4つのこだわりから選ぶ! 失敗しない春スマホの選び方

文●ASCII.jp編集部

2017年03月15日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 春と言えば始まりの季節。このタイミングに合わせて新生活をスタートさせる方も多いことでしょう。本記事では新生活の仕事もプライベートも充実させるのにぴったりなオススメの「春スマホ」をご紹介!

 今回は数あるスマホの中から、「写真」「音楽」「価格」「通信」の4つの分野でそれぞれオススメなものをピックアップ。自分が最も重視したいポイントはどれか、ぜひ参考にしながらチェックしてみてください!

写真画質にこだわる!「HUAWEI Mate 9」

 花見、入学式、歓迎会など春には多くのイベントがあります。それらのイベントの思い出を最高レベルの画質で残しておきたい方にオススメなのが「HUAWEI Mate 9」。

 本機には、ライカと共同開発した第2世代の「ダブルレンズカメラ」が背面カメラとして搭載されています。このカメラでは、1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーを組み合わせ、まるでレンズ交換式カメラのような美しいボケ味の写真を撮影可能。撮影後に異なるポイントにピント合わせしたり、ボケ味を調整できるのが、iPhone 7 Plusのデュアルカメラにない特長です。

Mate 9の背面にはダブルレンズのカメラと、指紋センサーを搭載

 暗所での撮影に強いのもMate 9のセールスポイント。「デュアルカメラ・ピクセルビニング技術」により、画像の明るさを2倍に増強しつつ、光学式手ぶれ補正機能も利用できるので、パーティー会場や夜桜の撮影に大活躍します。

2つのセンサーを使うダブルレンズカメラ

 もちろんフロントカメラも800万画素と高画質。強力かつ自然な仕上がりに定評のあるビューティーモードで撮影したセルフィーはSNSへの投稿に最適です。

 ただし、自分の顔を認識して自分だけに美肌効果を適用するパーフェクトセルフィーは友人に恨まれかねないので美肌効果は抑えめにしましょう。

 フルオートで美しい写真が手軽に撮れて、ピント位置やボケ味を調整してクリエイティブな写真撮影も楽しめる「HUAWEI Mate 9」はカメラ専用機いらずのスマホです!

「HUAWEI Mate 9」の主なスペック
ディスプレー 5.9型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約78.9×156.9×7.9mm
重量 約190g
CPU Kirin 960
2.4GHz+1.8GHz
(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 7.0
対応バンド FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE:B38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
カメラ画素数 リア:1200万画素+モノクロ2000万画素/
イン:800万画素
バッテリー容量 4000mAh
SIM形状 nanoSIM×2
カラバリ シャンパンゴールド、ムーンライトシルバー、ブラック

音楽クオリティーにこだわりたい!「isai Beat LGV34」

 新生活が始まった大切な時期。通勤、通学時にはお気に入りの音楽を聴いて、気持ちをアゲて臨みたいもの。手持ちの音楽をできるだけ高音質で楽しみたいという方にピッタリなのが「isai Beat LGV34」です。

 本モデルは高音質化のためにESS Technology製「ES9218 SABRE HiFiシステム・オン・チップ」を搭載。このSoCには、4つのDACで構成される「32bit Hi-Fi Quad DAC」に加え「2VRMSヘッドフォンアンプ」と「アナログボリュームコントロール」が統合されており、シングル構成のDACに比べて変換時に発生するノイズを最大50%まで削減しています。

 つまり、専用機並みの高音質化チップにより、スマホのクオリティーを超えたサウンドが楽しめるわけです。

最大の特徴であるクアッドDACはノイズを最大50%低減できる

 もちろん音楽データの再生フォーマットは「MP3」だけでなく、「FLAC」「ALAC」「WAV」「AIFF」「DSD」などといったハイレゾ音源に対応もサポート。micro SDカードスロットは最大256GBに対応しているので、大容量のmicro SDカードを用意すれば大容量のハイレゾ音源もたくさん持ち出せます。

 そして、最後の注目ポイントは音声コーデック「aptX HD」への対応。aptX HDはハイレゾ音源に対応する24bit Bluetoothの音声コーデック。同じくaptX HDに対応したBluetoothヘッドホンやイヤホンと組み合わせれば、ハイレゾ音源をワイヤレスで存分に楽しめます。

たとえば、スマホと同じLG製の「TONE PLATINUM HBS-1100」などはaptX HDに対応する

 製品名の「Beat」というワードが示すとおり音楽特化型の「isai Beat LGV34」は、通勤、通学時のお供に最適な一台です!

au「isai Beat LGV34」の主なスペック
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約72×149×8mm
重量 約146g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz
(クアッドコア)
メモリー 4GB
ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 7.0
カメラ画素数 リア:1200万画素+モノクロ2000万画素/
イン:800万画素
バッテリー容量 3000mAh
SIM形状 nanoSIM
カラバリ チタン、ゴールド

できるだけ費用を抑えたい!「Tommy」

 新生活にはなにかと出費がつきもの。スマホは必要不可欠だけどできるだけ費用を抑えたいという方にオススメなのがエントリー向けフランス生まれのメーカーWikoのSIMフリースマホ「Tommy」です。

 本端末はCPUがSnapdragon 210(1.3GHz、クアッドコア)、メモリーが2GB、ストレージが16GBと抑えめのスペックながら、1万4800円という低価格設定が魅力です。

 低価格端末というと安っぽい端末を連想しがちですが、5型ディスプレーにはIPS液晶が採用されており、ネットワークは4G LTEに対応。また、カラフルなバックカバーや、電源ボタンやボリュームボタンをメタリック仕様にするなど要所を押さえたデザインによりチープさを感じさせません。

現在展開されている3色(ブリーン/フラッシュレッド/トゥルーブラック)。今後、さらに3色追加される予定
シボ風の処理のフラッシュレッド
シボ風の処理のトゥルーブラック

 ストレージが16GBというのが少々心許ないですが、最大64GBまでのmicro SDカードを装着可能で、ある程度速度の出るカードであれば、その領域もアプリなどを記録できるストレージ領域として利用可能です。実際の利用で困ることはないでしょう。

 800万画素の背面カメラ、500万画素の正面カメラには「Facebeauty」「HDR」「スマイルショット」「タッチショット」「ディスプレイフラッシュ」など流行りの機能が実装されています。正直画質はそれなりですが、画像の編集機能を活用すればレトロ感を演出できます。

SNSなどに活用できるカメラ

 安価なTommyと格安SIMカードを組み合わせれば、新生活を堅実にスタートできることは間違いありません!

Wiko「Tommy」の主なスペック
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約71.5×145.9×8.9mm
重量 約145g
CPU Snapdragon 210
1.3GHz(クアッドコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大64GB)
OS Android 6.0
対応バンド LTE:1/3/8/18/19
W-CDMA:1/19
4バンドGSM
カメラ画素数 リア:800万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 2500mAh
SIM形状 microSIM×2
カラバリ ブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラック(クールグレイ、サンイエロー、ホットピンクは今後予定)

3月から始まった500Mbpsの高速LTEに対応「Xperia XZ SO-01J」

 春は始まりの季節。ドコモもさらなる高速通信を実現するため、3月9日より「PREMIUM 4G」のサービスエリアにおいて新しいキャリアアグリゲーションの組み合わせを提供開始しています。ここでは新たなPREMIUM 4Gに対応したフラグシップスマホ「Xperia XZ SO-01J」をご紹介しましょう。

 Xperia XZ SO-01Jは、「V20 PRO L-01J」とともに新しいキャリアアグリゲーションの組み合わせをサポートした最新モデルです。

 下り最大150Mbpsの2GHz帯、下り最大200Mbpsの1.7GHz帯、下り最大150Mbpsの800MHz帯の周波数帯を同時利用することで、受信最大500Mbpsの高速通信を実現しています。

Xperia XZ SO-01JとV20 PRO L-01Jは256QAMによる高速通信に対応

 ドコモが公表している受信実効速度は97〜162Mbps。当然、利用場所・時間・通信環境により通信速度は大きく変動しますが、最適な条件さえ整えば150Mbpsオーバーの高速回線を享受できるわけです。

 新しいキャリアアグリゲーションの組み合わせが追加されることは、通信速度の高速化だけでなく、通信の効率化にもつながります。キャリアアグリゲーションの組み合わせが増えれば、それに応じて利用者が分散するので、それぞれの組み合わせの実効通信速度の底上げが期待できるわけです。

当初予定されている展開地域。混雑が予想される125都市部から展開される
センサーなどのハードウェアだけではなく、マニュアルモードも強化された

 もちろんフラグシップスマホであるXperia XZ SO-01Jには、2300万画素の背面カメラ、2年使っても劣化しにくい長寿命バッテリーなど注目ポイントはほかにもあります。予算さえ許せば、ぜひゲットしたい一台です。

ドコモ「Xperia XZ SO-01J」の主なスペック
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約72×146×8.1mm
重量 約161g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz
(クアッドコア)
メモリー 3GB
ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 6.0(7.0アップデート提供中)
カメラ画素数 リア:2300万画素+モノクロ2000万画素/
イン:1320万画素
バッテリー容量 2900mAh
SIM形状 nanoSIM
カラバリ フォレストブルー、プラチナム、ミネラルブラック、ディープピンク

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク