーボード部分とタブレットは専用の7ピンコネクタによる接続。キーボード側にLTEモデムが内蔵されており、Wi-Fiルーターとしてタブレット本体や他のスマートフォンなどと接続可能です。

 このキーボード側にもバッテリーが内蔵されているので、タブレットと接続時は給電することも可能となっています。価格は499ユーロで、2017年7月発売予定とのこと。

タブレットはキーボード上部に立てかける状態で利用する。キーボード側面にはUSB A端子を備える
タブレットとキーボードの接続は7ピン専用端子。タブレット側のバッテリーからの給電にも対応
キーボードのSIMスロット。nano SIM対応

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク