料金? 通信量? 使い放題? 格安SIMの選び方のポイントはコレだ!

文●ASCII.jp編集部

2017年03月13日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIMのサービスはたくさんありますが、どれを選べばいいの? と思っている人は少なくないはず。選ぶ際にチェックしたいポイントを紹介します!

 今春に格安SIMへの乗り換えを考えている人向けの情報を提供している本特集。前回は格安SIMとは何か? その基本を解説しました。しかし、実際に契約するとなると、たくさんの企業が参入していることもあって、どれを選べばいいのか結構悩ましい部分があります。

 もっとも格安SIMは競争が激しいこともあって、料金やサービス内容は比較的似通っており、自分が知っているブランドで選ぶというのも実はそんなに悪い方法ではありません。ただ、複数のプランや特徴的なサービスなどもあるので、実際に契約する際にチェックしたいポイントについて詳しく解説します。

格安SIMで一番重要なのはやはり料金!
月3GBのデータ通信が利用可能で月1600~2000円

 ASCII.jpでは毎週日曜に1週間の格安SIM、格安スマホの話題をまとめてお届けする連載を掲載しており、その中では代表的な格安SIMの料金やサービス内容を一覧表も載っています。その表を見ながら、チェックしたいポイントを紹介していきましょう。

ASCII.jpの連載でいつも掲載している格安SIMの比較表です

 まずは利用しているネットワーク。第1回でも解説したように、大半の格安SIMはドコモから回線を借り受けて、サービスを提供しています。一部にはau網やソフトバンク網を利用したものもありますが、あまり詳しくないという人の場合は無難にドコモ網を採用したものを選択すれば大丈夫でしょう。

 それよりも重要なのはなによりも料金。どこまで安さを追求するかは人それぞれにしても、格安SIMに乗り換える以上は一番気になるポイントのはず。そして、その料金は主に通信量によって決まります。

 たとえば月3GBのデータ通信が利用できる格安SIM(音声機能付き)であれば、月1600~2000円が標準的な料金です。ドコモやauのような主要キャリアでは、データ定額の部分だけでも、これよりも高いプランが一般的なので、いかに格安SIMが安価なのか理解いただけるでしょう。

イオンモバイルのプラン別の料金一覧。ここまで細かくプランが設定されているサービスは少ないが、いずれにしても利用できる通信量で料金は決まってくる

 そして、ここから通信量が多い/少ないで、料金が上下する形になります。プラン変更は1ヵ月単位で変更できるサービスが大半ですが、月の途中で通信量を追加すると割高になるので、あらかじめ自分が使う通信量を把握してプランを選択するのが、うまく料金を節約するうえでの基本となります。

月3GBの通信量で足りるかどうかは動画が決め手!?
たとえ使い切ってもSNSやメールは大丈夫!

 さて、問題は選んだプランの通信量で足りるかという部分です。これについては「使い方次第」と言うほかありません。たとえばキャリアのサポートサイトに行けば、実際に利用した通信量を確認できるので、これを参考にするといいでしょう。

My docomoなど、キャリアのサポートサイトにログインすると、どのくらいデータ通信を使っているかを確認できます。格安SIMのプラン選びの際はこれを参考にするといいでしょう

 そのうえで1つのカギとなるのが、モバイル回線で動画視聴をするかどうかです。自宅のWi-Fiに繋いでいるときだけ、スマホで動画を見たり、アプリをダウンロードするという人なら、月3GBで十分な可能性が高いでしょうし、逆にモバイル回線で毎日長時間の動画を見るというなら、きっと足らないはずです。

 ちなみに通信量を使い切ったとしても、格安SIMの大半は200~300kbpsといったサービスごとに設定された通信速度でデータ通信は可能です。主要キャリアで通信量を使い切ると、128kbpsとさら遅いうえにデータの流れ方もスムーズでないことがありますが、格安SIMの200~300kbpsはそれよりはずっと快適なことが多いです。具体的には動画やウェブの表示は厳しいですが、SNSやメールのチェックには十分に使えます。

格安SIMでも通信量を確認できるアプリやサイトなどが用意されているほか、ここで高速/低速のオン/オフを切り替えられるサービスも多数派です。また、格安SIMの場合、翌月まで通信量を持ち越せるうえに、持ち越し分から先に消費するのも一般的で、これもキャリアにはないメリットです

 さらに格安SIMの多くは、ユーザーがあえて通信速度に制限をかけることで、高速で利用できるぶんの通信量を節約できる機能を持っています。動画を見るときは高速で、SNSやメールをチェックする際は低速と、通信速度を切り替えることで、通信量を最大限活用できるというわけです。

1日単位で通信量が設定されているプランや
通信量は無制限という格安SIMも

 このほかにも、「OCN モバイル ONE」のように高速で利用できる通信量が1日単位で設定されている格安SIMもあります。このタイプは、ある日はデータを使いすぎても翌日になると確実に高速に戻るので、細かく節約するのは面倒だという人に向いています。

1日単位で高速通信量が設定されているプランはOCN モバイル ONEの特徴

 また、「ぷららモバイルLTE」や「U-MOBILE PREMIUM」のように「使い放題」を売りにしたプランを用意しているサービスもあります(月額料金は約3000円)。前者は使い放題の代わりに通信速度は3Mbps、後者はそのような速度制限はありませんが、「短期間での大容量データの送受信」に通信速度を制限する場合があると注意書きにあります。

使い放題を売りにしているサービスもあります

通話定額が必要な人はオプションで追加しよう
格安SIMを選ばずに利用できる通話定額サービスも登場

 格安SIMは主要キャリアと異なり、基本プラン/データ定額などと料金が分かれておらず、ワンセットで月●●円というプランが一般的です。また、通話料は従量制で30秒あたり税抜20円でほぼ共通になっています。

 しかし、主要キャリアに対抗すべく、格安SIM側も国内通話定額をオプションで提供するサービスが増えています。標準的なのは月800~1000円のプラスで、1回あたり5分の通話がかけ放題といった内容。あくまで必要な人だけ、オプションで追加すればいいという点には好感が持てます。

OCN モバイル ONEの通話定額オプションは他社と同じ料金水準で1回10分までがかけ放題となる。また、FREETELのサービスは格安SIMやネットワークに関係なく利用可能だ

 一方で、Y!mobileやUQ mobileはキャリアと同じく基本プランに含まれていますし、OCNのようにオプション料金は同水準で「1回10分までかけ放題」だったり、IIJmioは家族間は長いといった特長を持つサービスもあります。また、FREETELは格安SIMの種類を選ばずに利用できる国内通話定額サービスを提供しています。

 なお、多くの格安SIMの通話定額は「プリフィックス型」と呼ばれ、発信時に特定の番号を追加する作業を必要とします(相手への番号通知などは通常と変わりません)。ただし、番号を自動で追加するアプリが提供されているので、特にユーザー側が面倒なことはありません。また、このタイプは定額分を超過した場合でも、30秒あたり税抜10円と安くなっているものが一般的です。

電話をかける際に番号の追加が必要と言っても、専用アプリを利用すると自動的に付加させるので、ユーザーはあまり意識する必要がない

通話機能が必要ないならデータ通信専用SIMという選択も
ただし、LINEなどでの認証にはSMS機能が必要

 ここまで紹介してきた格安SIMは070/080/090番号での通話ができる(電話がかけられる)、いわゆる音声SIMを前提にしてきましたが、格安SIMにはデータ通信専用のいわゆるデータSIMも存在します。データSIMと音声SIMの料金差は大体月600~800円くらいです。

2万円台前半で購入できるLTE対応のSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T2 8 Pro」。データ通信専用SIMとの組み合わせにも適している

 データSIMでも、通話を利用しないタブレットなどに挿すのであればそもそも通話機能は必要ありませんし、LINEやSkypeでの通話機能ならば利用できます。たとえば、2台目用としてはもちろん、通話は家族との間だけでできればいい子供用にも便利でしょう。ただし、LINEや一部スマホゲームのように利用者の認証をSMSで行なうアプリで利用する場合は、SMSオプション(月150~200円程度)をあらかじめ追加しておく必要があります。

初期費用が3000~4000円程度必要だが
うまく節約できることが多いので要チェック

 1ページ目に掲載した格安SIMの比較表には初期費用として、3000円台の料金が各社記載されています。キャリアと契約する場合も事務契約手数料として同様に支払うため、当然のように必要と思いがちです。ただ、格安SIMのなかにはユーザー獲得のためにこの初期費用を割り引く例も多いのでチェックが必要です。

 たとえばAmazon.co.jpなどのECサイトでは、OCNやBIGLOBE、IIJmio、FREETELなど多くのサービスが「エントリーパッケージ」「ウェルカムパック」などと称する商品を数百円で販売しています。これらは実際にはエントリーコードのみが含まれており、ウェブ上で申し込みを行なったのちにSIMが発送されます。この際、パッケージを購入していると初期費用が不要になる。つまり実質的に3000円ほどの割引が行なわれるというわけです。

Amazonでは各サービスの加入用パッケージが販売されているが、これらを購入すると初期費用が抑えられる

 それ以外でも、各サービスではウェブ上で初期費用不要のキャンペーンや、SIMフリースマホのセット購入で端末代を割引などのサービスをしています。せっかく格安SIMで料金を抑えるのですから、これらの割引もうまく活用したいところです。

2年契約のような長期の縛りは少ないが
短期の解約には解除料が必要なケースも

 2年契約がほぼ前提になっているキャリアのプランと異なり、いわゆる“縛り”が緩めなのも格安SIMの魅力です。ただし、MNPで転々と移動していくのを防ぐために、半年または1年以下で解約する場合に解除料を設定しているサービスが多くなっています。また解約には制限がないものの、一定期間以内でのMNPでの転出には転出手数料を高めに設定しているものもあります。そのため、契約した格安SIMのサービスが満足できない場合でも、すぐに他サービスに移行できるわけではない点には注意が必要です。

最低利用期間と解除料、MNP転出手数料の例。一定期間利用しないと解除料が必要だったり、解除料は必要ないがMNPでの転出には手数料が多めに掛かるなどパターンはいろいろだ

 なお、データSIMの場合は“縛り”はないか、期間が短いサービスが大半です。また契約時に端末を割引購入した場合は、通常とは異なる契約内容になっているケースもあるので確認が必要です。

特徴的なサービスを用意する格安SIMもあり!
SNSがノーカンのLINE、YouTube見放題のBIGLOBE

 競争が激しく、まず料金に注目が集まりやすい格安SIMだからこそ、特徴的なサービスで差別化を図る動きもでてきています。

 たとえばLINEモバイルの「LINEフリープラン」は、データSIMは税抜月500円(音声SIMは税抜月1200円)という低料金で、通信量は月1GBながら、LINE上の通話、トーク、タイムライン、画像や動画の送受信は通信量にカウントされずに使えます。スマホの利用はほぼLINEのみという人に適した存在です。

LINEモバイルやFREETELはSNSの利用時は通信量がカウントされないというサービスを売りにしている

 同じLINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」(月3GBの音声SIMで税抜月1690円)ではLINEに加えて、Twitter、Facebook、Instagramの主要機能も同様に通信量はカウントされません。SNSが使い放題という意味では、FREETELも同種のサービスを展開しています。

 動画を一杯見たいという人には、BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」に注目です。これはBIGLOBE SIMの月6GB以上のプランに追加できるオプション(音声SIMの場合、オプション料金は税抜月480円)で、YouTube、AbemaTV、Google Play Music、Apple Music(音楽のみ)、Spotifyの各サービスがやはり通信量にカウントされないというものです。さらに、対応サービスは今後も追加予定とのことです。

BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」はYouTubeでの動画視聴などがカウントされなくなる

 今回の記事やASCII.jpの連載を参考に、自分に適した格安SIMをぜひ見つけて、料金を節約しつつ、スマホライフを楽しんでください。

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク